このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Macjordomoのメールアドレス表記

発言者:hayashi
( Date Wednesday, December 24, 1997 12:29:17 )


 Macでリストサーバに挑戦しようとしています。
 メールサーバにはEIMS、リストサーバにMacjordomoPPC1b10で試しています。

 リストサーバとしては何とか動作したのですが、Macjordomoから配信される
メールのTO:が次のようななってしまいます。

 To: Multiple recipients of <ML-TEST@host_name>
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 特に実害はないのですが、この"Multiple recipients of"と言う表記を消す方法とは
無いのでしょうか。

稲垣@信州 さんからのコメント
( Wednesday, December 24, 1997 13:32:14 )

 特に外す必要は無いと思いますが・・。

 逆に外すと、メイル経路&メイルソフトに因って、実害が出て来る様になり
ますよ。

 実害といっても、返信を書く際に、返信アドレスに余分なアドレスも書いて
しまうぐらいです。例えば、途中の経路のサーバ宛のアドレスなどです。

 後、最新版は「Macjorodomo」のホームページの「What's New」から辿って
いけるアルファ版があります。そこを見ると、POPセッションに致命的なミス
があるとの事です。

 FTPサーバ上には1.1a26があります。

 ただ、不思議なのはページで紹介してある最新バージョンと、FTPサーバに
ある、最新バージョンとが違うことです。



→  Macjordomo Home Page

稲垣@信州 さんからのコメント
( Wednesday, December 24, 1997 13:39:48 )

 書き忘れたことで、どうしても消したいのであれば、リスト毎の設定の設定を
するウィンドウの「Advanced..」を「Option」を押しながら選択すると現れる、
「Special Header」の設定で、削ることも可能です。

−−
 リンク先を一つしか書けないので、こっちに書きます。

 MLの発言のSubjectにML名と通し番号をつけるSubjectShare for Macjorodomo
を作っています。良かったら使って下さい。

 また、ページを引っ越しましたので、リンク・ブックマークをされている方
は変更をお願いします。



→  Subject Share for Macjorodmo

hayashi さんからのコメント
( Wednesday, December 24, 1997 17:41:01 )

> 逆に外すと、メイル経路&メイルソフトに因って、実害が出て来る様になり
>ますよ。
>
> 実害といっても、返信を書く際に、返信アドレスに余分なアドレスも書いて
>しまうぐらいです。例えば、途中の経路のサーバ宛のアドレスなどです。

 と言うことでしたら、このまま使ってみることにします。

 これから、"SubjectShare for Macjorodomo"も試させていただこうと思います。
 よろしくお願いいたします。

hayashi さんからのコメント
( Wednesday, December 24, 1997 19:53:00 )

 これまで、EIMSで簡易的なメーリングリストをやっていました。
 そこで、Macjorodomoのユーザ登録で、そのファイルをimportしようとしているのですが
全くファイルを読み込んではくれません。exportは出来ました。
 今試しているのは"MacjordomoPPC1b10"です。

 ファイルをimportする方法(コツ?)をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
 よろしくお願いいたします。

たまちゃん さんからのコメント
( Wednesday, December 24, 1997 20:42:16 )

以前、確かおっしゃるような現象に遭遇したことがありました。今、手元にあ
るMacjordomoはPPC1.1a26というバージョンですが、試しにやってみたところ、
importはすんなり出来ました。

ただ、EIMS上にあるアカウントが「hogehoge@eims.co.jp」である場合、EIMSの
簡易メーリングリスト(というかalias)では、メーリングリスト上のアドレス
を「hogehoge」としておくだけでよいのですが、importするときは、アドレス
をフルで、つまり「hogehoge@eims.co.jp」ときちんと書かないとだめでした。
「gehogeho@aims.co.jp」のような「eims.co.jp」以外のアカウントは全然問題
がなかったです。

一度、1.1a26というバージョンを試されてはどうでしょうか。念のためバック
アップをとっておくと、1b10からもすんなりと移行できるはずです。

hayashi さんからのコメント
( Thursday, December 25, 1997 00:28:26 )

 さっそく、MacjordomoPPCa26 で試してみたところ、本当にすんなりと
import出来てしまいました。

 で、このPPCa26ですが"a"と言うくらいですからαバージョン、と言う
ことですよね。
 しばらくは、試しと言うことでこの"PPCa26"を使ってみることにします。
 どうもありがとうございました。

稲垣@信州 さんからのコメント
( Thursday, December 25, 1997 11:33:17 )

> で、このPPCa26ですが"a"と言うくらいですからαバージョン、と言う
>ことですよね。

 その通りです。ただ、新しく開発しているうちに昔の機能のバグが見つ
かったりするので、何処まで新しくするべきか悩むとこだと思います。

 ある程度安全だと思うのは、ページに紹介されているバージョンだと思
います。

#でもこれが、結構数字が離れているので・・。でも何処が改良された
#のか分らないのも、不安だと思います。

 後、Macjordomoは、正式版をリリースしていないのも気になりますね。
1.0b10の次が1.1a1?になったはずです。


稲垣@信州 さんからのコメント
( Thursday, December 25, 1997 11:35:30 )

 自己フォローです。

>昔の機能のバグが見つ
>かったりするので

 ですが、見つかって直されたりしているので

 に変えて下さい。見つかるだけでは、いけないので(^^;