このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Quid Pro Quo の現状

発言者:田中求之
( Date Sunday, November 16, 1997 15:19:27 )


QPQ 2.x がリリースされて時間が立ちましたが、現在、QPQ のメーリングリスト
で 2.0 とそのサポートに対する不満が次々に出てくるという、ちょっと不穏な
状況になってきています。

2.0 (Plus) は、色々と意欲的に機能を盛り込んだものになっているのですが、
安定したバージョンであるとは言い難い部分があります。私が試した範囲でも
CGI あるいは Plugin がからむとエラーが起きたり、KeepAlive 接続
を利用すると異常終了するという現象が見られました(ただし、QPQ に
どこまで責任がある問題なのかは確定できていませんが)。

で、ML の方でも、クラッシュするとか、1.x から続いているメモリー・リーク
が解決されていないなどのレポートがあがっているのですが、これに対して
作者の方から一切のコメントがない状況が続いています。そうした状況に
対して、不満を持っている人たちが増えてきているという感じです。

フリーウェアでありながら高機能ということで支持されてきた QPQ ですが
機能も大掛かりになり、商品版もだし、ということで、転機を迎えているな
という感じですね。


田中求之 さんからのコメント
( Thursday, November 20, 1997 20:23:31 )

作者の Chris 氏が復活して、フリーウェアの新しいバージョンが出ました

改良点は以下の通りとのこと
===
There are a few changes from 2.0, most notably in the networking code,
which should be faster and more reliable under slower connections. Also,
in response to users who want to use QPQ as a test bed on non-network
connected machines. if you hold the command key down through the QPQ
start-up process, QPQ will not perform a reverse-name lookup on itself.
This will keep OT from dialing out your router or modem and greatly speed
things up if you're not connected to a name server (i.e., from a few
minutes to a few seconds).



→  QPQ ディレクトリー(FTP)

吉田 達矢 さんからのコメント
( Friday, November 21, 1997 13:14:10 )

さっそく、上記のアップデート版をインストールしてみたのですが
うちの68kマシンでは、終了時にtpe11のエラーがでて爆弾がでます。
PPCの方にインストールしてみたら、大丈夫なので、OSのバージョンも
関係あるかも知れません。

68k→7.6.1-J PPC→OS8

どなたか、他に試されたかたいらっしゃいますか?

たまちゃん さんからのコメント
( Friday, November 21, 1997 16:02:46 )

手持ちの68Kマシン(OS8+JLK)で試してみました。吉田さんと同じくtype11
エラーが出ました。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, November 21, 1997 20:21:28 )

あいかわらず 68K では不安定なようですねぇ。やれやれ

フリーウェア版でよいという人、というか、バーチャルホスト機能など不要だという
場合には、v1.0.2 を使い続けるのが確実ですね。

吉田 達矢 さんからのコメント
( Saturday, November 22, 1997 00:45:53 )

たまちゃんさんのところでも出ましたか。。

うちのマシンでは、2.0は安定しているので、此方をとりあえず
使い続けることにしました。
商品版にしても良いのだけど、フリーの物が不安定だと対価を支払うのに
ためらいます。。。