このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

プロバイダーの免許に関して

発言者:稲垣@信州
( Date Monday, August 25, 1997 19:42:28 )


 こんにちは、お世話になっています。

 同様な発言が少しありましたので、発言しようかどうか悩んでいましたが
発言させてもらいます。

 大学卒業後に、数人の友人でお金を出し会って専用線でも引こうかと画策
しています。
 そして、専用線を引いた場所で共用するのも面倒くさいので、PPP接続をし
て外からでも、使えるようにしてしまえばいいのでは、と思っていました。
 よくよく考えると、プロバイダーは確か電気通信事業?(間違っているか
もしれません)の免許が必要だというのを思い出しました。
 確か、PPP接続の辺でこれに引っかかるのではと記憶しています。

 そこで質問なのですが、どの規模・種類のサービスを提供すると、免許が
必要なのでしょうか?

 また、免許が必要な際どのような手続きを行えば発行されるのでしょうか?


大西恒樹 さんからのコメント
( Tuesday, August 26, 1997 22:25:48 )

一般二種電気通信事業者であれば、(ほとんどのプロバイダーはこれだと
理解して構いません。)電気通信管理局への届け出だけで済みます。その
際、約款などの提出も求められますが、友人同士で出しあって運営する程度
でしたら、届け出なくとも運営はできます。NTTとの相互接続などをする
場合には当然届けのある電気通信事業者でなければ相手にされませんが、
そこまでされないようですので。実際に郵政省の電気通信管理局へ問い合わ
せてみると、恐らく「営業するなら届け出を」みたいな答えが返ってくる
でしょう。一応聞いてみて、それから判断なされたらいかがでしょう?
届け出自体は何てことはない作業ですので。関東でしたら、関東電気通信
管理局が大手町にありますが、信州は知りませんので調べてください。

#プロバイダーがビジネスとしてどうか、というのは全く別です。
 私はむしろ、友人数人規模のミニプロバイダーがたくさんできると
 面白いと思っています^^)

大西恒樹 さんからのコメント
( Tuesday, August 26, 1997 22:28:08 )

まずはこのあたりのお勉強から始められてはいかが?

→  郵政省電気通信事業参入マニュアル

稲垣@信州 さんからのコメント
( Wednesday, August 27, 1997 12:32:25 )

 大西さん情報ありがとうございます。

 営利目的ではなく、必要な維持経費の分担を10〜20人で行う程度
なら、大丈夫なのでしょうか?

 取り敢えず、色々調べてみます。