このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Phantom 2.0

発言者:田中求之
( Date Sunday, March 23, 1997 22:37:02 )


私のサーバーでサーチエンジンに用いている Phantom の 2.0 がリリース
されました。

Robot が高速になっていたり、設定管理が Web で行えたり、あるいは Agent
といって、設定したページなどに更新があった場合はメールで知らせてくれる機能
などが追加され、なかなか意欲的なアップグレードになっています。

しかし、残念ながら Robot が仕事中に Type 1 のエラーを出してクラッシュ
するんですよ、私のところでは( LC575 + Sys 7.5.5 )。

Robot は夜中に自動運転させますので、こいつがクラッシュするようでは
使いものにならないので、とりあえず、このサーバーのサーチエンジンは
1.1 のままにしました。

日本語システムで立ち上がらない等の、日本語環境非対応ぶりは相変わらず
のようです。PPC 版を PM8100 + MacOS7.6J で動かそうとしたら、
見事にぶっとびました。

やれやれ。

→  Phantom (Maxum)

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, March 30, 1997 00:35:55 )

Phantom 2.0 を自宅の Quadra840AV + MacOS 7.6J で動かしてみたら、
なんとちゃんと起動して、設定もでき、試しに走らせた Robot も動きました。

う〜む、今回のバージョンから、日本語システムでも大丈夫になったのかな?
本格的なテストは行ってませんが(ダイアルアップでテストするにはつらい)、
使えるのかもしれません。

MacOS 7.6 だといいとか、細かい条件が付きそうな気はしますが。


田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, April 01, 1997 16:23:23 )

その後も Phantom 2.0 のテストを続けていますが、やはり不安定なのが
一番の問題です。

日本語システムでも起動できるようになったようですが、すぐクラッシュ(ハングアップ)
します。

ただ、動いているときの処理はむちゃくちゃ高速で、かつ機能も豊富。それだけに
ちょっと悔しい…

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, June 19, 1997 00:50:50 )

日本に何人ユーザーがいるんだろうか?という Phantom ですが(笑)、2.0.1
がでました。基本的には Bug Fix です。

ただ、2.0.1ベータの段階でも、相変わらず不安定( 68マシンで不安定なことは
開発者側も認めていた)だったので、どこまで使い物になるか心配です。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, June 19, 1997 20:22:34 )

やっぱりだめでした。 Quadra800 + Sys7.6.1 で 2.01 を動かしてみましたが
途中でハングアップするか、type 10 のエラーで死にました。

使い物にならんなぁ。

しかし、68用のものがこの程度のできで、よく正式版のリリースになったもんだ…