このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Eudora Internet Mail Server

発言者:たまちゃん
( Date Wednesday, April 16, 1997 11:57:01 )


AIMSがEIMS1.1.2と名前を変えて出ています。

正式なアナウンスはまだみたいです。これから動かしてみます。



→  ftp.eudora.com

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, April 16, 1997 12:15:57 )

MacWEEK の記事は本当だったのですね。

今後のサポートが気になるところですが、さてどうなるかな?


よしもと さんからのコメント
( Wednesday, April 16, 1997 12:16:00 )

READMEを読む限りは、AIMS 1.1.1のバグ取りといった感じで、これと言って
新しい機能は追加された様子はなさそうですね。

いずれにせよ、宙ぶらりんだったAIMSの落ち着き先も決まり、今後の展開に
期待したいですね。

たまちゃん さんからのコメント
( Wednesday, April 16, 1997 12:35:57 )

一応バックアップを取って1時間ほどあれこれやってみたのですが、問題なく
動作しているようです。もちろんAIMSの諸設定は引き継がれます。

READMEにfreeware versionと書いてあったので、商品版が出るのでしょう
ね。AIMS2.0になるはずだったものを売ることになるのかな?

北田経樹 さんからのコメント
( Wednesday, April 16, 1997 13:21:12 )

私のところも入れ替えてみました。
A.I.M.S. を止めてE.I.M.S.を動かすだけなのでとても簡単ですね。
以前に「Post Petでエラーが出る」と女の子から文句を言われていたので、トライしてみましたが、こっちはやっぱりだめでした。
Post Petの方の問題かな?

ひろやん!@ぴくせら さんからのコメント
( Wednesday, April 16, 1997 21:23:17 )

私も入れ替えてみました。
あっけないほど簡単に入れ替えて立ち上げ直すだけ!!
しばらくは様子見です。わくわく

重松@Ravi さんからのコメント
( Wednesday, April 16, 1997 21:40:58 )

みなさん、こんにちわ!

私もさっそくインストールしました。
MACWEEKには、「QIMS」という名前で報道されていましたが、「EIMS」という
名前になったみたいですね。

ところで、便乗という訳ではないのですが、以前「AIMSがしゃべるHELOが変?」
というようなことを記憶しているのですが、EIMSでなおったか知りたいのですが、
どうやったら調べられますでしょうか?

# 過去ログをサーチしたのですが、ヒットしませんでした。

石津@RJC さんからのコメント
( Wednesday, April 16, 1997 23:42:26 )

telnetでPort25番でアクセスしてみれば判りますよ。


田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, April 16, 1997 23:44:54 )

>「AIMSがしゃべるHELOが変?」

私はその話は聞いたことがないのですが、AIMSが相手の SMTP サーバーにメールを
送るときに発する HELO がおかしいのですか?

>EIMSでなおったか知りたいのですが、
>どうやったら調べられますでしょうか?

ダミーの SMTP サーバーをつくって見るという手はありますね。NetEvents を
使ってスクリプトでなんとかなると思いますが…


重松修 さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 03:42:28 )

石津さん、田中先生、さっそくありがとうございます。
とりあえず、telnetで試して見ようと思います。

# しかし、いったいどこで読んだのでしょうか?たしか宮武さんとか、
# 参加していた気がするので、FC-LINKだろうか。。。。。

知識が足りないので色々と研究して、報告します。

きんねこ さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 09:02:12 )

こんな話を読んだ記憶は、わたしもあります。
unix からのメーラーで、送付する場合、HELO が出ないから出せないだとか、
HELO でないが送るか、というようなエラーが出るといった内容だったように
思います。

石津@RJC さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 09:53:38 )

># しかし、いったいどこで読んだのでしょうか?たしか宮武さんとか、
># 参加していた気がするので、FC-LINKだろうか。。。。。

たぶんFC日本語SMTPゲートウェイの話をFC-Linkの管理者向け会議室で
した時でしょう。:-)

おがさわら さんからのコメント
( Friday, April 18, 1997 10:54:52 )

eims、私も落として見ました。いやいや、なぁ〜〜〜〜んにもAIMSと
代り映えないですね(あたりまえ)。

AIMSを落として、EIMSを動かすだけなんで、非常に簡単でした。

そうそう、RingTwiceっていうMail Serverを見つけたのですけども、
なかなかいい感じですね。

→  Grant Software Solutions

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, June 01, 1997 14:14:55 )

EIMS のリリースノートがようやく登録されましたね。

これを読むと、細かいところに手を入れていますねぇ。



→  Eudora Internet Mail Server Beta Release Notes

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, June 01, 1997 14:16:55 )

あ、バージョンも 1.2 に上がってます(こっちを先に言うべきだった)



→  Eudora Beta Testing Programs

押田信治 さんからのコメント
( Saturday, June 07, 1997 02:52:51 )

こちら会議室を参考にEIMS1.2b1入れてみました。
AIMS1.1.1よりちょっと早くなってる感じがします。
(PMac610/66)

たまちゃん さんからのコメント
( Saturday, June 07, 1997 23:24:43 )

EIMS 1.2 Beta2が出ました。

以下、Readmeより。

------------------------
Changes from 1.2 - Beta 1
------------------------

-Fixed a bug that would prevent installing EIMS on a system that did not already have EIMS preferences files.

