このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

autoshareを使うと"header line too long"と返ってくるんです

発言者:きしもと
( Date Monday, July 06, 1998 16:23:17 )


Scriptingに直接関係なくて申し訳ありません。
いろいろ探したのですが、答えが見つからなくて困っています。
どなたかご助言ください。

メーリングリスト用にAutoshare2.3を使っているのですが、
特定のメールサーバにいつも以下のようなエラーメッセージを返されています。

The following message could not be sent to '***@***.***.***.ac.jp' at host '***.***.***.ac.jp' because the message content was rejected.
553 header line too long

又は

The following message could not be sent to '***@***.***.***.ac.jp' at host '***@***.***.***.ac.jp' because the message content was rejected.
550 system-ML... User unknown: Bad file number(system-MLというのはbounce accountに設定したものです。)

それ以外のメールサーバサーバに対してはちゃんと送れています。
またこのエラーメッセージを返すサーバは、Autoshareを使わないときは受け付けてくれます。
Autoshareを通したときに付加される情報が原因というのはわかるのですが・・・
何か対処方法はないでしょうか?

稲垣 さんからのコメント
( Monday, July 06, 1998 17:22:07 )

 付加されるヘッダ情報がMLで必要でないのであれば、確かML毎にヘッダを
付加するかしないかの設定ができるはずです。

 ただ、AutoShare Adminだけで設定出来るか分かりませんので、もしかす
るとResEditでAutoShareの初期設定ファイルを編集する必要があります。

 詳しくは付属のドキュメントにありますので、その辺をじっくり読んでか
ら試して下さい。


稲垣 さんからのコメント
( Monday, July 06, 1998 17:27:30 )

 付け足しです。

 どうも下のエラーはスパム対策ではじかれているのではと思います
が・・。受付を拒否されている様ですね。

 自分のドメインが宛先か差出人に含まれている時だけ通す場合だと、
発言者が自分のドメイン以外の人でAutoShareが送信すると、見掛け上
From,Toのどちらにも自分のドメインが入らないですね。

#でもそれではじかれるなら、MLを受け取るのは結構難しくなります
#が・・。

 等と、思いましたが。この見解が正解かどうかは分かりませんが・・。


きしもと さんからのコメント
( Friday, July 10, 1998 15:21:50 )

コメントありがとうございます。
User unknown
についてはどうもErrors-toに書かれるアカウントに問題があるようです。
bounce accountに@以降しか設定しない場合はうまく送れました。
でもこれだと困るんですよね。応急処置としてはいいですが。
header line too long
についてはドキュメントを読み返してみましたが、
やっぱりX-fiels(というのでしょうか?)の省略以外は出来ないようです。
もうちょっと悩んでみます。