このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

DNSなしでMacjordomoを動かすには

発言者:小笠原
( Date Tuesday, June 16, 1998 14:56:37 )


初心者なのであほらしい質問かもしれませんが.。
DNSをたてずに(手入力で)EIMS1.1.2をたちあげました。
ここまでは順調でしたが。
ついでにMacjordomo 1b10でリストサーバをあげようとしましたが、
subscribeもhelpもうまくいきません。
errror logによるとDNSがみつからない、とあります。
なんとかすることはできないでしょうか。

稲垣 さんからのコメント
( Tuesday, June 16, 1998 15:35:12 )

 Macjordomoは、メイルクライアントの一種の様にメイルを取りにいって、
メイルが実際にあったら、それをリストとして処理をします。
 ですので、メイルを確認する所でDNSを見にいっているはずです。

 で、EIMSの手入力は、どのようにしてやったのでしょうか?単純にデフォ
ルトの欄に入力しただけなのでしょうか?それとも、Hotsファイルを作成し
て、対処したのでしょうか?

 で、Macjordomoでの対処ですが、登録やリストのメイルアドレスを直接
IPを入力すれば、いけるはずです。
 ドメインで引きたい場合は、Hostsファイルで対処出来ます。


 でも、DNSを立てずにドメイン形式でサーバを立ち上げても、他から参照
出来ないので、自分以外はメイルをだせない様な気がしますが・・。

#自分もだせない様な・・。

 蛇足ですが、EIMSはバージョンアップして、1.2が最新版です。ベータなら
1.2.1b2?があるはずです。
 また、Macjordomoも、1.1a48に迄なっています。特にMacjordomoはバグが
あるので、できるだけ新しいバージョンを利用した方がいいですよ。


田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, June 16, 1998 18:09:31 )

稲垣さんのコメントにもありますが、

>DNSをたてずに(手入力で)EIMS1.1.2をたちあげました。

これは、DNS サーバーが動いていない状態で EIMS を立ち上げ、デフォルトの
サーバー名に、何らかのドメインを自分で割り当てて、運用しているということ
でしょうか?

いずれにせよ、DNS を動かしていないということは、実験用の LAN のような
閉じた環境での運用だと思いますので、確実なのは Hosts ファイルを作って
使うことではないかと思います。

小笠原 さんからのコメント
( Wednesday, June 17, 1998 12:59:10 )

コメントありがとうございます。
説明が不足していたみたいで、申し訳ありません。
EIMSはHostsを書いて、配布して、という原始的な手順で動作は順調です。
Debugには”no name”と表示されますが、ready to goで問題ありません。
メールの配送も順調です。
しかし・・・MLは作働しません。subscribeの自動登録はできているようなの
ですが、投稿はできません。
参考にしたのは、石田一幸さんの”簡単イントラネット”と、小宮佳将さんの
”イントラネットサーバの導入と運用”なのですが。