このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Text Encoding Converter for MacOS 8

発言者:田中求之
( Date Saturday, August 02, 1997 17:44:50 )


MacOS 8 の新機能の一つに、Text Encoding (文字コード)の変換機能を
OS がもつというのがあります( Runtime Java にはすでに入ってますが)。

で、これを AppleScript で利用する osax を、飯森さんが作成し公開されて
います(まだ PowerPC 版のみのようですが)。

多言語対応も、これもばっちりだぜぇ、っていうもんです。


( スクリプターは要チェックの飯森さんのホームページの、
 Software Index の TEC OSAX です)


→  飯森さんのホームページ

Hideaki Iimori さんからのコメント
( Sunday, August 03, 1997 01:03:23 )

》で、これを AppleScript で利用する osax を、飯森さんが作成

》し公開されています


 文字コード判定機能を追加した Ver1.0b2をリリースしました。


》まだ PowerPC 版のみのようですが


 68K版の要望が多ければ作ります。ただし Text Encoding 

Converterは CFMの Shared Libraryですので CFM68K Extension必

須です。

 なぜ PowerPC版だけかというと CFM68K Baseのソフトを作るこ

とは無いと判断して CodeWarrior C++の不要な CFM68K関連 

Library等を全部消してしまったからです。 (^^;;


田中求之 さんからのコメント
( Sunday, August 03, 1997 11:34:29 )

>文字コード判定機能を追加した Ver1.0b2をリリースしました。

判別と変換を備えたとなると、これ一つでコードの処理は解決できそうですね。


>68K版の要望が多ければ作ります。

面倒でなければお願いします。私はいまだに 68K 中心でやってますので。
( AS 開発の中心は 840AV なんですぅ)


Hideaki Iimori さんからのコメント
( Sunday, August 03, 1997 23:14:50 )

 68K Versionを含めた Ver1.0b3を

  <http://www.bekkoame.or.jp/~iimori/sw/TECOSAX.html>

に置きました。


 Text Encoding Converterは古い Versionと互換ではありませ

んので MacOS 8 / MRJ1.5に添付されている Ver1.2を使ってく

ださい。


 MRJは <http://applejava.apple.com/> にあります。


田中求之 さんからのコメント
( Monday, August 04, 1997 01:52:53 )

素早い対応ありがとうございます。

まずは MRJ 1.5 から落としてこないといけない状況ですが、なるべく早く試させて
もらいます。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, August 05, 1997 00:00:13 )

MacOS 7.6.1J に MRJ 1.5 をインストールした Quadra 840AV で試してみました
が、ばっちりです。

これは世界中の人が重宝するだろうなぁ。