このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

EIMS1.2あった<any-name>はEIMS2.1bではどこへ?

発言者:mm@cdf
( Date Saturday, April 25, 1998 08:32:25 )


EIMS1.2から2.1bへアップしたのですが、
その際、EIMS1.2から設定されていた<any-name>
はそのまま、2.1bでも表示されるのですが、
2.1bで新規にでは<any-name>を書き込めません。
2.1bでは1.2であった<any-name>機能は、
どのように書き込めば使用できるのでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, April 25, 1998 18:48:55 )

EIMS 2.0 以降は、アカウントがないメールに関しては、ドメインの設定の
Unknown Addresses で設定するようになっています。つまり、設定方法が
変わっています。

ドメインを開いたときに出てくるパネルの左上の三角をクリックすると
設定する領域が見えるようになるはずです。

mm@cdf さんからのコメント
( Saturday, April 25, 1998 19:26:04 )

ありがとうございます。
こんなに大きく記載があったんえすね。
お恥ずかしいです。。。^^;

たまちゃん さんからのコメント
( Monday, April 27, 1998 16:24:56 )

AutoShare 2.3でEIMS 1.xのときにあった<any-name>アカウントの処理を
EIMS 2.Xで行えるようにするようです。

現在、2.3b5が出ています。

→  Welcome to AutoShare