このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

サーバー用ソフトウエアの英語版と日本語版

発言者:ヤマネ ケン
( Date Friday, December 19, 1997 13:18:00 )


ウエッブスターやEIMS、NetCloakの英語版は日本語のマックのOSでは
特に問題がでるのでしょうか?それともメニューの表示が英語であるだけ
なのでしょうか?これからサーバーを立ち上げたいのですがどなたか
教えてください。

稲垣@信州 さんからのコメント
( Friday, December 19, 1997 13:56:56 )

 私の所では、OS 8(J)に、WebSTAR 2.1(E),EIMS 1.2(E)で運営していますが、
特に問題は起きていません。

 ただ、WebSTARにのPlug-inの一部には勝手に、ヨーロッパ言語に変換してく
れるようで、日本語の処理に問題が起きるものが有るそうです。
 確かSSI関連だと思ったのですが、昔話題になったので、そちらを参照して下
さい。

 NetCloakは使っていないので、分りません。詳しい方にお任せします。

 題名はちょっと違っていますが、内容は日本語環境にふれています。




→  Webstar2.0SSIのカウンタについて

田中求之 さんからのコメント
( Friday, December 19, 1997 17:37:10 )

英語のマニュアルさえ平気なのであれば、サーバーは英語版で全く問題はありません。
私のサイトでは、Web, Mail, FTP, DNS すべて英語版で運用してます。


石津@RJC さんからのコメント
( Saturday, December 20, 1997 00:00:48 )

サーバも設定次第です。
一番の難題は日本語の漢字コードですね。
WebやFTPなどではISO-8859-1変換を勝手にやってくれるモノもあり、この
タイプは日本語が適切に利用できません。(WebStar2.xのSSIはこれをやる
ので、SSIをかける全てのページに2byteデータだよって明示するコメント
を書き込む必要があります)

現在Mac用の標準的なサーバプログラムはほとんど日本語対応で問題はない
と思いますが、新しいものなどは注意が必要かもしれませんね。