このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

EIMSのログを自分のマシンで

発言者:Y.Kato
( Date Friday, October 10, 1997 16:56:09 )


サーバの運用に関して,いつも参考にさせてもらっています。
EIMSの,error logやMaillogを,自分のMacintoshで見る方法はありませんか?
サーバのある所までいって見るのが面倒なので。うまい方法があったら教え
ていただきたいのですが?

田中求之 さんからのコメント
( Friday, October 10, 1997 17:14:04 )

現状では無理でしょうね。error log や mail log がファイルとしてセーブされ
ているのであれば、CGI を使って読み出すという方法がありますが、単にウィンドウに
表示されるだけのものは、この方法は通用しませんよね。

アクセスした時点のウィンドウを見たいのであれば、スクリーンショットを取って
転送すればよいだけですが、この場合、過去の記録が読めません。

費用がかかることをいとわないのであれば、Timbukuto のような、リモートアクセス
(&操作)ができるツールをインストールするという方法がありますけど。

Y.Kato さんからのコメント
( Friday, October 10, 1997 17:27:15 )

コメントありがとうございます。EIMSでは,無理なようですね。

>現状では無理でしょうね。error log や mail log がファイルとしてセーブされ
>ているのであれば、CGI を使って読み出すという方法がありますが、単にウィンドウに
>表示されるだけのものは、この方法は通用しませんよね。

ならば,error logやmail logをファイルに書き出しているメールサーバをご存じ
ではないでしょうか?メールサーバを変えるというのも,選択肢に含まれてきますので。

たまちゃん さんからのコメント
( Friday, October 10, 1997 22:21:01 )

今手元にEIMSの2.0beta版でしかもローカルな環境なのできちんとチェックで

きませんが,DebugのCapture to fileを選択することでInternet Mail Server 

mail logというファイルが,またInternet Mail Server error logというファ

イルは何もせずに(デフォルトで)できると思うのですが。


以前,AIMSの時代にmail logを取っていました(今は取っていません)。シス

テムの初期設定フォルダの中にできてました(おそらくEIMS1.2でもそうなる

のでは)。


のはずなのですが,お確かめ願えないでしょうか。


#昨日EIMS2.0b8で「エラーだエラーだ」と叫んでeims-beta-bugsに報告する

と,「それはエラーではない」とおしかりを受けました。しかってくれたの

は,Glenn Andersonでした。あーびっくりした。2.0b9を使っておられました。


田中求之 さんからのコメント
( Saturday, October 11, 1997 00:58:58 )

>今手元にEIMSの2.0beta版でしかもローカルな環境なのできちんとチェックで
>きませんが,DebugのCapture to fileを選択することでInternet Mail Server 
>mail logというファイルが,またInternet Mail Server error logというファ
>イルは何もせずに(デフォルトで)できると思うのですが。

あれ、そうでしたっけ (^_^;;  いかん、1.x のことを忘れている…

たまちゃん さんからのコメント
( Saturday, October 11, 1997 09:35:40 )

EIMS 1.2でも確かめてみました。Internet Mail Server mail logとInternet 
Mail Server error logはどちらもデフォルトでシステムの初期設定フォルダに
出来ます。前者はDebugでCapture to fileをチェックしない限り,0 K(ゼロ
ケー)のままです。EIMS 2.0の場合も両ファイルをデフォルトで,EIMS 2.0の
あるフォルダにつくります。

EIMS 2.0からEIMS 1.2以前の環境に戻せるというのは,preferenceファイルと
上記のファイルを別のフォルダにつくるからという理由だけなのですね。

#昨日の投稿で行の間に改行がすべて余分に入ってしまいましたが,Jeditでき
ちんともとの記事を作成して,それをIE3.0.1の側にペーストしたのです。前に
も一度同じことをしましたので,今後は気をつけます。原因は不明です。IEの
問題かな。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, October 11, 1997 09:43:29 )

わざわざ確認、ありがとうございます>たまちゃんさん

ということで、Debug の Capture to file をチェックしておいてログをファイルに
書かせたうえで、このファイルを CGI で読み出す( FTP だと、オープンされている
ファイルは取れないので)というのが、リモートでログを確認する手段になりますね。

