このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Quid Pro Quo 1.0の設定について

発言者:やまかわ
( Date Thursday, January 29, 1998 14:20:47 )


Quid Pro Quo 1.0を使っていますが 
TCP SettingのMax Connections数値設定について教えて下さい。
発信しているホームページのデータの中で1つだけ StatusのCurrentが30を
越えるものがあります。ローカルで3台のクライアントから同時にアクセスを
試みると1台は接続を拒否されます。 この場合TCP Settingの Connections数値は
いくつぐらいが適切なのでしょうか。また、それにより アプリケーションへの
メモリー割り当ては、いくつにした方がよいのでしょうか。

また、ホームページを作る上でこのようなサーバーに負担をかけているのは
どんな点なのでしょうか。 ちなみに上記のページは、アニメーション有り・
フレーム割り(9分割)・gifデータ有りの 構成です。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, January 29, 1998 15:52:07 )

>この場合TCP Settingの Connections数値は
>いくつぐらいが適切なのでしょうか。

漠然とした答えのようで悪いのですが、「拒否されなくなるまで増やす」としか
言い様がありません。どの数値が最適かは、コンテンツやアクセスの情況、さらには
運用者のポリシーによって決まることですので。

>フレーム割り(9分割)

一般的に考えれば、これが一番の要因ではないかと思われます。

フレームの一つは1ページに相当します。ですから、9分割されたページを全部
表示するには、9ページ分のデータをまとめて取り込む必要があるわけです。
(すべてを同時に取り込もうとするわけではありませんが)これが原因でアクセ
スが集中するものと思います。

ただ、通常は、ブラウザは同時に4コネクションを限度とするようになっている
はずですので、3台が集中しても12コネクションで済むはずなのですが、コネ
クションの処理がスムーズに行かない場合など、12を越えるアクセスの処理が
重なることになってしまうものと思われます。

なお、Quid Pro Quo は 1.02 にアップグレードしておいてください。バー
ジョンがあがるごとにバグがとれています。フリーウェアを使う場合は、自分
でバージョンを管理する(最新版の動向には目を配る)ようにしてください。

また、コネクションの処理には OpenTransport も関係しますので、OT も
自分のシステムのバージョンにあった最新版を使うようにしてください。
OS 7.6 なら 1.2 が使えます( MacOS 8 のインストーラーに入ってます)
最低でも 1.1.2 にしておきましょう。

やまかわ さんからのコメント
( Thursday, January 29, 1998 16:47:48 )

回答有り難う御座います。
フレーム割りのページ 気に入っていたのですが 作り替えることを検討します。
また、ソフトのバージョンアップの作業も早速しなければ。
ちなみに先生の所のサーバーはどのような数値なのでしょうか(メモリー割り当ても含めて)

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, January 29, 1998 18:17:20 )

このサイトは、CGI やページのデータを送りだすのは LC475, 画像データは Lc575
と2台の Mac で Web サーバーを動かしています。

LC475 の方は WebSTAR 2.1 を Max Connection 30 で運用していますが、同時処理が
10 を越えることはまずありません。メモリーは 6.8M

LC575 (画像データ送りだし)の方は、Quid Pro Quo Plus 2.1 を Max 18 で
運用していますが、最大に達することはめったにありません。メモリーはこちらも
6.8M です



やまかわ さんからのコメント
( Thursday, January 29, 1998 22:18:38 )

参考になりました。 メモリーは6Mにセットしました。 当分はMax を80にしておき
ページの構成を変えてから Maxを下げるようにします。
どうもありがとうございました。