このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ルータの選定で意見を聞かせて下さい

発言者:ひろやん!@ぴくせら
( Date Thursday, April 17, 1997 19:29:13 )


ここでお聞きするような内容ではない気がするのですが、お許し下さい。

今回は、ルータを選定する必要に迫られていまして、ご意見を
聞かせていただきたいと思います。

現在、弊社では単一事業所内からインターネットへ専用線で接続しています。
ここに来て別の事業所からも接続したいとの要望が上がって来ました。

要望としては

1、当面は社内LANへリモートLAN接続でも良い(と言うか、
  目的は社内データのやり取りなので、このほうが都合が良い)

2、インターネットメールも利用したいので、現状の社内サーバへも
  アクセス出来るようにする。

3、ネットサーフィン等の場合は近くのプロバイダのNOCへ
  接続できた方が良い。

4、INS64(ISDN)で64kまたは128kで接続する。

5、将来は独自に専用線で接続することも考慮する。

私としては

1、簡単に設定が出来て、管理もしやすいほうが良い。
  出来ればマックから設定できるほうが良い。

2、IPだけじゃなくAppleTalkも流したい。

3、日本語マニュアルやサポートが充実している会社の製品
  同様にソフトウェアのアップグレードが実施されている製品


ルータとしては
アセンド社(pipeline75等)、シスコ社(76x)、ヤマハ社(RT-102i)、
BUG社(Route-101)、3Com社等があるようですが、どのあたりの製品が
評判が良いのでしょうか?
上記のような条件ではどれが適していると思われるでしょう?
オープン価格の物が多いので実際の価格も知りたいです。

今はシスコの2500を使用していますがヤマハのRT-102i等の評判も
良さそうなので、実際に使っておられる方のお話を聞きたいと
思っています。

これとは別に疑問点としては
1、BACPなどでパケットに応じて1B、2Bを切り替えられる
  物は実際に有効なのか?

2、パケットの圧縮などを行なって速度が稼げるのか?
  逆に言うとパケット圧縮は必要条件なのでしょうか?

よろしくお願いします。

きんねこ さんからのコメント
( Thursday, April 17, 1997 21:38:53 )

RT10*i を常用しております。先日社内担当を引き継ぎました。
日本語マニュアル、日本語サポート、ML あり、設定簡単。
ダイアルアップも専用線もok。ファームも定期的にアップデートされます。
でも、アップデートは、tftp クライアントからしかできないので、Mac しかなければ×。
ただ AppleTalk はだめ。AppleTalk パケットを IP でカプセルすればだいじょうぶです。
フィルタもかなり自由に組めるし、安定した IP Masquerade でローカルアドレスからの利用
も安心。スタティックルーティング書いておけば、複数接続先もok。

Pipline も使っていますが、サポートは、代理店によるようです。
設定は、慣れればわかりやすいですが、おすすめはしません。

cisco は 7**系は使っていないのでわかりません。

パケットの圧縮は、機器間の相性でかえって効率が悪化することがあるようです。
実際のところ、やってみてひどかったら外すということかな。

石津@RJC さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 01:02:49 )

事業所が多い場合にはMAX1800+Pipelineをお薦めします。
Ascendは確かに設定はちょっと面倒(それでもCiscoより100倍マシ)ですが
代理店よりもメーカーサポートが迅速で素晴しいです。
ほとんどのケースで1時間以内にメールで返事が来ます。

MAX+Pipelineの組み合わせは強力でAppleTalkルータにはなりませんが
IPルータ+AppleTalkブリッジになりますので、Macのネットワークでも
ダイアルアップで大丈夫です。(ブロードキャストのフィルタリングが
必要ですが)AppleTalkブリッジはYAMAHAでも可能(なはず)です。

MAXやPipelineはJavaコントローラがそう遠くないうちにリリースになる
ようなので、Netscapeとかから設定が出来るようになります。
Ascendのftpサイトにベータ版があります。

重松修 さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 03:35:09 )

