このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

MacHTTPでアクセスカウンタを自前実装するには

発言者:モリヤ
( Date Friday, February 28, 1997 05:40:29 )


 はじめて参加させていただいています。早速の質問で恐縮なのですが,
よろしくお願いします。
 2日ほど前に,唐突にMacでWebサーバを立てることになり,MacHTTPを入
手して,htmlファイルを書き始めました。その過程で,FORM等のインタラ
クティブ技はともかく,アクセスカウンターだけは付けたいということに
なりました。ですが,NetCloakはちょっと高くて手がでないので,何とか,
自前実装しようと思って,ここのWeb Scripting Lab等のページから,わ
からないながらも自習して,AppleScriptを使ってcgiを作ってみたりしま
した。
 現在のところ,MacHTTPで指定している各ディレクトリのデフォルトファ
イル(INDEXファイルというのかしら)に対しては,一応,カウントが表示
できるようになったのですが,その他のページには表示できません。具体
的には,
  http://myServer.xxxx/count.cgi$home.html
としてcgiを呼んだときに,"home.html"というファイルネームがcgiに渡せ
るようになりさえすれば良いと思うのですが,なんとかして,MacHTTPでこ
の情報をcgiに渡す方法はないものでしょうか。
 なにぶん,初心者なので,なんだか的外れな質問をしているかもしれませ
んが,ご容赦下さいませ。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, February 28, 1997 07:51:32 )

MacHTTP の場合は、path_args を使うと、CERN proxy 経由でアクセスの
ユーザーの場合に不具合がでる可能性がありますので、

 http://your.host/count.acgi?home.html

というように、http_search_args でページ名(ページの相対パス)を
渡すように作った方が安全だと思います。

以下のページに includer という、search_args で指定したファイルを
処理する CGI のサンプルが登録されています。これを参考にしていただければ
カウンターを作れるのではないかと思います。

なお、念のために言っておきますが、フリーウェアの Quid Pro Quo という
Web サーバーを使えば、ページカウンターは最初から付いてきます。しかも、
MacHTTP より格段に高速です。MacHTTPにこだわる必要がないのであれば、
こちらに切り替えた方が良いと思います。 Server Side Include で、カ
ウンター以外にも、いろいろとページに仕掛けが施せますし。

→  CGI Kit 1.3

モリヤ さんからのコメント
( Friday, February 28, 1997 19:43:38 )

 田中様,早速のレスありがとうございます。
 早速includerを入手して,調べさせていただきました。なるほど,こーゆー
ふうにするんですか。どうもありがとうございます。今日中にやってみようと
思います。
 Quid Pro Quoに関してですが,α板を紹介していたページに,長時間連続し
て運転するとハングしたりする可能性がある旨が書かれていました。私のとこ
ろでは,あまり頻繁にWebサーバーを管理する時間が取れる予定がない(今は比
較的暇なのですが)ので,長時間運転に難があるのであれば避けたいなぁと思っ
て,とりあえずMacHTTPでやってみている次第です。せっかくAppleScriptにも
なれてきたことだし‥‥。
 現行バージョンでは,そこらへんの問題は解決されているのでしょうか。も
し,そうでしたら,いずれ乗り換えることになるでしょう。(でも,そうだと,
MacHTTPにレジストレーションしたのは早計だったかなぁ。私には結構高い買
い物だったんだけどなぁ‥‥。)
 何はともあれ,どうもありがとうございました。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, February 28, 1997 21:50:27 )

Quid Pro Quo ですが、すでに 1.0 正式版がリリースされています。
メモリーを多めに割り当て、Plugin を必要以外のものは入れないよう
にすれば、非常に安定して使えます。

私のサイトでもセカンドサーバーとして QPQ 1.0 を動かしていますが、
1.0 になってから1度もクラッシュしていません。

MacHTTP のユーザーになられたのなら、WebSTAR へのアップグレード
を考えるのも(資金に余裕があれば、ですが)よいかもしれません。