このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

AppleScript の List の反転

発言者:田中求之
( Date Sunday, December 07, 1997 00:06:37 )


すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、先日から、トップページ下部の
メッセージ検索の部分に、過去60日間と、30日間の発言/コメントされた
メッセージの一覧ページへのリンクが追加してあります。

ページは、夜中にスクリプトを自動的に起動させて作成させていますが、この
ページでは、発言が新しい順(メッセージ作成日が新しい順)にならんで
います。

これは単にページを作る際にリストを反転させているだけなのですが、その
方法について問い合わせがありましたので、参考までに書いておきます。

AppleScript のリストを反転(つまり逆順に並び替える)場合は

 set myList to reverse of myList

の1行で済みます。ループを組んで、元のリストの後ろから拾っていくという
手間をかける必要はありません。

参考まで

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, December 07, 1997 00:09:32 )

AS ネタついでに

スクリプト(アプレット)が入っているフォルダーのフルパスを簡単に得るには、

  set myFldrPath to  ("" as alias) as text

これは私は最近知ったのですが、まさか "" をエイリアス型に変換したら、自分の
入っているフォルダーのエイリアスになるとは知りませんでした。

猫の手 さんからのコメント
( Monday, December 08, 1997 08:00:30 )

 自分のところのサーバの新着情報の履歴を1週間分だけとってあるのですが、
これが、古いもの順になっていたので新しい順にするために、reverse of を使いました。
最初はよかったのですが、2回目からもとの順序に戻ってしまいました。
スクリプトが悪かったのかと思ったら、逆の逆をやって、元に戻してたんです。
我ながら、あきれました。

一回だけ、逆にして、あとは先頭に最新着を追加すればよかったのに。