このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

CGI:Pardeikes Welcome Plugin 使用時のEIMSの設定

発言者:001-GO
( Date Monday, February 02, 1998 09:26:03 )


本当に質問ばかりしてスミマセン・・・。

QPQ1.0.2にPardeikes Welcome Pluginを入れ
バーチャルホストを考えているのですが、
例えばWWWサーバで
work.+++.co.jp
mac.+++.co.jp
の2つのホストを作ります。
それと同様にメールサーバで
user@work.+++.co.jp
user@mac.+++.co.jp
のアカウントを設定できるのでしょうか?
上記アドレスを違う配送先になるように
設定はできるのでしょうか?

本当に質問ばかりで申し訳ございませんが、
他に頼れる人もいなく困っています。
どうか、よろしくお願いいたします。

田中求之 さんからのコメント
( Monday, February 02, 1998 11:44:44 )

>上記アドレスを違う配送先になるように
>設定はできるのでしょうか?

EIMS 1.2 の場合は、専用のユーティリティソフトを追加する必要があります。
MailDoor とか MailBluster といった、バーチャルホスト用の EIMS の
ツールが出ています(ソフト名は正確には覚えていません)。

EIMS 2.0 では、EIMS 自身がバーチャルホストに対応してます。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, February 04, 1998 17:23:09 )

>MailBluster

MailBurst でした


→  Overview of MailBurst 2.0.3