-Fixed a bug where closing connections were not showing up in statistics as being in use.

-Added a timeout of 30 seconds on orderly closes on all ports.  This addresses a problem with email clients that don't issue a QUIT command when no mail is waiting.


→  Eudora Beta Testing Programs

たまちゃん さんからのコメント
( Sunday, June 29, 1997 10:51:13 )

EIMS 1.2 Beta3が出ました。


以下、Readmeより。


------------------------ 

Changes from 1.2 - Beta 2

------------------------


-Added some missing quotes in warning dialogs, just a cosmetic problem,

 some of the warning dialogs had an opening メ but no closing モ around

 addresses or user names.


-Fixed problem with connection statistics changes in 1.2b2. If a

 connection went from opening to closed state directly the connection

 statistic would be decremented when it wasn't incremented. Resulted in

 the connection statistic being smaller than it should be or showing up

 as a negative number.


-Fixed the Ph server so Eudora recognises the addresses returned and

 will let you use the To, CC and BCC buttons. Turns out the results

 returned by the Ph server have to have the right number of spaces in the

 right places for Eudora to recognise the email field.


-Changed all services to dispose of and reallocate connections after a

 timeout. This is another attempt to fix the POP3 deafness problem. It

 turns out that connections were getting stuck in the closed state due to

 a bug in Open Transport. The easiest work around was to dispose of the

 connection and reallocate it after a timeout.


-Fixed the idle mechanism to not kick in while the post office is

 processing large messages. Messages over 16k in size would take longer

 to be processed if there was nothing else happening on the server.


-Changed POP3 server and SMTP client buffers from 4096 to 4380 bytes.

 4096 doesn't fit nicely into typical Internet packets which are 1500

 bytes in size (1460 is 1500 bytes minus the IP and TCP headers). Before

 transfers would go something like 1500 bytes, 1500 bytes, 1216 bytes,

 1500 bytes ... Now all packets are 1500 bytes.



→  Eudora Beta Testing Programs

清 秀紀 さんからのコメント
( Saturday, July 05, 1997 21:22:00 )

はじめまして。
大阪でプー太郎やってます、清 (セイ) と申します。

EIMSのリファレンスマニュアルみたいなものって、
どこかにあるんでしょうか?

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, July 06, 1997 21:17:46 )

オンラインということであれば、英語ですが以下のページが参考になると思います。
( AIMS に関する解説ですが、EIMS でも同じです)


→  PISM: Providing Internet Services via the Mac OS

清 秀紀 さんからのコメント
( Monday, July 07, 1997 22:08:31 )

あ、これってけっこう詳しく載っているんですね。
そのページの存在 (だけ) は知っていたんですが、なぜか、
細かいことは載っていないんだろうとばかり思い込んでいました。

ありがとうございました >田中さん

たまちゃん さんからのコメント
( Wednesday, July 09, 1997 19:00:13 )

EIMS 1.2 Beta4が出ました。


以下、Readmeより。

------------------------ 
Changes from 1.2 - Beta 3
------------------------

-Added registration dialog. This comes up the first time EIMS is
 launched, or any time EIMS is launched and it is 3 days since the last
 time the registration window was open. If a registration is sent in or
 the Never Register button is pressed, the registration dialog will never
 appear again unless you use the menu to bring it up.  When the Register
 button is clicked (or the return or enter key pressed) a registration
 message is given to EIMS to deliver.

-Optimised mail store compaction. When compacting each message, EIMS
 would write the 20 byte message block header, then read a chunk of the
 message, then write a chunk of the message, etc. The write for the 20
 byte message block header is now combined with the first message chunk
 write, this should reduce hard disk thrashing by 50% for messages of
 ~16k or less in size.

-Changed bad sender bouncing to only bounce to postmaster on a 550
 error. One of the changes for EIMS 1.2 is to bounce a message directly
 to the local postmaster if the sender was rejected. EIMS was treating
 all errors to a MAIL FROM command as sender rejections, when often they
 are actually rejecting the SIZE parameter passed with the MAIL FROM
 command. Only a 550 response code is considered a sender rejection now.

-Changed the Ph server to require a space after PH or QUERY to be 
 recognised as a command. This prevents EIMS from treating names that
 start with "Ph" such as "Phillip" as a PH command.


→  Eudora Beta Testing Programs

MAS さんからのコメント
( Thursday, July 17, 1997 08:58:16 )

EIMS 1.2 が7月16日付で出てました。

→  Free Servers from Eudora













                                Free Servers from Eudora













                                Free Servers from Eudora













                                Free Servers from Eudora













       

MAS さんからのコメント
( Thursday, July 17, 1997 09:00:13 )

ごめんなさい。変な風にコメントが入ってしまいました。