このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

AppleScriptのオーバーフローエラー

発言者:吉田 安秀
( Date Tuesday, January 28, 1997 15:53:33 )


AppleScriptのファイルを開こうとしたところ、

AppleScript のスタックあふれ(オーバーフロー)が起こりましたので
ファイルの読込みができません。

というエラーメッセージを表示して、ファイルが開けなくなってしまい
ました。
コンパイル済みスクリプトで保存していたため、エディタ等でも開くこと
が出来ません。

なんとか開く方法は無いでしょうか。
ご存じの方がいましたら宜しくお願いします。


田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, January 28, 1997 16:32:56 )

スクリプトエディタ(スクリプト編集プログラム)に割り当てるメモリーを
増やしてみてください。

>コンパイル済みスクリプトで保存していたため、エディタ等でも開くこと
>が出来ません。

ResEdit で scrt リソースを開いてスクリプトを読み出すという荒技も
あります( ResEdit 用のテンプレートが必要だったと思います)。

吉田 安秀 さんからのコメント
( Tuesday, January 28, 1997 18:28:38 )

いつもお世話になってます。

早速、メモリを増やしてみましたが、結果は同じでした。
最終的に100Mまで増やしたんですが...。

 scrt リソース にはそれらしきデータが入っていたので、ここから
取りだそうと思います。このテンプレートはどこかで手に入れることは
出来るのでしょうか。

今後は必ず、テキストでも保存するように心掛けます。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, January 28, 1997 19:29:15 )

コンパイル済みのスクリプトを開くときには、スクリプトをコンパイルしますので
この時点でエラーが出ているのでしょう。

scrt リソースを開くためのテンプレートは Apple の Developer 用の ftp サイト
(場所は忘れました)に登録されていると思います。私は Developer CD で手に入れ
たのですが…


吉田 安秀 さんからのコメント
( Wednesday, January 29, 1997 12:53:07 )

Developer 用の ftp サイト(だと思う)をあれこれ探していたら、

ftp://ftp.apple.com/devworld/Development_Kits/AppleScript/Development_Tools/

の中にファイル Tools_Goodies_1.sit というのがあり、その中に、

ResEdit 'scpt' Editor

というリソースがありました。
これをResEditに入れて、問題のスクリプトファイルを開くと
元のスクリプトが同じように表示されました。
日本語のコメントもちゃんと表示されました。
この内容をコピーして無事復活させる事が出来ました。

田中先生、いろいろとありがとうございました。
これでやっとスクリプトの修正にとりかかれます。

→  AppleScript/Development_Tools

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, January 29, 1997 14:38:01 )

無事にスクリプトが拾い出せてよかったですよね。

私は Run-Only (この場合はスクリプトはリソースでも保存されない)でセーブした
大切な CGI をクラッシュで壊したことがあります。このときは、結局、ゼロから
作る羽目になりました (^_^;;

それ以来、スクリプトは必ずテキストファイルでバックアップをするようにしてます。