このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ファイルメーカー4.0のWed上での処理速度、立ち上げられる数について

発言者:Tomoko
( Date Monday, January 19, 1998 15:41:47 )


こんにちは。いつも拝見していて大変勉強になっております。

さて、ファイルメーカー4.0のことについてお聞きしたいのですが、
疑問に思っている点が2つあります。

それは
1.FM4.0のデータに、同時に何件ものアクセスがあった場合、
 処理速度は低下するんでしょうか?
 低下する場合、どの程度の速度の低下があるんでしょうか? 
 お教えいただければ幸いです。
2.1つのFM4.0で、いくつもの公開できるデータ(例えば1つはデータの検索、
 もう一つは書き込みなど)を作れるのでしょうか?
 普通のFMを使っているのと同じようにいくものなんでしょうか?
 お教えください。


以上です。わが社でも導入を考えているのですが以上の点がわかりません。
実際にお使いになられている方、どうかよろしくおねがいいたします。

木下@キー・プランニング さんからのコメント
( Monday, January 19, 1998 16:17:24 )

FM4.0は、マルチスレッドをサポートしていないので。多数からの同時リクエストが
あると処理速度が遅くなるのは止むを得ないと思います。その程度は、HTMLに
吐き出す前のデータベース処理の時間によりますので、明確なことは基準は誰にも
言えないと思います。

一般論ですが、インデックスを使った検索なら数十万件からでも何秒もかからず
検索できるので問題ないと思いますが、ソートはかなり時間を食うので件数の多い
ソートは避けた方が無難です。あまり同時多数のリクエストが多いと、接続を拒否
したり、ファイルを完全に送信しなかったりするので、そこが限界点ということです。

公開できるファイルは、FM4.0が開けるファイル数と同じなので、25までです。
「Web セキュリティ」のファイルを使う場合はその数もカウントされるはずですから
気を付けて下さい。

Tomoko さんからのコメント
( Thursday, January 22, 1998 12:21:28 )

木下@キー・プランニング さん、早速レスをいただき
感謝しております。ありがとうございます。

処理に手間がかかるものは当然、Web上でも遅くなるということですね。
やはり同時アクセスの処理できる数にも限界があるということですね。
今後の導入の参考にさせていただきます。
ありがとうございました。