このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

DNSのMXの記述について

発言者:やまかわ
( Date Thursday, April 09, 1998 11:54:10 )


メールサーバーを複数は知らせる場合のQuickDNS1.1.2JのMXの記述の仕方は

***.co.jp      MX     10      mail.***.co.jp
***.co.jp      MX      20      post.***.co.jp
***.co.jp      MX      30      letter.***.co.jp

で良いのでしょうか。 また、mail.***.co.jp がこけた場合、mail.***.co.jp
宛のメールは  post.***.co.jpが代行するわけですが post.***.co.jpは、アカウントと
が 登録されていなくても 処理をするのでしょうか。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, April 09, 1998 14:35:35 )

アカウントは必要ありませんが、メールの中継を行ってくれるのが条件になります。
サーバーの管理者の方と相談してください。

やまかわ さんからのコメント
( Thursday, April 09, 1998 16:22:01 )

メールの中継・・・とは、具体的にはどのような設定になるのでしょうか。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, April 09, 1998 17:13:38 )

SMTP サーバーは、普通はメールの中継を行うようになっていますが、最近では
SPAM メール対策のために、特定のドメイン(ホスト)との間でしか中継を行わ
ないようになっているものが増えてきているはずです。

この点に関して、メールサーバーの管理者の方に問い合わせてください。

Mac のメールサーバーで EIMS 1.2 を使っているのなら、中継はすべて OK
ですので(良くも悪くも)、気にする必要はありません。

EIMS 2.0 あるいは SIMS の場合は、中継(relay)の制限をかける機能が
ありますので、これをどのように設定してあるのかを確認する必要があります。

やまかわ さんからのコメント
( Thursday, April 09, 1998 17:31:37 )

EIMS 1.2 を使っているので 何も設定はしなくて良いのですか・・・。
ありがとうございました。

やまかわ さんからのコメント
( Saturday, April 11, 1998 21:29:16 )

***.co.jp      MX     10      mail.***.co.jp
***.co.jp      MX      20      post.***.co.jp
***.co.jp      MX      30      letter.***.co.jp

の設定で post.***.co.jpのEIMSをダウンさせた状態で post.***.co.jp宛に
テストメールを送信すると mail.***.co.jpが替わりに受信しているようなのですが
post.***.co.jp アカウントではメールを見に行くことが出来ません。
どのようにメールサーバーの予備を構築したらよいのでしょうか。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, April 11, 1998 22:25:55 )

>post.***.co.jp アカウントではメールを見に行くことが出来ません。

これは当然です。MX はメールのバックアップ体制の指定ではありません。
xxx@+++.co.jp というメールを、どのマシンに対して、どの優先度で
配送したら良いのかを示すものです。

やまかわさんのおっしゃるような、mail.. あてのメールを、予備で中継に入った
post.. の時点で自由に読めることになると、プライバシーなどどこにも無くなり
ますよね?

メールサーバーの予備ということで、複数のサーバーからメールが読めるような
redundant な状況の構築のことを考えていらっしゃるのなら、少なくとも EIMS
では無理です。

やまかわ さんからのコメント
( Saturday, April 11, 1998 22:46:33 )

MX を勘違いしていたようです。 ありがとうございました。