このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

MacRAMディスクホームページサーバ(?)

発言者:ふらっと
( Date Friday, August 15, 1997 11:14:44 )


RAMディスクを1M程作成し、
その中にMacHTTPを入れて起動しました。
ちゃんと動きました。(笑)

OCNに入って自分のHPを置こうかな。(^-^)

1997ふらっと
jotani-n@tm.power.co.jp
http://www.power.co.jp/tm/jotanin/st01.html


→  べる&ぐら

田中求之 さんからのコメント
( Friday, August 15, 1997 14:07:35 )

MacHTTP (サーバーアプリケーション)を RAM ディスク上においておいても
運用に関してはなんのメリットもありませんよ(起動時間は早くなりますが)。

RAM ディスクを用いて効果が出るとすれば、データをすべて RAM におくことですが
(ハードディスクよりは高速で読み込めるようになりますから)、最近のサーバー
でしたら、キャッシュをうまく設定して運用するほうが、下手に RAM ディスクを
使うよりは楽だし効果的でしょうね。

ふらっと さんからのコメント
( Friday, August 15, 1997 17:55:19 )

ふむふむ。ありがとうございます。(^-^)
もちろん、ホームページのデータもRAMディスクに
いれます。HDをコリコリやられないでログウィンドウ(?)に
アクセスの表示がでるのでおもしろいですよ。