このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

上流・下流はどう決まるんでしょうか?

発言者:素朴な質問者(初心者です)
( Date Tuesday, March 17, 1998 01:27:14 )


唐突な質問をお許しください。インターネットぷろばいだーで「上流・下流」
ってありますよね。あれはどういう関係で決まるんでしょうか?よく,odn,
iij4uやらにぶら下がってるとこって結構あるんですが。odn,iijの
上流というのもあるんでしょうか?なんか,上流のそのまた上流って辿って
いくと,いつかはそれ以上は0上流はないというところがあると思うんですが
最上流というのはどこなんですか?一方,相互接続という話もこの議論をよく
わからなくしていると思うんですよ。A-B-Cと繋がっていてAB間が100MB
PS,BC間が50MBPSという関係でAがさらに上流と500MBPSとかで
繋がっていることってよくあるケースだと思うですよ。

でも,仮にAが一番偉いとしてもCがまたどこかと,相互接続したりするのが
現実でしょう??そうなると,結局,網の目のような感じになりますよね?そう
なると上流とか下流ってどういう意味なのか混乱してきませんか??結局,どこ
との回線の太さを基準にすればいいんでしょうか?

今,考えてるのは最上流って何??ということです。根元みたいなところですよ
ね??なんか原子力発電所みたいなところが最上流にあるんだろうとイメージし
ているんですが・・・・・・。どうなっているんでしょうか?特に疑問なのは最
上流って,いろんなところに繋げているわけですよね??そうなるとその,パワー
は一体どこから生じているのかという疑問もでてきます。


あと,下流になっても上流と逆転することはないのかという疑問もあります。一端
上流下流の関係が成立してもどこかと太く結ばれれば逆転しそうなイメージもあり
ます,仮にこの上流下流の関係が頻繁に交代しているというのが相互接続のような
気がしています。なんか混乱した疑問でもうしわけありません。何かコメントして
下さい。


重松修 さんからのコメント
( Tuesday, March 17, 1998 02:03:59 )

まず、一言で言えば、上流、下流という考えはそれ自体が誤りです。
よって、当然どうやって決まるかというルールもありません。

ただ、一般的に二次プロバイダといわれるプロバイダに対して、彼らが
料金を支払っている一時プロバイダといわれるプロバイダをさして、
上流と言うこともあります。

あえて定義すれば、料金を払う人が下流、受け取る人が上流。

それに、ツリー状ではなくて、IXなどで複数のネットワークと大手になると
接続しますから、さかのぼっていくことなどできません。

木村 英一 さんからのコメント
( Tuesday, March 17, 1998 12:37:10 )

INTERNETマガジンの後ろに毎号ついてくる
「商用ネットワークサービスプロバイダー接続マップ」を
一度、見ていただければ話が早いと思います。

重松修 さんからのコメント
( Tuesday, March 17, 1998 14:07:48 )

実は友人といったいいつになったらインプレスがプロバイダマップ作成を
諦めるか、という話をしてたんですが、まだ続いているんですね。(^^;;

あれの歴代を並べるとインターネットの接続の変遷が一望でき壮観でしょ
うね。ある意味、感慨ひとしおな部分もありますけど。

POWERBOOK ARMY 飯嶋 さんからのコメント
( Tuesday, March 17, 1998 17:55:36 )

私の運営しているプロバイダも以前はずいぶんまん中にあったのですが,
ずいぶん隅の方に追いやられてしまいました(笑)

いわゆる下流のプロバイダですが,上流・下流というよりは,幹線,支線
という方が正しいかも知れませんね。

素朴な質問者(初心者です) さんからのコメント
( Wednesday, March 18, 1998 23:30:42 )

ということは、上流というのは本当はないということなんですか?

LANのケーブルみたいな理解でいいのかなぁ。太いLANで相互接続
されているグループに新参がでの程度の太さで接続できるのかという感
じなんでしょうか?

よって、すでに構築されているグループの全体の平均的な回線太さが基
準になるんでしょうか?

重松修 さんからのコメント
( Thursday, March 19, 1998 09:17:56 )

>ということは、上流というのは本当はないということなんですか?

そのとおりです。LANのケーブルよりは、道路の方がイメージしやすいと
思いますが、幹線、支線、裏道(?)はあるかもしれませんけど、
上流というのはありません。

幹線まで(大きなプロバイダまで)の経路において、そちらに送るのを
登り、そちらからのデーターを下りと便宜的にいうこともあると思います。