このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ようやく専用線接続

発言者:猫の手
( Date Thursday, July 31, 1997 08:54:13 )


 いつも、ダイアルアップで、接続時間を気にしながら
自宅からアクセスしていましたが、職場でようやく専用
線接続ができるようになりました。
 それもこれも、このeasyBBSをご覧の皆様に、ルータ
設置等で多大なアドバイスを頂いたおかげです。

 感謝の気持ちを込めて、記念に書き込ませていただきます。

 これからは、世界が相手だぜ!

たまちゃん さんからのコメント
( Thursday, July 31, 1997 23:02:23 )

よかったですね。(^_^)

ダイアルアップで見ている人も大変多いので、そのことも忘れずにお願い
いたしますです。

田中さんは明言はされなかったと思いますが、このサイトは低速回線を使
っていてもいかに快適に見ることが出来るかに非常に苦労なさっているよ
うに思います。最近は意味もなく重たいサイトが増えているので、この点
に配慮いただけると1ダイアルアップユーザーとしては大変有り難いです。

ともあれ、おめでとうございます。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, August 01, 1997 03:31:16 )

>田中さんは明言はされなかったと思いますが、このサイトは低速回線を使
>っていてもいかに快適に見ることが出来るかに非常に苦労なさっているよ
>うに思います。

私も自宅や出張先からは PPP (28.8K) でアクセスしますから、なるべく軽くしたい
というのはポリシーとしてあるのは確かですが、それ以外に

1:HTML はエディタで書くものだと思っている(=TableやFrameは面倒なので使わない)
2:センスのないグラフィックはごみだと思っている(=センスがないからグラフィックには
  手を出さない)
3:そうでなくても AppleScript はマルチスレッドで動かないから遅いんだからぁ

といった理由もあります(笑)

でも、基本的に文字ベースの情報が中心ですから、結果として、シンプルになっている
というのはありますね。

アメリカのサイトを中心に、「専用線じゃないやつは見るんじゃね〜よ」とでも言っている
気がするページが多いですよね。

ただ、どんなに重くても、もしそれがグラフィックなどのいわゆるマルチメディアで
しか表現できないものなのであれば、それは表現の必然性(選択)として私は認めます。
どんなに重くても、「おお、すげぇ〜」と、伝わってくるものがあるページはあります
よね。

ようは、ページのコンセプトなりポリシー(焦点)がしっかりと考えられて、絞り込まれて
いるなら、重いページでも良いと思います。重さを納得させてくれるならいい、ってこと
です。

24色の絵の具が使えるという理由で、絵を描くのに24色全部を使おうとするのは
考え方が間違ってる。だけど、24色すべてを使わないと表現できないことだってある。
そう思ってます(…某企業の雑誌のコラムで書いたネタですけど (^_^;;  )

猫の手 さんからのコメント
( Friday, August 01, 1997 08:56:55 )

 たまちゃんさん、田中さん、コメントありがとうございます。

 私もwebのページを書き始めた頃は、スクロールしないで見られる
画面づくりにこだわっていました。昔は、ハイパーカードは、
9インチモニタで白黒表示ができないマックでも見られるスタックでなきゃ
などともこだわっていました。だんだんそういうの薄れてきていますが。

 私も文字ベース、内容重視のページを作るように心掛けています。
 ただ、ちょっとした小さい絵があると、ある程度、見栄えがするので、
 アイコンサイズの絵くらいは、使ってたりしますが。

 基本は、netScape1.1ベースです。うちがそうなんでね。

 今後ともよろしくお願いします。