このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

TnagoとFMPで画像DB

発言者:koba
( Date Friday, April 25, 1997 19:29:42 )


現在、TangoとFMPで画像DBを制作しているのですが、画像データーの管理方法で悩んでいます。(最終的には数千件)アドバイス宜しくお願いします。
今はFMPのフィールドにファイル名を記述して画像のあるフォルダから呼び出すようになっているのですが
これだと件数が多くなるにつれて画像の確認が出来ないばかりか登録や管理が大変です。出来ればFMP上で画像が確認出来て
Webに公開出来ればベストなのですが良い方法はありませんか?
公開中のTango2.1βではFMPのPICTを変換してくれるようですがPICTで保存した場合1データ300kになるので
データが多くなった時、検索速度に不安があります。(結構大丈夫なのかな?)
又、FMPでメニューからグラフィック取り込みを選ぶ時に"ファイルの参照データのみ保存"をチェックすると
サムネール表示をしてくれて実際の画像パスだけを保存出来るみたいですがTangoからこのサムネールと
パスを取得して画像フォルダから呼び出す事は可能でしょうか?
それともバトラー等を使った方がいいのでしょうか?

田中求之 さんからのコメント
( Friday, April 25, 1997 21:25:11 )

基本的に、画像のフォーマットは何を使うのですか? JPEG ですか? それとも PICT
ですか? それによって、戦略が異なりますが。

PICT フォーマットの画像のデータベースであれば、いずれの方法を用いるにせよ、
PICT -> JPEG あるいは PICT -> GIF の画像データ変換のプロセスを CGI の
中にいれなければ、Web で画像を公開することはできません。このデータ変換の
ためのツールには ClipToGif などがありますので、これをクエリードキュメン
ト中で呼び出して変換を行わせるようにすれば、ファイルメーカーに直接登録した
PICT のデータを Tango 経由で送りだすことは可能です。

ファイルメーカーの検索速度に関しては、私自身は大量のデータを扱ったことが
ないのですが、検索はタイトルや説明書きに対して行うわけですから、画像の
データでデータベースが大きくなっても、検索速度への影響は少ないと思います。
(このへんは、もっと詳しい方がフォローしてださいね)

前薗 健一 さんからのコメント
( Saturday, April 26, 1997 01:09:26 )

ファイルメーカーは持っていませんが、BD の検索はあくまで key に対して
行われますので、画像データの大きさには依存しません。レコード数には
依存しますが。