このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

NetPresenzのWWWserverが動きません

発言者:エディ
( Date Wednesday, April 02, 1997 09:54:44 )


以前NetPresenzのWWWserverをテストしたときはちゃんと動いたのですが
(Ver4.0.1)、今日NetPresenzをVer4.1にして同様のテストをしたら、
ブラウザにindex.htmlのテキストが表示されてしまい、正しく動作しません。
旧バージョンに戻しても同じ、  Preferenceをバックアップに戻しても同じです。

ブラウザに表示されたindex.htmlは一旦ファイルにセーブして、ブラウザで
これを読み込めば正しく表示されるので、文法ミスとかは無いはずです。

ずっとNetPresenzは使っていなかったので、その間に環境が変わってしまった
のでしょうか。
システムはパワーブック5300ceと漢字トーク7.5.5で、これは以前と同じです。

エディ さんからのコメント
( Wednesday, April 02, 1997 11:43:51 )

自己フォローです。

もしやと思って、InternetConfigのFileMappingsを見たら、
設定がすべて消えていましたので、これを初期設定したら、
うまく行きました(どうしてか分からないけど)。

お騒がせしました(^_^;)。

joyhiro さんからのコメント
( Thursday, April 03, 1997 11:03:02 )

NetPresenzのwww はInternetConfigの「拡張子の対応」をみているようです。
ですから、.htmlや.htmがハイパーテキストだと認識されなくなるのだと
思います。
私も、以前同じ経験があります。いまはQuid Pro Quoに乗り換えました。

joyhiro さんからのコメント
( Friday, April 04, 1997 17:59:30 )

NetPresenz附属のドキュメントにもありましたね。
設定を保存しなければNetPresenzは拡張子をファイルタイプやクリエータ、MIMEファイルタイプに関連づけることはできませんし、WWWやFTPで転送されたファイルは正常に表示されません。

エディ さんからのコメント
( Monday, April 07, 1997 09:54:37 )

joyhiroさん、コメントありがとうございます。

  >>NetPresenz附属のドキュメントにもありましたね。
お恥ずかしい。ドキュメントを良く読んでから質問すべきですね。

NetPresenzは臨時のFTPサーバーとして使います。
WWWサーバーは別のMacでWebStar2.0を動かしています。