このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

XFCNs for REALbasic

発言者:田中求之
( Date Saturday, July 11, 1998 18:19:42 )


Macintosh Developer Journal のサンプルなどで使った XFCN を RB 用に
まとめておきました( XFCN ごとに別ファイルにしてありますので、Drag & Drop
で登録できます)。


→  XFCN_for_RB.hqx

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, July 11, 1998 18:20:35 )

あ、書き忘れましたが、以下の XFCN が入っています。

--------

MtDecodeURL
  文字列を URL デコードします

  MtDecodeURL("%93c%92%86%8B%81%94V") --> "田中求之"

MtDetectCodeType
  文字列の漢字コードを判定します。SJIS, JIS, EUC のいずれかの
  文字列を返します(判定できなかった時には SJIS )

MtEncode
  文字列を URL エンコードします

MtEucToSjis
MtJisToSjis
MtSjisToEuc
MtSjisToJis
  漢字コードの変換を行います

MtGetLines
  テキストファイルの中から、文字列を含む行をすべて抜き出します。

  MtGetLines("MacHD:myFldr:myFile","REALbasic")

  を実行すると、myFile の中から REALbasic という文字を含む行をすべて
  抜き出します。

  半角アルファベットの大文字小文字を区別して検索したい場合には

  MtGetLines("MacHD:myFldr:myFile","REALbasic","true")

  というように、3つめに "true" という文字列をパラメータとして
  与えてください。

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, July 12, 1998 23:08:31 )

MtEncode (URL エンコード)にバグがあって、RB ではちゃんと動きませんでした。
すみません。明日にでもパッケージを取り換えますが、すでにダウンロードした方は、
以下の新しいもの(名前も MtEncodeURL に変更しました)と取り換えてください。

… XFCN 作ったの何ヶ月ぶりだろう (^_^;;


→  MtEncodeURL.hqx

野本夏俊 さんからのコメント
( Thursday, January 28, 1999 22:40:08 )

新しくスレッドを起こすのも何となく気が引けるのでここに書きます。

「EightyLister」が吐き出したレコードをスプレッドシートで開くのに
都合がいいように書き出すツール「EL_Helper」を作って見ました。
「EightyLister」は、何度か話が出ましたが、アップルイベントを
記述するときにIDやクラスを調べるのに便利です。

野本夏俊 さんからのコメント
( Thursday, January 28, 1999 22:41:54 )

URLを書くのを忘れていました。

→  こちらで落としてください