このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

リストはデータとして書き出せる!

発言者:野本夏俊
( Date Thursday, March 19, 1998 23:52:55 )


もしかしたらすごい発見かもしれない発見です!
リストはデータとして書き出しが可能です。
まず,下のスクリプトを書き込んだドロップレットを作ってください。

property TheList : {123456, "NOMOTO", 44444}

set Fref to open for access (new file) with write permission
write TheList to Fref
close access Fref

on open Filelist
  set Fref to open for access item 1 of Filelist
  set MyData to (read Fref as list)
  close access Fref
  repeat with x in MyData
    display dialog x
  end repeat
end open

次に,これをダルブクリックして新規ファイルを作ってください。
そのファイルをドロップすると,なんとまぁ,きちんと3回表示されます。
つまり読み込んだデータは完全なリストとして認識されます。
read ......as listがみそですね。

今まで,リストを保存するためにスクリプトオブジェクトを作っていた方,
もう,その必要はありません。でも,レコードの場合は最終レコードの読み出しに
失敗します。なぜだろう?

野本夏俊 さんからのコメント
( Monday, March 23, 1998 09:46:33 )

もう皆さん知ってらっしゃったようですね
ぼく走らなかったんでやたらと興奮してしまいました。