このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Quid Pro Quoのログファイルについて

発言者:Asako Itagaki
( Date Wednesday, September 03, 1997 10:46:57 )


板垣@おるがのーば、です。
Quid Pro Quo 1.02をさっそくインストールしてみました。
(CGIは結局Quid Pro Quoでもうまくうごかないので、原因はMacHTTPじゃないみたいです。
もう少しスクリプトの中身をチェックしてみます)

ところでまた新しい質問なのですが・・・
QPQでファイルの送り出しなどは問題なくいっているようなのですが、
ログファイルがうまく記録されません。
スクリプトアイコンの形のメニューで、Archive Logを選択すると、
server logfileという中身が空のファイルができるのですが、
いくらアクセスがあってもそのままで全然更新されません。
Enable Loggingを選択しても記録されません。
どうすればMacHTTPのログのように記録されるようになるのでしょうか?

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, September 03, 1997 15:42:54 )

Control メニューの Configure Server を選んでサーバー用の設定パネル
を呼び出してください。そこで以下のことを確認します。

まず Log Format の設定部分で、Format が Disable になっていないかどうか

Default Files の設定部分で、Log のファイル名をちゃんと設定してあるか


QPQ をインストールしたままの状態ですと、server logfile という名前のファイルで
ログは記録されるようになっているはずです。