このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Pict File osax を登録

発言者:田中求之
( Date Saturday, September 13, 1997 01:44:09 )


PICT ファイルのデータを PICT オブジェクトとして読み込んだり、逆に PICT obj を
PICT ファイルとして書きだすためのコマンドを収めた osax を登録しておきました。

ファイルメーカーのセルに PICT を読み込み/書きだしするのにお使いください。


→  pict_file_osax.hqx

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, September 14, 1997 01:45:30 )

PICT の情報(幅、高さ、サイズ)を調べる pictInfo を追加したものに差し替えました

田中求之 さんからのコメント
( Monday, September 15, 1997 22:42:22 )

ファイルメーカーのデータベースに PICT を読み込んだり、逆に書きだしたりする
サンプルのセットを作り、登録しておきました。

スクリプトは、以下の4つが入っています

・Read Picture.txt  --- 選んだ PICT をデータベースに登録
・Write Picture.txt --- カレントレコードの PICT をファイルに書きだす
・Read All Pictures.txt --- 選択したフォルダーの中の PICT ファイルをすべて登録
・Write All Pictures.txt --- データベースの画像をすべてファイルに書きだす

サンプル用のデータベースは、ファイルメーカー Pro 3.0J 用のものになっています。


→  pict_file_fmp3.hqx

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, September 16, 1997 21:56:32 )

Read Picture にミスがあったので、修正版と差し替えました。

すでにダウンロードされた方は、次の修正を行ってください。

修正個所は、スクリプトの冒頭部分で

> set desFldr to choose folder with prompt "登録する PICT のフォルダーを選んでください"
> 
> tell application "Finder"
>     set myList to files of folder desFldr whose file type = "PICT"
> end tell

を削除して、

set pFile to choose file with prompt "登録する PICT は?" of type {"PICT"}

に変更してください。

(Read All のテストを行っていた方を間違えて入れてしまったのでした (^_^;; )