このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

バーチャルホストでのログ解析

発言者:クリーム
( Date Monday, February 09, 1998 17:26:00 )


初心者なんですが、この前ようやく
サーバを構築し、なんとか運営しています。
そこで質問なんですが、

弊社では今、Quid Pro Quo 1.0.2で
Welcome Pluginによってバーチャルホスト
(例]works.***.co.jp,my.***co.jp)
を運営しています。

そこでバーチャルホスト別にログ解析が行なえる
ものってあるのでしょうか?

もし、存在しない場合はどのようなものが
一番使いやすいのでしょうか?

どうか、宜しくお願いいたします。

田中求之 さんからのコメント
( Monday, February 09, 1998 18:23:37 )

Welcome Plugin を使ったバーチャルホストの場合、ホスト毎の記録をとることは
できません。ですから、ホスト別のログ解析を行うには、jgawk などのツールで
バーチャルホストに該当するアクセスを抜き出しておいてから、analaog に
かけると言った処理を行うことになります。

welcome の場合、Plugin  がホストのルートフォルダーへのアクセスに URL を変更
してサーバーへ渡すという処理を行っています。

ですから、サーバーの記録上は、バーチャルホストのルートフォルダーへのアクセス
としてきろくされます。

たとえば、 www.+++.co.jp のサーバーにおいて、work.+++.co.jp という
バーチャルホストを運用しており、これを work というフォルダーをルート
に設定してあるとします。

すると、work.+++.co.jp へのアクセスは、サーバー側ではすべて
www.+++.co.jp/work/ へのアクセスとして処理され記録されます。

ですから、ログの名から、アクセスの URL が /work/... になっているもの
を抜き出して解析すれば、work.+++.co.jp へのアクセスを解析できることに
なります。

クリーム さんからのコメント
( Tuesday, February 10, 1998 09:26:04 )

田中先生ありがとうございます。

そのようなjgawkなどのツールは、どこからか
手にはいる所があるでしょうか?
(私は全くawkの事はわからないです)

またQuid Pro Quo Plus 2.0は
初めからバーチャルホスト対応ですが、
その場合はログは別々でとられているのでしょうか?

やはり、ログ解析はanalogでしょうか?

清 秀紀 さんからのコメント
( Tuesday, February 10, 1998 11:03:44 )

NIFT SERVEのFMACPROですかね。ベクターを見てみたのですが、
肝心なものがなかったりしますね。


→  ベクター

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, February 10, 1998 12:23:45 )

jgawk がなければ、AppleScript でも処理できますよ。ただし、メモリーを
かなり必要としますが。その他にも、テキスト処理のツールを使うことも可能です。

また、Analag の config を設定することで、うまく処理できるようにも思い
ますが、これについては試したことがないのでわかりません。

>またQuid Pro Quo Plus 2.0は
>初めからバーチャルホスト対応ですが、
>その場合はログは別々でとられているのでしょうか?

いえ、同じファイルにすべてのホストのログが記録されます。ただし、記録する
項目の中にアクセスのホストを示すものがありますので、ログを解析するのは
難しくないと思います。

たまちゃん さんからのコメント
( Tuesday, February 10, 1998 12:33:11 )

jgawk は info-mac にありますよ。

→  jgawk 2.15.2+1.0+1.2.2.1

谷本@わくわくネット さんからのコメント
( Tuesday, February 10, 1998 13:26:04 )

LogDoor 2.0という商品があります。価格は$249(教育価格$149)です。
フォルダ=サイトという集計をしますが、一応、マルチドメイン対応です。
リアルタイムにフォルダ別の集計をしてくれますし、切り分けられたログを
Analogで詳しく解析することもできます。


→  The LogDoor Multi-domain Web Site Monitor

よしもと さんからのコメント
( Tuesday, February 10, 1998 13:31:11 )

MacPerlという解もあります (^^;

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, February 10, 1998 19:40:32 )

WebSTAR 3 beta12 で、マルチホーミングによるバーチャルホストを動かして
みましたが、ログファイルは一つになってます。ですから、WebSTAR でも
ホスト毎の解析は、自分で行うしかないようですね(仕様変更・追加の可能
性もありますが)。