ただ、CGI では1度に送れるデータ量に制限がありますので、Send Partial を
使って分割転送する必要がありますが。


>IEの
>問題かな。

でしょう。IE はFORM のデータを送りだす際に改行コードがおかしいようですから。

心身障害児総合医療療育センター 瀬下 さんからのコメント
( Monday, October 13, 1997 13:33:41 )

関連質問です。

 この初期設定フォルダーにできたログをそのまま読むにはどのように
 したら良いのでしょうか?
 テキストエディターでは読めないようですし、EIMS自体でも読み込む
 機能はないようなのですがー

たまちゃん さんからのコメント
( Monday, October 13, 1997 14:13:36 )

Jedit(↓)で読むことが出来ますが。他のエディターなのでしょうか。

→  株式会社まつもと

田中求之 さんからのコメント
( Monday, October 13, 1997 14:33:54 )

先程確かめてみましたが、確かに「初期設定」フォルダーにログができますね (^_^;;

これらはすべてテキストファイルですので、エディタであれば開くことができるはず
ですよ。

心身障害児総合医療療育センター 瀬下 さんからのコメント
( Monday, October 13, 1997 16:19:02 )

たまちゃん 田中さん ありがとうございます。

 エディター、SimpleTextさえ入っていませんでした > おまぬけ自分

 で、Jeditをいれて読ませたところ、「読み込み元ファイルが見あたりません」
 との表示がでて、読み込まれたファイルは白紙状態。

 念のため、EIMS1.2を再起動しても同じ表示がでて、ダメです。

 どなたか、解決策をご存知でしょうか?

稲垣@信州 さんからのコメント
( Monday, October 13, 1997 17:01:05 )

 同時に二つのアプリケーションが、ファイルを開けない様になっているので
一旦EIMSを終了させて動いていない状態なら、ファイルが見れるはずです。

 でも、リモートでログなどを見る為に、サーバを止める必要があるのは、か
なり辛いと思いますが・・。


たまちゃん さんからのコメント
( Monday, October 13, 1997 17:20:41 )

ローカルでサーバを止めたくない場合は、optionキーを押して初期設定フォル
ダから別のところにコピーして見ることが出来ます。

リモートでしかもサーバを止めずに見たい場合は、田中さんもおっしゃるよう
に、ログファイルをCGIで読み出すか、Timbuktu Proで手元にそのままコピーし
てきて見るかのどちらかだと思います(後者は確かめました)。

田中求之 さんからのコメント
( Monday, October 13, 1997 19:11:47 )

まず、ログは 32K のサイズ制限があります。つまり、32K をこえた場合、古いものから
消されていきます。ですから、EIMS(AIMS) を起動してから現在までのすべての Mail
ログではないことには注意してください。

EIMS が起動している間は、EIMS がファイルをオープンしていますので、エディタなど
他のソフトで読もうとするとエラーになります。

しかし、この状態でも、Read Only の資格であればファイルにアクセスすることは可能
ですので、たとえば以下のような AppleScript を走らせると、mail Log のデータを
読んだりすることは可能です(以下のスクリプトはコピーを作るようになってます)

tell application "Finder"
  set myPrefs to (preferences folder) as string
end tell

set myLog to (myPrefs & "Internet Mail Server mail log")

set myRef to open for access file myLog
try
  set myLogData to read myRef
on error
  set myLogData to ""
end try
close access myRef


set cFile to new file default name "Mail Log Copy"

set myRef to open for access cFile with write permission
write myLogData to myRef
close access myRef

単純にコピーを作るだけでいいなら

tell application "Finder"
  set myPrefs to (preferences folder) as string
  
  set myLog to (myPrefs & "Internet Mail Server mail log")
  
  copy file myLog to folder "MacHD:network:" --- ログのコピーを入れるフォルダー
  
end tell

というスクリプトで済みます

心身障害児総合医療療育センター 瀬下 さんからのコメント
( Tuesday, October 14, 1997 10:20:17 )

