このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

会議室の運用について考える

発言者:田中求之
( Date Friday, July 25, 1997 01:42:50 )


この会議室も、おかげさまでまもなく1000発言を数えようかという状況に
なりました。そこで、記念というわけではありませんが、改めてWebにおける会
議室システムについて、仕組みや運用など、色々な点について、みなさんと共
に考えてみたいと思います。

この発言(スレッド)では、もっぱら会議室の運用について、色々と考えてみ
たいと思います。仕組みについては別の発言を投稿しておきますので、そちら
でよろしく。

会議室という仕組みをWebサーバーに設けただけでは、会議室にはなりません。
実際に色々なコミュニケーションが行われる場としてうまく運用していかなけ
れば、会議室の意義はありません。また、この会議室のようにインターネット
上で不特定多数の方のコミュニケーションを指向したものと、イントラネット
で部署内の連絡用の会議室とは、運用の在り方においては異なるのが当たり前で
しょう。もちろん、他方では、どんな会議室であっても、それが人と人のコ
ミュニケーションの場であるかぎりにおいて、共通することもあるはずです。

こうした、コミュニケーションの場の運用について、体験、苦労、あるいは自
分の考え(方針)などを互いに出し合ったりしながら、考えていけたらよいな
と思います。

重松修 さんからのコメント
( Friday, July 25, 1997 10:39:06 )

いつもお世話になっております。

会社内で、使う場合はさほど問題にならないかもしれませんが、インターネット
で不特定多数を相手にする場合には、常に悪戯などの問題がついて回ります。
あとは、いわゆるエロ系の宣伝でしょうか?ここなどは、来ませんがうちなど
所構わず業者の方が宣伝を行ってくれます。

また“管理”ということについても良く考えないといけないと思います。

私が気になる問題は、NIFTYの名誉毀損裁判問題(原告勝訴、たしかNIFTYが上告)
や酒鬼薔薇掲示板朝日新聞圧力?事件などです。

前者は、NIFTYのフォーラムで女性の会員が名誉を毀損されたのに対し、フォーラム
の運営者がそれを放置した(女性への中傷を一時的に問題解決するまで読めなくする
などの配慮がなかった)ことが『違法』であると判断された訳です。

後者はBIG-NETにある神戸の事件に関する掲示板にA少年の本名が書き込まれたのを
管理者が削除が追い付かなかったらしく、作業中に、突然ディレクトリごと消され、
プロバイダから追放されたという事件です。事後で、朝日新聞からの圧力(朝日は
否定している/個人的には圧力だと思います。)によるものの疑いが出て、ちょっと
した騒ぎになったのは記憶に新しいところです。

いささか暴論でしょうが、掲示板のクラックは、A少年の本名を書き込めばよいだけ、
ということになります。

一番大切なのは、やはり初期の雰囲気作りだと思います。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, July 25, 1997 14:46:08 )

これは仕組みとも関連するのですが、匿名での投稿を認めるかどうかというのが、まず
大きな問題になるかもしれませんね。

もし認めないというのであれが、投稿の際にメールアドレスの記入も求めて、そのアドレス
に対して finger をかけて、一方で IP から逆引でホストを確認して… といった方法を
とることが可能ですが、Web上でオープンな会議室である以上は、最終的に投稿者本人を確
定する方法はありません。

ですから、Realm などでアクセスを制限した閉じた会議室にするか、不特定多数の人が
匿名でも参加可能なものにするのか、という選択になります。

で、結局は、

>一番大切なのは、やはり初期の雰囲気作りだと思います。

というところにいきつきますね。

大西恒樹 さんからのコメント
( Friday, July 25, 1997 22:24:10 )

匿名の掲示板でありがちなことの一つに(うちでよくある^^)、顔が見えない
故に、実生活で言わないことを言う、言わない言い方をするなど、とかく相手
に対して配慮に欠ける発言が見受けられます。それが原因で、論点がOBして
どうしようもなく紛糾することもままあります。また、重松さんのご指摘の
通り、明らかに公序良俗に反する書き込みもあります。(参加者が多くなると
本当にいろんな人が来るんで感心してしまいます。)そういった事態では、
管理者が強権を発動して発言を削除(うちではお掃除と言う^^)せざるを
得ないという状況です。しかしながら、最近の発言状況が6時間で溢れる状態
では、いちいち管理者がチェックして回ったのではたまったものではありません。
そこで頼りになるのが、「主旨をよく理解してくれる常連さん」です。これは
ともすれば、常連以外の人が入りにくくなる原因にもなるので両刃の剣ですが、
うまく軌道修正を図ってくれたり、助けられることが多いです。つきつめると
結局は管理者のキャラクターではないかとも思います。ここの会議室の安定性
はひとえに田中さんのお人柄の賜物でしょう。

#easyBBSはダウンロードできても田中氏はダウンロードできないぞっと。
 だれか移植してくれい。


元永二朗 さんからのコメント
( Saturday, July 26, 1997 03:14:55 )

私がプログラミング、その後管理も成り行きでそのままやっている会議室では、
特に匿名・実名をはっきりとさせてはいませんが、メールアドレスの記入欄は一
応設けてあります。氏名欄と本文欄に記入が無いとcgiがエラーを返しますが、メ
ールアドレス欄が空白でもそのまま通す仕様にしてあります。
更に、各書き込みの最後には書き込み時間とクライアントの IP Address が入る
仕様になっています。

これらの仕様の結果か、それとももともと何でもアリのフリートーク会議室とい
う雰囲気でもないせいか、おかしな書き込みはほとんどありません。メールアド
レスは、実名の書き込みの場合、最初の書き込み時は記入し、スレッドが育つと
何度も書き込むのも面倒だし省かれる場合が多いようです。私自身、結構省きま
す(^_^;。