私は、値段に釣られてNV1を買いました。
ルータとしての機能を見ると貧弱です。でも、値段はとことん安いです。
AppleTalkは駄目ですね。
Macintoshからの設定は、WWWでできます。
DHCP機能がありますので、IPアドレス管理が楽です。
ただし、近所のプロバイダに繋いで、という部分でLAN型ではないでそうから、
そうなると、NAT機能が貧弱です。(1対1)
これは、次期のバージョンアップで複数に対応するといっています。
フィルタ機能はないです。

あと、BUGのRoute101はMacintoshでGUI設定する専用クライアントがついています。
AppleTalkもOKですが、NV1の3倍します。(RT10*iよりもちょっと高い)
値段以外はMacintoshで使う場合はお勧めです。
NATは1台しか使えないとメーカーはいいますが、うちは同時に3人で試しましたが、
特に問題はなかったです。

シスコ7**は絶対やめたほうがいいです。設定が分からない。サポートも全然役に立たない。
本当のIOSじゃないから、あのルータのコマンドは覚えるだけ無駄です。

SBK さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 08:58:13 )

うちでは、BUGのRoute101を使っています。
おおむね問題はありません。(AppleTalkは、
通すといっていますが、2台使ったことがない
のでわかりません。その変わり、Ether以外に
もLocalTalk端子もあるので、それを使って、
ブリッジの代わり使えたりと、色々できました。
ただし遅い。)

私はネットワーク機器に関しては素人なので、
設定が簡単でマニュアルが親切、ソフトが
ちゃんとした専用アプリケーションで、前時代の
遺物でやらなくてもよいというところが特徴
ではないでしょうか? 設定は実に簡単に終わ
りました。

同時期に買ったAcend PipeLine25は、用語が
難しくて、そのままお蔵入して使っていません。
(近々使う予定なので、気が重い.....)
メルコのLBR64(だったかな)も、それに類する
ほど、簡単ではありませんでした。ただし、
ダイアルアップ端末型接続を、まるでネットワ
ーク接続のように入る機能は、Route101より
もこちらの方が、結局優れていました。Route101
のは、接続が切れると、自動で繋ぎにいってく
れるわけではなく、手で繋ぎ直さなければなら
ないので、ある意味では使いものにならなかった
です。また、Route101のその機能で、会合で
プレゼンに使おうとして、繋ぎっぱなしにして
おいたところ、いつまにか切れていて、繋ぎ直す
のに、結局、Macの再起動からやりなおしたとい
う経験もあります。繋ぎ先は、MeshとInfosphere
でしたが、ある一定の時間以上の接続でなおかつ
なにも信号が流れない状態が続いたので、プロバ
イダー側から切ったのかもしれませんが、それでも、
すぐに繋げ直せなかったのは、痛かったです。

Route101は、接続プロバイダーのルーターが
YAMAHAから他社(T1用のNTT製かな?)に
変更になった際、今までPAP認証していたのを、
CHAPに変更した際、うまく行かず、色々試した
結果、Route101への着信に関しては、相手側の
発信するIDの頭の1文字だけなら認識できるとい
うことがわかった為、26文字しか使えないので、
すぐ破られてしまうから、セキュリティーになら
ないということで断念したことがあります。

私の経験は、そんなところです。お役にたてれば幸いです。

きんねこ さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 09:15:51 )

>AppleTalkブリッジはYAMAHAでも可能(なはず)です。

  はい。ブリッジならできます。

アセンドジャパンって、そんなに対応いいですか?
いつぞや直に問い合わせたら、全員海外出張で不在、
連絡をお願いしたけどナシのつぶてだったので、あ
きらめていました。また、コンタクトしてみましょ
うかね。

#ふつーかもしれないですが、ドキュメント英語だし(^^;。

ひろやん!@ピクセラ さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 09:33:20 )

ありがとうございます。
色々と生の意見が聞けて参考になります。

一応、BUG,YAMAHA,CISCOに資料請求しました。
引き続きよろしくお願いします。

それと、勉強不足で何ですがTFTPって何でしょうか、FTPとは
似て異なるものなんですか?

