このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

AppleScript 3.0

発言者:Tetsuya Kuramochi
( Date Saturday, March 21, 1998 09:43:47 )


とうとう、ついに、PowerPC NativeのAppleScriptが
Allegroで搭載されるようですね(^^

う〜ん、今度こそは本当だろーなーと半信半疑だったりします。




→  DTP Script Lib

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, March 21, 1998 15:02:46 )

Apple が DTP におけるソリューション構築の切り札として AppleScript を
「再認識」したのは確かですので、今後、PowerPC 対応等の改良が進むことは
確かのようです。

ただ、実際にモノが出てくるまでは信じちゃいけない、ってのが Apple ですけどね。

それと、PowerPC 対応にして、それが本当に威力を発揮するには、関連するコード
がすべて PPC のコードに書き換えられていないといけませんので(じゃないと
エミュレーションとの切り替えのオーバーヘッドで、かえって速度が低下する
可能性もある)、いきなりチョー高速になるかどうかは疑問です。たとえば、
osax なんかもすべて PPC のコードで動くものにならないといけないし。

SHUICHI.T さんからのコメント
( Saturday, March 21, 1998 19:53:05 )

(PPC Native 化)
それが本当なら今までは遅くてどうしようもなかったスクリプトも快適に動作してくれるのか...

自分はかなり期待していたりいます(笑)。
(今までは本当に遅かったため)

問題は登場時期?

→  SHUICHI.TによるAppleScript理論 (自分のページ)

Hideaki Iimori さんからのコメント
( Saturday, March 21, 1998 21:31:59 )

 4年前(!)に Frontierが PPC Native化した時の経験でいえば 
AppleEventが絡まない内部処理に関してはうまく Native化すれば数
10倍速になります。
 AppleEventが絡むとかなり内部処理の比重が大きい物でもせいぜい
2〜3割速くなればいい方です。

 AppleEvent絡みの処理は現在の AppleEvent Managerが 68K Codeで
あるということを抜きにしても設計が古く非常に遅いため、アルゴリ
ズムの見直し含めた改良が必要です。
 OSA Scriptは Component Managerにも依存していますが、こちらは
主力商品の QuickTimeも使うため力を入れて改良され、充分に速度が
出ています。

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, March 22, 1998 00:37:15 )

>AppleEvent絡みの処理は現在の AppleEvent Managerが 68K Codeで
>あるということを抜きにしても設計が古く非常に遅いため、アルゴリ
>ズムの見直し含めた改良が必要です。

根本的な問題はこの点ですよね。

というか、個人的には非常に辛いものはありますが (^_^;; 、MacOS を完全に PowerPC
最適化したものにする、というぐらいのつもりでやらないと、ブレークスルーは無理な時期に
来ているのではないか、という気がしています。

Tetsuya Kuramochi さんからのコメント
( Sunday, March 22, 1998 09:13:30 )

AppleScriptのコードをPowerPCに最適化するのも期待してますが、
様々な関数をVisualBasic並に増やしたり、ODBCに対応したり、
Toolboxを直接叩けるようにしてほしいです〜(贅沢か………)