このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Quick DNSのキャッシュ時間変更の方法について

発言者:masa
( Date Thursday, December 04, 1997 13:48:12 )


いつもROMが多いのですが、少し困ってまして・・
アドバイスを頂ければと思い投稿しました。

会社とブロバイダを専用線で接続しています。
例えば専用線で接続しているブロバイダを他のプロバイダへと移行する場合

他のDNSサーバが当社のDNSサーバに問い合わせる頻度を設定するキャッシュの
問い合わせ有効期間?を徐々に短くして、移行前日は30分くらいに変更する
作業をする必要があるようなのですがQuick DNS2.0の場合、どこの設定を変更
してゆけば良いのでしょうか?

よろしくお願いします

大西恒樹 さんからのコメント
( Thursday, December 04, 1997 15:18:08 )

QuickDNS Adminを起動して、該当データファイルを開き、Domainメニューから
Domain Informationを選択すればできます。TTLとRefreshを短くすれば良いん
ではないでしょうか。

masa さんからのコメント
( Friday, December 05, 1997 13:50:20 )

大西さん、レスありがとうございます。
現在のTTLの数値を見ましたら。86400でした。
この数値、秒換算で良いのですよね?
とすると24時間ということになるのですが。
本来、接続後の時間経過と共にこの数値を大きくして他のDNSからの問い合わせの頻度を
少なくなるように作業してゆく必要があるのでしょうか?

大西恒樹 さんからのコメント
( Saturday, December 06, 1997 20:17:39 )

>この数値、秒換算で良いのですよね?

はい、秒数です。

>本来、接続後の時間経過と共にこの数値を大きくして他のDNSからの問い合わせの頻度を
>少なくなるように作業してゆく必要があるのでしょうか?

これは質問の意図がよくわからないのですが、デフォルトのままで支障ないと
思いますが、何か特別な事情でも?

清 秀紀 さんからのコメント
( Monday, December 08, 1997 14:14:30 )

徐々にもとの数値 (86400) に戻す必要はないと思います。

TTLは、あるネームサーバー (A) から自ネームサーバー (B) に
問い合わせがあったとき、Aが問い合わせの結果をキャッシュと
して保持しておく時間を表します。

ISPの移行前にAがBに問い合わせた結果は、TTLを少なくしておけ
ばその分だけ保持されます。移行25時間前に86400 (24時間) か
ら3600 (1時間) にしておけば、理論的には旧ネームサーバーへ
のDNS問い合わせは発生しなくなります。

新ネームサーバーが稼働しだした瞬間から、TTLが86400でも問題
がないのは、このことから考えればわかると思います。

# 実はけっこう自信のない答えだったりして…… ;)

masa さんからのコメント
( Monday, December 08, 1997 14:39:57 )

大西さん、清さん コメントありがとうございます。

>>本来、接続後の時間経過と共にこの数値を大きくして他のDNSからの問い合わせの頻度を
>>少なくなるように作業してゆく必要があるのでしょうか?

>これは質問の意図がよくわからないのですが、デフォルトのままで支障ないと
>思いますが、何か特別な事情でも?

実は、TTLの設定が気になったのでプロバイダの技術者などに聞いてみたところ。
最初の接続開始から段階を得て数値を604800(1週間)くらいにしているという
ところが多かったので・・ただ、プロバイダのDNSの問い合わせ状況と当社の
ような企業サイトのDNSの問い合わせ状況とでは当然、紹介を要求される頻度も
DNSへの負担も違ってくる?ので一概に、1週間という数値が適正か否かは違って
くると思いますが、みなさんのTTL設定、何秒くらいなのか参考にしようと思った次第です。

デルフォト86400で問題無いということで安心しました。
(問い合わせ紹介が頻繁だと大顰蹙なのかなぁ、などと ちょっと心配になったもので)

ありがとうございました。

masa さんからのコメント
( Monday, December 08, 1997 14:41:43 )

大西さん、清さん コメントありがとうございます。

>>本来、接続後の時間経過と共にこの数値を大きくして他のDNSからの問い合わせの頻度を
>>少なくなるように作業してゆく必要があるのでしょうか?

>これは質問の意図がよくわからないのですが、デフォルトのままで支障ないと
>思いますが、何か特別な事情でも?

実は、TTLの設定が気になったのでプロバイダの技術者などに聞いてみたところ。
最初の接続開始から段階を得て数値を604800(1週間)くらいにしているという
ところが多かったので・・ただ、プロバイダのDNSの問い合わせ状況と当社の
ような企業サイトのDNSの問い合わせ状況とでは当然、紹介を要求される頻度も
DNSへの負担も違ってくる?ので一概に、1週間という数値が適正か否かは違って
くると思いますが、みなさんのTTL設定、何秒くらいなのか参考にしようと思った次第です。

デルフォト86400で問題無いということで安心しました。
(問い合わせ紹介が頻繁だと大顰蹙なのかなぁ、などと ちょっと心配になったもので)

ありがとうございました。