なお、QPQ Plus 2.1 では、ホスト毎のアクセス情況がウィンドウで表示されます
ので、これによっておおまかな傾向はつかめます。

クリーム さんからのコメント
( Tuesday, February 10, 1998 22:12:18 )

皆様、本当に貴重なご意見をありがとうございます。

とりあえず今現在としましては、
Analag の config を設定をのぞいてみることにします。
#しかし、なにせ初心者ですので、それが
#できない可能性もありますので

Perlを使用して、キーワードを
抜き出して、それをAnalag にかけるという方法を
してみようと思います。
#しかし、Perl自体もよしもとさんのお部屋でのみ、
#3日前から勉強を始めたばかりなので^^;
例えば”works"という単語を抜き出したい時には、
------------------------
#! /usr/local/bin/perl
white(<>){
    if (/works/){
        printf("%s",$_);
    }else{}
}
-------------------------
を記入してDropletとして保存するだけでは
ダメなのでしょうか?ifの近くにエラーありのような
メッセージが現れてしまします。
だれかご教授いただけませんでしょうか?

それでもだめだったら、
FMACPROかログドアーを
使うことにします。

本当にお助けいただきありがとうございます。

よしもと さんからのコメント
( Tuesday, February 10, 1998 23:54:52 )

typoです。 

white -> while

やまかわ さんからのコメント
( Thursday, February 12, 1998 08:36:35 )

同じく ログ管理の質問です。
 複数のQuidProQuoにそれぞれのバーチャルドメインを設定してログを分ける
ことは可能でしょうか一台のサーバー上で複数のQuidProQuoを動かす場合、
ポート番号を1024以上に設定し分散処理をさせることが出来るそうですが
(先生の構築術より) この2つのQuidProQuoを 別々のフォルダまたは、
ハードディスクに分けていれ それぞれに別なディレクトリを担当させ 
 おまけにWelcomeプラグインでバーチャルドメインを割り当て さらにおまけで
それぞれ固有のログを管理したいのです。URLにポート番号を記述することで 
ページを表示させることは出来たのですが Welcomeをそれぞれに設定したので
すが バーチャルドメインでは 読み込みに行きませんでした。 Welcomeには、
ルートの設定などもありますが その辺の設定で可能なのでしょうか。 

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, February 12, 1998 14:17:12 )

ログ管理というより、サーバーの設定の問題になりますが、まずホストごとに
別々のサーバーソフトを使えば、当然のことながらログも別々になりますので
ホスト毎のログをとることが可能になります。

で、質問の肝心の部分は、別ポートで走らせているサーバーをバーチャルホスト
として運用するにはどうするか、ということだと思います。つまり、
http://aaa.bbb.co.jp:8080/ を http://xxx.yyy.co.jp/ として
アクセスできるようにする方法のことでしょう。

自分で試したわけではありませんので、はっきりとしたことは言えませんが、
ポート80で走らせているサーバーに Welcome が入っているのなら、
http://xxx.yyy.co.jp/ へのアクセスを http://aaa.bbb.co.jp:8080
にすべてリダイレクトさせる Rule を設定すればよいはずです。ただ、
Welcome の Rule って、色々と機能は豊富なんですが、説明がわかりにくい
んですよね。

Welcome は、port 80 のサーバーだけに入れておけばよいです。これに
サーバーの割り振りをやらせます。

なお、単純にルートフォルダーを変更する設定では、port 80 のサーバーが
処理することになり、1台のサーバーでバーチャルホストを運用することに
なります。かならず別のポートで走っているサーバへリダイレクトする設定
にする必要があります。

やまかわ さんからのコメント
( Thursday, February 12, 1998 20:06:28 )

試してみます。ありがとうございました。

やまかわ さんからのコメント
( Monday, February 16, 1998 09:41:48 )

英和辞書を片手に悪戦苦闘の末、ようやく設定が出来ました。 
ついでに welcomeのサイトへ行ったら バージョンが1.1.2と新しくなっていました。