このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

.binまたは.hqxへの変換をAppleScriptで自動化したいのですが...

発言者:島田@三重
( Date Tuesday, March 24, 1998 22:08:25 )


StuffIt Deluxeを使用して、.sitファイルに圧縮後、.binまたは
.Hqxへの変換をAppleScriptで自動化したいのですが、StuffItの
スクリプト記録機能では、変換の部分を記録してくれません。
スクリプトの用語説明を読んだところ、translate alias・・・ using・・
を使う様な気がするのですが、試したのですがうまく行きません。
AppleScript記述に不慣れで困っています。どなたかご存知でしたら教えて下さい。宜しくお願い致します。


田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, March 24, 1998 22:34:28 )

Binhex への変換は以下のスクリプトで可能です。

tell application "StuffIt Deluxeェ"
  translate file "MacHD:Files:myFile.sit" into file "MacHD:Files:myFile.sit.hqx" using "Binhex4" with encoding
end tell

これで、myFile.sit が Binhex に変換されて、myFile.sit.hqx というファイルが
出来上がります。

SHUICHI.T さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 01:00:11 )

私も以前試してみたことがありましたがうまくいきませんでした。
(スクリプトは上のものと同じ,バージョン:4.0J)

→  SHUICHI.TによるAppleScript理論 (自分のページ)

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 01:19:00 )

何の問題もなく動きますけど?

もし AppleScript で動かないのなら、 StuffIt の Script を do menu
でコントロールすれば確実です。 

tell application "StuffIt Deluxeェ"
  do script "encode binhex \"" & myF & "\" to \"" & myhqxPath & "\""
end tell

で、myF のファイルが myhqxpath に binhex エンコードされて保存されます。

ナトテ豬睇キ さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 01:24:50 )

あと、Binhex にするだけでよいのでしたら、Hqxer のような Binhex 変換ツール
を呼び出す(といっても設定しておいてオープンさせるだけですが)という方法も
ありますね。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 01:25:47 )

あれ、名前が化けたな??

SHUICHI.T さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 01:49:09 )

さっきもう一度試してみましたがやはりだめでした。
(BinHex 形式ファイルが出来ない。しかもエラーも表示されない)

>StuffIt の Script
それは旧バージョンの StuffIt Deluxe 独自のスクリプティング言語のことですか?
このバージョン(4.0)から廃止されました となっていますが...
(そのためマニュアルにスクリプトの説明が全くない)

さらにそのスクリプトで試してみましたがそれもだめでした。
(最初と同様の結果になる)

SHUICHI.T さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 01:55:20 )

ちなみに現在では Fetch で BinHex エンコード & プットしています。
(Upload の設定を一時的に BinHex にする)

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 02:17:39 )

あ、StuffIt Script って 4.0 で廃止になっていたんですね(けっこう高速だった
のにな)。もっぱら AS で使っていたので気がつきませんでした。

translate コマンドのスクリプトは、4.5 では問題なく動きます。

(英語版です。日本語版 4.5 は Binhex のエンコードにとんでもない問題があるので、
どっちみち使わない方がいいですよ)

SHUICHI.T さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 04:05:45 )

なるほど、結局4.5でもだめなのですね。
アップグレード見送りの要因がまたひとつ増えることになりました(笑)。
(他にも送料が4桁レベル(←私の場合)になるという問題も...)

さて、肝心の発言者はどうするのでしょうか?

よしもと さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 08:09:36 )

BinHex 4.0へのエンコードに問題があるのは、日本語版の4.0では?
例の一行目が日本語というやつですよね?>田中さん
もし、問題がそれなら、4.5では直っていますよ。

島田@三重 さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 08:18:00 )

質問した本人です。質問だけ投げておいて失礼しました。
大変貴重な情報をたくさんありがとうございました。
私は、StuffIt Deluxe4.5Jを使用しているので、田中さんの
言われる様なBinhexへのエンコードに重大な問題があるという
事なのでしたらやめた方がよいのでしょうか?MacBinaryへの
エンコードでも同様なのでしょうか?とりあえず、皆さんに
頂いた情報を元に色々試してみます。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 13:45:21 )

>もし、問題がそれなら、4.5では直っていますよ。

あ、あれって、4.5 J では直ってますか。そうだったんだ。

でしたら、たぶん、最初のスクリプトでうまくいくと思いますよ>島田さん

島田@三重 さんからのコメント
( Wednesday, March 25, 1998 18:18:43 )

それが...試させて頂いたのですが、SHUICHI.Tさんが始めに
言っていた様な状態でした。なぜ???

>(BinHex 形式ファイルが出来ない。しかもエラーも表示されない)

今はfetchでエンコードしてputするAppleScriptも含めて試行錯誤中です。