石津@RJC さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 09:49:10 )

>アセンドジャパンって、そんなに対応いいですか?

過去に経験したメーカーサポートでは最も迅速かつ的確でした。
TechSupportにメールで問い合わせれば、すぐにメールで返事がくるし、
複雑な問題のケースではメールの返事に電話がかかってきます。
当然のようにTechSupport宛メールは複数の方が共有していて、面倒な
説明を何度も要しません。何人かの方に対応していただきましたが、特定
個人がいいというよりも会社の姿勢として評価できます。

最近はトラブルがないのでほとんどお世話になることはありませんが。

>#ふつーかもしれないですが、ドキュメント英語だし(^^;。

これは私も参りました。:-)
Piplineは一応日本語ドキュメントがあるんですがMAXには作る予定すら
ないとゆー。まぁなんとかなりましたけど...。

重松修@ROUTE101ユーザー さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 14:19:53 )

ROUTE101のネットワークTAモードは、クライアントからの要求に応じて
自動接続できますよ。設定が違ってるんだと思います。>SBKさん

ただし、同時に1ユーザーしか使えないとメーカーはいっています。
実際には4人まで試したのですが、問題ありませんでした。

こういう普及価格帯のルータはNAT(色々名前はメーカーで違う)を搭載していますが、
1対1であったり、あるいは、ユーザーの追加はオプションであったりと、
色々ですから、何人で使うかも考えて選んだほうがよろしいかと。

重松修 さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 14:22:39 )

アセンドやシスコの英語マニュアルが嫌なら、OEMを受けているNECは
どうでしょうか?もしかしたら、マニュアルをちゃんと翻訳しているかも。

でも、高そうですね。。。。。

きんねこ さんからのコメント
( Monday, April 21, 1997 13:07:35 )

ソフトウエアジャパンでは、cisco の翻訳やりかかってたみたいだけど、
なくなってしまったしなぁ。

重松修 さんからのコメント
( Monday, April 21, 1997 18:42:35 )

こんにちわ。元ソフトウェアジャパン社員です。(--;)

たしか、あのころはシスコの76Xシリーズは、NATを実装していなかったし、
サポートの問題(要するに、従来とは販売スタイルが違うから、
今までのサポートでは問題がある)から、個人的には反対でしたらから、
全くタッチしていませんでしたが、少なくとも、
独自の翻訳のマニュアルを作っていたって話しは初耳です。

基本的に商社だったので、翻訳をする部署はないので、私の関知する製品の
場合は、(要するに用語の意味がわかるもの)は海外メーカーの翻訳を元に、
作り直していましたが、大抵は、そのままそれを印刷していましたので、
組版も印刷も、そして翻訳のレベルもよろしくはなかったと思います。

その後、どうなったかは退社したので、知る由もないですが、
気になってはいます。

# ちょっと脱線です。すみません。

ひろやん!@ぴくせら さんからのコメント
( Tuesday, April 22, 1997 13:23:22 )

ありがとうございます。
ひとまずはヤマハかアセンドになると思います。
この際AppleTalkは捨ててもいいかなぁと思っております。
ありがとうございました。

きんねこ さんからのコメント
( Wednesday, April 23, 1997 10:21:12 )

マニュアルの翻訳をしていたのは、NetONE でした。
ジャパンというのは間違いです。ごめんなさい。

NEC には日本語マニュアルは付きますが、全訳では
ないとうことでした。マニュアルのみの購入はでき
ないということです。

販社で簡単なマニュアルを付けている例もあるよう
です。
講習会に出るというのも一つの手かもしれません。

社内を探したら、結構日本語の資料がありました。

きんねこ さんからのコメント
( Wednesday, April 23, 1997 10:27:43 )

書き忘れましたが、7**のという訳ではなく、
cisco 全般の日本語マニュアルという話です。