このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

EIMS2.0でバーチャルホスト設定での転送。

発言者:みやむら
( Date Monday, March 09, 1998 20:44:36 )


とても困っていて、どうしようもありません、
誰かお助け下さい。

EIMS2.0を使って、
info@aaa.+++.co.jp を外部のメールアドレスAへ転送。
info@bbb.+++.co.jp を外部のメールアドレスBへ転送。
を考えています、その時のEIMS2.0の設定は。

<New domain>でbbb.+++.co.jpを追加して、
<New User>でinfoと設定し、
<Login Enabled><Account Enabled>に各々チェックをし
最後は<Foward to...>で外部のメールアドレスBを記入。

これだけの設定ではダメなのでしょうか?

ちなみEIMS1.2からEIMS2.0DEMOへの
アップロードで、過去の(EIMS1.2で設定した)データの送受信は
全てうまく行っています。

田中求之 さんからのコメント
( Monday, March 09, 1998 22:53:59 )

bbb.+++.co.jp に対するメールの配送はちゃんと行われていますか? つまり、問題は

1:メールサーバーに bbb.+++.co.jp あてのメールが届かない
  → DNS サーバーの MX の設定がちゃんとなされていない可能性が高い

2:メールサーバーからの Forwording が行われない
  → EIMS の設定の問題である可能性が高い

のどちらなのでしょうか?

たまちゃん さんからのコメント
( Monday, March 09, 1998 23:11:33 )

田中さんと同じコメントになると思いますが、

>>ちなみEIMS1.2からEIMS2.0DEMOへの
>>アップロードで、過去の(EIMS1.2で設定した)データの送受信は
>>全てうまく行っています。

これはaaa.+++.co.jpの部分について問題なく移行できたということですね。


みやむら さんからのコメント
( Tuesday, March 10, 1998 10:23:50 )

田中先生、たまちゃんさん、その他の皆さん、
ご教授ありがとうございます。

<これはaaa.+++.co.jpの部分について問題なく移行できたということですね。
はい、そうです。1.2で設定したaaa部分に関しましては転送など全てうまく行っています。

<DNS サーバーの MX の設定がちゃんとなされていない可能性が高い
DNS設定-----(DNSと同一ホストのため)
+++.co.jp        MX          10          dns.+++.co.jp
aaa.+++.co.jp  cname    dns.+++.co.jp
bbb.+++.co.jp  cname    dns.+++.co.jp
--------------------------------

<EIMSの設定の問題である可能性が高い。
これはaaaについて、eims1.2で設定したそのままを
bbbについては、New Domeinでbbb.+++.co.jp  
を追加し、New Userでinfoを追加、<Forward to...>
で転送先を指定しました。また、その他の
Preferenceボックス等は全く、そのままです。

バーチャルホストをするためにはPreference等で、
別に何か特別に設定する必要があるのでしょうか?

申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
///DEMO版なので使えないということはないですよね?

みやむら さんからのコメント
( Tuesday, March 10, 1998 10:25:12 )

追加、
bbb.+++.co.jpに関しましては、
受信、転送すべてが認識されていないようです。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, March 10, 1998 20:00:25 )

DNS の MX の設定を

aaa.+++.co.jP  MX  10  dns.+++.co.jp
bbb.+++.co.jp  MX  10  dns.+++.co.jp

の設定で試してもらえますか?

それと、メールの送受信をどのような環境でテストしているのかも教えてください。


なお、デモ版の制限については、自分でもう一度確認しておいてください。

みやむら さんからのコメント
( Tuesday, March 10, 1998 21:33:03 )

>メールの送受信をどのような環境でテストしているのかも教えてください。
テスト環境----------------
1、外部レンタルサーバ屋のメールサーバ経由
2、外部接続プロバイダーのメールサーバ経由
3、内部メールサーバ経由。
-------------------------
今までは1によって確かめていましたが、
試しに、当初の設定のまま2、3を試してみましたら、
うまく転送されましたが、
やはり1だけはどのような設定をしても
SMTPまでは届いているのですが、
バーチャルホストを探せないらしいです。

1での送信時の当方のメールサーバのServer Console内容-----
SMTP connection opend
ESMTP connection from レンタルサーバ会社名
SMTP connection closed
---------------------------------
となっています。個人的には
SMTPのEという文字が気になりますが・・・
そして、レンタルサーバ屋のメールサーバからは
『Returned mail: User unknown』というタイトルの
メールが送られてきます。

こういうことってありえるのでしょうか?

