このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

モデムの原因不明の回線切断

発言者:もも
( Date Tuesday, February 03, 1998 10:26:53 )


Powerbook2400を使用、モデムは Logitec LPM-FM336です。
このモデムを使ってインターネットに接続しようとすると
途中で接続が切断されてしまいます。

別の28.8kbpsのモデムは問題無く接続できるのですが
原因がわかりません。

よろしくお願いします。

元永二朗 さんからのコメント
( Tuesday, February 03, 1998 11:13:54 )

Web Scripting と何の関係があるのか良く分かりませんが (^_^;;

OT/PPPを使用しているなら、コントロールパネルのPPPを開き、
「オプション...」ボタンを押して、「プロトコル」タブの
「モデム内蔵のエラー訂正と圧縮を使う」
「TCPヘッダ圧縮を使う」
のチェックを色々組み合わせて試してみるというのが試行錯誤の第一歩です。

>別の28.8kbpsのモデムは問題無く接続できるのですが

OT/PPPを使用しているなら、「モデム」コントロールパネルの設定をモデムに
合わせて変更していますか?

他のPPPソフトウェアを使用している場合は、モデムのマニュアルを参照の上
モデムの初期化コマンドを色々変えてみるしかないでしょう。

Logitec LPM-FM336を持っているわけではないので分かりませんが。

重松修 さんからのコメント
( Tuesday, February 03, 1998 15:01:00 )

私の記憶が正しければ、LogitecのLPM-FM336は筐体の形からして、ダイアモンド
のOEMだと思います。もし、OT/PPP用のファイルがなければ、Supra Express 336
の設定でいけると思います。

途中で切れるというのがどのような切れ方をするかはわかりませんが、
(1) DCE速度(あなたのモデムとプロバイダモデムの間の物理速度)
(2) DTE速度(あなたのモデムとPowerBookのシリアルの物理速度)
(3) 圧縮プロトコル、エラー訂正プロトコルの状況
(4) ネゴシエーション時の様子(頑張ってやっとつながった感じとか, etc.)
くらいは書かないと原因は分かりません。

こういう質問をされる方には、いつも書いているのですが、モデムはアナログ
な機械ですから、環境によっては本当にうまく動きません。また、タコなモデム
もあります。あるいは、接続の状況が悪いということも考えられます。

いずれにせよ、Logitecのサポートセンター、プロバイダのサポートセンター、
モデムのサポートBBS(NIFTYなど)の方が、会議室の主旨にもあっていますし、
有益な情報も見つかりやすいでしょう。

いずれにせよ、288の速度に強制的に落として接続して、それで安定するようならば、
それで使用するのが最も良いと思います。CCLファイルはただのTEXTなので、
JEDTなどで編集できます。