一度か二度ほど匿名によるいわゆる誹謗中傷の類がありましたが、そもそも
IP Adress が丸出しですからお笑い種です。ただ、この会議室(複数)の書き込
みは一日一度にまとめて、とあるメーリングリストに配送される仕組みになって
いまして、この時は対応が遅れてその書き込みも転送されてしまい、かなり腹を
立てる結果となりました。腹立ちの勢いでIPから逆引きしてプロバイダーまでは
突き止めたので、何らかの抗議、もしくは報告をしようかとも思いましたが・・
、その労力も馬鹿馬鹿しいので発言を削除するだけにしました。

最近は、BBSばかり集めたインデックスなども存在するようですし、暴力的書き込
みマニアの方の格好の標的にされかねません。事実、上の例なども検索エンジン
経由でたまたま行き当たった場所に書き捨てたようなふしもありました。この場
合、場の雰囲気を掴もうなどという気が最初からありませんので、厄介です。ま
あ私がメンテナンスしている場所では滅多にあることでもないので、単なる事故
だと思う事にしていますが・・。

すみません、愚痴っぽくなってしまいました。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, July 26, 1997 23:54:17 )

会議室を管理・運用する以上、ふさわしくないと考えられる発言は削除するという
ことを行う必要は出てきますよね。とはいえ、いつも発言をモニターしているわけ
にもいきませんから、なかなか難しいし、対応が遅れがちになるのはしかたがない
というところでしょう。

幸い、この会議室では、明らかにふさわしくないとして、全面的に削除したのは
これまでに1件だけです。ブラウザーや CGI のバグ (^_^;; のせいでおかしく
なってしまった書き込みを修正したり、一部分を削除(この場合はコメント中で
一部削除した旨をきちんと書くようにしてますが)というは、たまにありますが
いまのところ、大きな問題はないという状況だと行ってよいと思います。

実は、EasyBBS には組み込んでないのですが、この会議室には、3時間ごとに
書き込みをすべて管理者(つまり私)にメールで送るという機能を付けてあります。
これによって、一応、モニターはできるようにしてますが、やはり折に触れて
アクセスするしかないというところはありますね。

この会議室の場合は、部屋が1つだけですし、内容もかなり限定してあります。
フリートークっぽい発言にしても、一応、サーバーか CGI に関連したものに
なります。そういう点では、運用は楽な会議室かもしれません。つまり、

どういう場であるかを明確にするための枠組みがある

これによって、たとえば発言の削除にしても、ちゃんとした根拠によって
(理由を問われたときにちゃんと言葉で説明ができるということ)行えます。

この点では、むしろフリートークなどのほうが、運用は難しいと思います。


田中求之 さんからのコメント
( Sunday, July 27, 1997 00:06:26 )

運用の話からはすこし外れるかもしれませんが…

これは Web だけにかぎらず、メーリングリストでも、あるいはパソコン通信でも
あてはまるのですが、言葉による/言葉だけによるコミュニケーションを行うには、
それなりの言葉への配慮も必要になるということがありますよね。

自分の書いた言葉を、自分とは考え方も感じ方も状況も全く異なる人が読むということ

このことの「恐ろしさ」みたいなものに鈍感では、うまくコミュニケーションが
行えないように思います。そういう点では、ある種の言葉の技能のようなものが
要求されているのかもしれないと感じることもあります。

技能といっても、正しい日本語の書き方といった大げさなもんではなくて、たとえば

Mac は素晴らしい

ではなくて、

Mac は素晴らしいと思う

とか、

Mac は素晴らしいと個人的には考えている

というように、判断なり意見を、自分のものだという限定(保留)を付けること、
安易に一般化しないこと、といったようなこと。あるいは、文末のちょっとした
言い方、たとえば、「〜だ」とせずに、「〜ですよね」とする、こういった細かい
ことで、伝わり方はがらっと変わるように思います。

こういう言葉の難しさみたいなことを、ネットワークのコミュニケーションでは
あらためて考えさせられますね。

ざんげ さんからのコメント
( Sunday, July 27, 1997 11:01:52 )

うちは秋田の総合案内という立場から不特定多数の方のコミュニケーション
を指向しておりますが、基本的に発言は発言者の申し出がない限り発言は削
除しない方針をとっております。(一部エロ系リンクは勝手に削除しており
ます。といっても数えるほどしかないですけど)

うちの場合は、秋田にサーバーがあるにも関わらず、秋田の人の発言が非常
に少ないのですが、おかげ様で全国からの発言が多数寄せられています。年
齢は小学生から40代ぐらいまで、家族で参加してらっしゃる方も多いようで
す。参加者はみなさんシャレ好きのようで、和気あいあいと会話を楽しんで
いらっしゃるようです。ただ、顔が見えずに文字だけで会話を進行させてい
るので、フォローする顔の表情や身ぶりができないので、誤解をされてしま
うことが度々あるようですが、最悪な状況になる事はないようです。

会議室を設置してコミュニケーションがうまくいっているケースとして、ユー
ザー同士が作詩・作曲・イラストを分担して、作品ができたことです。まさか、
ここまで行っちゃうとは思いもよりませんで、うれしく思います。

junk会議室-BOX
http://w2.amn.co.jp/bbs-f/manchies/box.html

できればみなさんの会議室のURLを教えていただき、どのように利用しているか
知りたいのですが、いかがなものでしょうか?
これからのネットコミュニケーションを考える上で、参考にしたいのです。皆様、
よろしくお願いします。

秋田メディアネットの会議室
ふりぃ会議室part-1
http://www.amn.co.jp/EasyBBSDX/bbs.acgi
ふりぃ会議室part-2
http://w2.amn.co.jp/BBS/bbs.acgi