このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Scripting(?) MacsBug

発言者:Hideaki Iimori
( Date Saturday, April 12, 1997 07:10:13 )


 タイトル新たに起こしてみました。

》> 解析効率化のために MacsBugに Commandを送る osaxを作ってし
》>まったので、MacsBugが Scriptableになりました。 (^^;;
》
》これって、DebugStr を呼ぶんですか? デバッグ用には便利かも
》しれないなぁ。

 そうです。単に DebugStr()を呼ぶだけですが、DebugStr("msg")
は msgを ";" で始めると MacsBugへの Commandが書けますので 
Script制御できると強力です。
 Frontier or AppleScriptから
  DebugStr(";atb scriptutil a7^.l==8208000e;g")
みたいに A-trapに break pointを張ったり
  DebugStr(";log temp;dm windowlist windowrecord;log;g")
で Front WindowRecordの memory dumpを取ったり
  DebugStr(";g;stdlog;rs;rb")
と Commandを Queingしておいて MacsBugに落ちたら自動的に Crash
解析 Logを diskに dumpした後 rebootする様にもできます。

 MacsBugの1行 Consoleで入力しなくて済みますし、log fileを介
して MacsBugと Frontier間でやり取りすることもできます。

 Macには呪文の世界は無いと思われていますが、MPW Shellや 
MacsBugを使えばすぐ黒魔術の仲間入りです。実はこれが Mac本来の
姿です。  (^^;;

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, April 12, 1997 13:31:28 )

これは便利そうですねぇ。さっそくわたしもつくって試してみよう。

>MacsBugを使えばすぐ黒魔術

魔術の手引き書は買ってあるんですが、なかなかマスターできない
です。

なにかしようとすると、いちいち Help を呼んで調べてから、という
状況です。