このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

AIMSの転送速度低下とインターネットからの再起動について

発言者:TAIZO
( Date Wednesday, January 21, 1998 13:56:22 )


またまた初心者質問でご迷惑かけます。

弊社でPCC8500/132をOCNに繋いでWWW.FTP.MAIL.DNSを一台
のマシンで構築しています。

質問1、
AIMS起動直後はLANからでもインターネット経由でも外部から来た
メールはかなり早い転送速度でクライアントマシンに読み込む事が
出来ますが(私で一日100通平均)、時間がたつにつれてどんどん
転送速度が低下します。

たとえば、起動直後100通のメールをクライアントマシンに落とし
込むのに30秒くらいなのに10時間後は3分かかるようになります。

MAILサーバはAIMS1.1.1です。
メモリは3Mほど割り当てていますが十分足りてるようなのですが。

で、問題はその後でそのままほうっておくとPOPサーバが外部から受
け付けなくなります。(TT)。。。(接続が出来なくなります。。)

メール送信とパスワード変更は問題なくできるのですが受信ができな
くなってしまいます。

仕方無しに再起動(AIMSだけ)すればまたサクサク動くようになる
のですが。。。

これはなぜでしょうか??

質問2、
上の問題の続きにもなりますが、インターネット経由で外部から再起
動できるようなツールもしくは手段ってないのでしょうか?
上のような症状だとその他のサーバは問題なく動作している状態なの
でサーバにアクセスするのはFTP,WWWとも可能です。

たとえば、外部からFTPでサーバのあるファイルをダウンロードしよう
としたらシステムエラーが出るように設定しておいてAutobootで強制
的に再起動させるとか。。(ちと強引かな。。(笑))

よろしくお願いします。。m(__)m.....






田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, January 21, 1998 14:31:42 )

EIMS 1.2 にアップデートして症状が続くかどうかチェックしてみてください。

それと、AIMS だけ再起動できれば良いのであれば、CGI を作ってコントロール
できますよ

TAIZO さんからのコメント
( Wednesday, January 21, 1998 15:07:59 )

早速ありがとうございます。

EIMS1.2にまずはアップデートしてみます。
またご報告させていただきます。

>それと、AIMS だけ再起動できれば良いのであれば、CGI を作ってコントロール
>できますよ。

あの〜。。。(赤面状態)
出来ればもう少し具体的に教えていただけませんか?

どこかにそのCGIないですか?、、すみません。。。


石津@RJC さんからのコメント
( Wednesday, January 21, 1998 15:30:49 )

うちでもAIMS1.1.1のまま運営してますが、そういう速度劣化はないですね。
OSのバージョンは何にされますか?

TAIZO さんからのコメント
( Wednesday, January 21, 1998 16:33:59 )

>OSのバージョンは何にされますか?

速度劣化ビシバシです(笑)。
未だ原因つかめずです。
OSはOS8です。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, January 21, 1998 17:47:22 )

>出来ればもう少し具体的に教えていただけませんか?

以下のスクリプトをコンパイルして CGI にすれば、Web でその CGI を呼ぶことで
メールサーバーを停止できます。

property crlf : (ASCII character 13) & (ASCII character 10)

property http_10_header : "HTTP/1.0 200 OK" & crlf ツ
  & "MIME-Version: 1.0" & crlf ツ
  & "Content-type: text/html" & crlf & crlf

on ヌevent WWWスsdocネ
  
  tell application "Eudora Internet Mail Server"
    quit
  end tell
  
  return http_10_header & "<TITLE>Quit</TITLE>" & crlf ツ
    & "<H2>Eudora Internet Mail Server was stopped</H2>"
  
end ヌevent WWWスsdocネ


また、停止したメールサーバーを再起動するための CGI は、

property crlf : (ASCII character 13) & (ASCII character 10)

property http_10_header : "HTTP/1.0 200 OK" & crlf ツ
  & "MIME-Version: 1.0" & crlf ツ
  & "Content-type: text/html" & crlf & crlf

on ヌevent WWWスsdocネ
  
  tell application "Eudora Internet Mail Server"
    launch
  end tell
  
  return http_10_header & "<TITLE>Quit</TITLE>" & crlf ツ
    & "<H2>Eudora Internet Mail Server was started</H2>"
  
end ヌevent WWWスsdocネ

というスクリプトになります。

なお、セキュリティのことを考えると、CGI を Realm で保護したフォルダー
に入れておくか、admin_mail_stop.acgi のように名前を付けて、管理者
以外がアクセスできないように配慮する必要があるでしょうね。

なお、上記のスクリプトによる CGI で EIMS 1.2 を停止/再起動できる
ことは確認済みです(サーバーは Web 共有を使って試してみました)

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, January 22, 1998 02:44:43 )

MacOS8.0を8.1にしてみるか、7.6.1まで戻してみるというのもひょっとする
と有効かもしれませんよ。
AIMSだけの問題ではないのではないかと思うところありだけど、根拠なし(^_^;。

TAIZO さんからのコメント
( Sunday, February 01, 1998 14:50:10 )

ありがとうございます。
やっとこさ田中先生のスクリプトを装備して外部からEIMSの停止と再起動
が出来るようになりました。
本当に助かりました。

しかし、速度劣化はいまだ健在(?)です。。。