みやむら さんからのコメント
( Tuesday, March 10, 1998 21:36:46 )

追加、
1経由でも
通常のバーチャルホスト設定以外のメールは
しっかりと受信できています。

みやむら さんからのコメント
( Tuesday, March 10, 1998 21:59:52 )

その後、
1経由では、
info@aaa.+++.co.jp(Default)
info@bbb.+++.co.jp
別々のバーチャルホスト設定をしていても、
デフォルトドメインに同じアドレス(infoにあたる部分)があれば
デファルトドメイン宛てに送信することもわかりました。

つまり
info@bbb.+++.co.jp宛てのメールは
info@aaa.+++.co.jp宛てのものだと認識するみたいです。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, March 11, 1998 09:51:23 )

ESMTP の件は気にする必要はないでしょう。 EIMS 2.0 は ESMTP をサポートして
いるはずですから。

外部のメールサーバーからバーチャルホストへメールが届かないという点については、
正直言って、よくわからないです (^_^;;

別の発言で、メーラーの種類によってはバーチャルへの配送(送信)がうまく行かない
というレポートがあがっていましたので、メールサーバーの相性の問題があるのかも
しれませんが、これは私は確認できていません。

みやむら さんからのコメント
( Wednesday, March 11, 1998 15:49:38 )

田中先生及びその他の皆さんいつも
ご教授いただきありがとうございます。

この様なエラーファイルのメールがでてきます。
これは「複数・・」で発言中のkozkaさんと
同じエラーになっています。(と思います)

   ----- The following addresses had permanent fatal errors -----
<new@bbb.+++.or.jp>

   ----- Transcript of session follows -----
... while talking to aaa.+++.or.jp.:
>>> RCPT To:<new@aaa.+++.or.jp>
<<< 550 5.1.1 user new@aaa.+++.or.jp not known
550 <new@bbb.+++.or.jp>... User unknown

これは問い合わせに対して@の前の部分だけしか
読まれていないという事によるエラーですよね。
これも相性の問題なのでしょうか?
どうにかして、全ての問い合わせに対して、
@以下が読める設定はないのでしょうか?
それとも根本的にEIMS2.0Bata及びにDNSの設定ミス
なのでしょうか?
ちなみに回線はOCNエコノミーを使用しています。

どうか、よろしくお願いいたします。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, March 12, 1998 01:10:00 )

Session の記録の部分に bbb.+++.co.jp へのメールに関わらず

.. while talking to aaa.+++.or.jp.:

とあることからして、メールサーバーが bbb.+++.co.jp を見てないようなのですが
DNS の MX は、以前のままですか?

みやむら さんからのコメント
( Thursday, March 12, 1998 15:04:19 )

田中先生、いつも本当に暖かいお言葉ありがとうございます。
私の方でもあれから色々と環境を替え試してみました。
最終的にEIMS2.1Bataをインストし、データは1から
手書きで書いてみました。
そして、最終的にわかったことは、

1、田中先生のおっしゃる通りバーチャル事にMXレコードの設定をする。
2、すでにWelcomeなどの使用するためにCNAMEで設定されているホストに
対しては使用できない。

という事がわかりました。
実際にCNAMEで設定されていないホストに関しましては
すべてうまく動くようになりました^^;
でも、それって少し不便ですよね。
これって、やはり皆さんの所でも
使用できていないのでしょうか?
少し疑問が残りますが・・・、

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, March 12, 1998 16:09:40 )

なんで CNAME のホストだとうまくいかないのか(逆引ができないからかな?)
ちょっと分からないですね。実際に運用されているバーチャルホストで CNAME
によってホストを確保しているところは多いと思うのですが…

2.1 ではうまく行くようになっているのかな?

なにせ私自身は試せないため、この件に関しては、すっきりとしたお答えが
できず、すみません。