このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

PPPの異常(?)なふるまい

発言者:なかい
( Date Saturday, January 31, 1998 21:53:33 )


 自宅ででCGIを作成してて、自宅のMacに適当なIPアドレス(会社で
使用している自分のMacのアドレス)を設定し、Web共有をアクティブ
にしてオフラインでCGIのテストをしております。

 そのあと、TCP/IPをPPPモードにもどしていつも通りのWWW閲覧をし
ようとすると、AppleTalkが不使用にも関わらずPPPがエラーを返して
きます(ポートが使用されているという旨)。

 私はCGIをApple Scriptで作成していますので、CGIのテストをしな
がら必要に応じてTCP/IPの設定を変更し、ここのページも見に来れる
と便利なのですが、現在ではその都度再起動を強いられています。

 これはどうにもならないのでしょうか?

動作環境は
 PowerMac
 MacOS8(OT 1.2)
 MacPPP 2.5
です。

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, February 01, 1998 00:47:07 )

OpenTransport なら、リスタート無しで環境の切り替えができるはずですけどね。

Web 共有でテストされる際には、TCP/IP をどのような設定で使っていますか?

清 秀紀 さんからのコメント
( Wednesday, February 04, 1998 10:10:38 )

「TCP/IP」コントロールパネルの [編集] - [利用者モード] で 
[詳しい情報も指定] をチェックして、「TCP/IP」コントロールパネルの
[オプション] ボタンで [必要なときにのみロード] がチェックされて
いるか確認してみてはいかがでしょうか。

これがチェックされていないと、最初の設定が常駐してしまったと思います。

なかい さんからのコメント
( Thursday, February 26, 1998 03:10:26 )

清さんありがとうございます(また日にちがあいてしまった)。
えと、[必要なときにのみロード]はチェックされています。

この現象が発生する順序は、

PPP接続→終了してTCP/IP設定変更↓
オフラインのテスト→TCP/IP設定変更↓
PPP接続→エラー

といった具合なんです。
OS8.1のOT1.3で直ってるかと思いきや、やっぱりだめでした。
この話題は「再起動」ということでクローズしますか(T_T)。