ありがとうございました。

 なるほど! option コピーで無事読めました。

 こうなってくると、長期休みの時など、ログがメールで送り
 つけられるなんて、管理者は楽ですね。

 ありがとうございました。 > たまちゃん、田中さん、稲垣さん

エディ さんからのコメント
( Wednesday, October 15, 1997 17:44:59 )

同じMacでWebサーバーが走っているなら、Internet Mail Server mail logの
エイリアスを(eimserrlog.htmlとでもして)、Webサーバーのアクセスできる
フォルダに入れておけば、どのマシンからでも、Webブラウザで見ることが
できます。
EIMS1.2とWebSTAR2.0で試したところでは、うまくいきました。




エディ さんからのコメント
( Wednesday, October 15, 1997 17:53:25 )

EIMSと同じMacでWebサーバが走っているなら、Internet Mail Server mail logの
エイリアスを(eimserrlog.htmlとでもして)、Webサーバのアクセスできるところに
置けば、別のマシンからWebブラウザを使って見ることができます。
EIMS1.2とWebSTAR2.0で試したところでは、うまく行きました。

心身障害児総合医療療育センター 瀬下 さんからのコメント
( Thursday, October 16, 1997 09:52:41 )

うわぁー、ほんと、ばっちりです。
これで心置きなく、休みがとれる < おいおい(^^ゞ

 どうもありがとうございます、エディさん

たまちゃん さんからのコメント
( Thursday, October 16, 1997 10:17:05 )

たちの悪いロボット君には気をつけましょうね。(^_^)

心身障害児総合医療療育センター 瀬下 さんからのコメント
( Thursday, October 16, 1997 10:31:01 )

あ、そうですね、忘れていた検索ロボットを・・・
エラーログなんか「公開」されたらたまらないですもんね。

あと、「波乗り野郎」のような自動ダウンロードもありますもんね。

 まだWebstarのアクセス制限機能に手をつけられていないのですが
 この機能でロボットの浸入を防げないのでしょうか?
 

たまちゃん さんからのコメント
( Thursday, October 16, 1997 12:36:02 )

>>まだWebstarのアクセス制限機能に手をつけられていないのですが
>>この機能でロボットの浸入を防げないのでしょうか?

ロボット君のアドレスがすべて分かっているのなら、アクセスを防ぐことがで
きますが、とても無理でしょう(一応参考になるURLを下に挙げておきます)。

robots.txtに見られたくないファイルを記述することが出来ますが、これも無
視されることがままあります。

基本的には見られては困るファイルは置かないことだと思います。

→  WWWロボットQ&A

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, October 16, 1997 14:22:53 )

>基本的には見られては困るファイルは置かないことだと思います。

基本的には、これが一番なんですよね。ただ、そうもいかない場合には、
Realm で保護することはお忘れなく。


心身障害児総合医療療育センター 瀬下 さんからのコメント
( Thursday, October 16, 1997 15:10:46 )

たまちゃん、田中さん ありがとうございます。
早速、エラーログのエイリアスはゴミ箱にぽい、しました(^^ゞ

つながった、というのはこういうことなのですね。
まだまだ慣れていなくて、スタンドアロンの時の
感覚でやってしまっています。「危機管理」を
身につけないとー

どうもありがとうございました。

エディ さんからのコメント
( Friday, October 17, 1997 08:35:34 )

知らない間に私の発言が物議をかもしていたようで、恐縮です。
弁解になりますが、私のところはイントラネットですので、
Realmを掛けるだけで問題はないと思っています。

Realmによる保護では、ロボットには無意味なんでしょうか。

たまちゃん さんからのコメント
( Friday, October 17, 1997 10:42:17 )

>>知らない間に私の発言が物議をかもしていたようで、恐縮です。

火をつけた張本人です。こちらこそ恐縮です。

>>Realmによる保護では、ロボットには無意味なんでしょうか。

きちんと保護してくれると思います。ですが、何度も何度もアクセスを繰り返
すたちの悪いロボット君もいるようです。

マナーを守ってくれないロボット君に襲撃されてプンプン憤慨しているところ
です。ロボットは人間が動かしているんだということを忘れてほしくないで
す。

誰に怒っているんだろう?(^_^;;)