このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

QPQ 2.1不調!

発言者:重松修
( Date Friday, March 27, 1998 16:08:17 )


QuidProQuo 2.1(フリーウェアのほう)の68K版を使っているのですが、
特にフリーズするわけでもなく、しかし、接続を受け付けなくなってしま
います。

無論、起動し直すとまたきちんと動くのですが、感覚的には8時間位しか、
連続運転に耐えられません。大丈夫なときはもっと大丈夫なのですが、
ダメなときは4時間くらいでそうなります。

設定やプラグインなどはすべて標準でインストールした状態のままで、
SSIを利用したページが一部あります。Plug-inはインストールしてありま
すが、どれも使っていません。

CGIは拙作のものが3〜4つくらい動いていますが、これらはすべてQPQ 1.1の
時から使っているもので、その時は上記のような症状は一切ありませんで
した。

どなたか、同様の症状になり、解決された方はいらっしゃいませんで
しょうか。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, March 27, 1998 18:06:33 )

以前、セカンドサーバ(LC575)の方を QPQ 2.1 でずっと運用していましたが、
おっしゃるような問題はおきませんでしたよ。

ただし、Plugin はすべて抜いて走らせていました。CGI も、管理用のごく
簡単なものだけで、基本的には画像のデータをせっせと送りだすという使い
かたでしたが。

なお、Plugin は入れておくだけでメモリーを食いますので、使わないものは
全部抜くというのが、サーバー運用の鉄則です。たぶん、これが関係している
のではないと思いますが。

以前から言われている CGI 処理時のメモリーリークかな?

石津@RJC さんからのコメント
( Friday, March 27, 1998 19:12:04 )

QPQ2.1は確かに重い処理が重なった際などにconnection refuseを返すこと
がありますね。うちでも一週間に一回ぐらい起こります。
そういう時は仕方ないのでやはりリスタートしてます。

以前頻繁だった時もあったのですが、cgiの数を減らしたら発生回数も激減
しました。メモリリークというよりは忙しすぎて仕事をさぼっている感じ
ですね。(^-^;

対処はリスタートでやってます。

須藤智洋 さんからのコメント
( Saturday, March 28, 1998 00:04:27 )

うちのサーバも先月2.1に入れ替えてみたら、1日程度しかもたない状況
でした。あとからログを見てみるとcgiの処理の時が多かったように思い
ます。

結局1.0.2に戻して解決しました(^^;;;;

いまは更に、KeepItUpというソフトを使って毎朝自動で再起動する対策を
とってます。あまり解決になってませんね...

重松修 さんからのコメント
( Saturday, March 28, 1998 00:51:06 )

いろいろありがとうございます。
とりあえず、plug-inを全部外して様子を見てみます。

1.xの時は、キャッシュを切るとずいぶん安定したように思いますが、
今回はキャッシュとは無関係そうですね。