このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Tango for FMProの日本語での検索の問題点

発言者:山崎賢二@鳥取大学医学部図書館
( Date Monday, January 20, 1997 14:58:19 )


図書館の図書目録をWebで検索してもらおうとTango for FMProを購入して
使ってみました。ところが、日本語のキーワードの前方一致検索の設定で
作成しても、検索キーを見るのでなく、「含む」検索のように文字列を全部
見てしまうため、時間がかなりかかってしまいます。
付属のドキュメントには日本語のキーワード検索には問題があると書いて
ありましたが、現状ではしかたないでしょうか。
それとも僕が何か勘違いしているのでしょうか。
これまでここで教えてもらったAppleScriptを使ってFMProの図書目録を
提供していましたが、ひとつのファイルのデータ件数が数千件が限度でした。
それでTangoに期待していたのですが。




→  鳥取大学医学部図書館

児玉@Gallery GOGAKU さんからのコメント
( Monday, January 20, 1997 18:02:54 )

>>日本語のキーワード検索には問題があると書いて
>>ありましたが、

製品版(1.6.3J)+FileMaker3.0Jで確認したのですが、日本語云々というよりも
start with,end with,containsでのワイルドカードの使い方が???です。

サポートに確認してみます。

#マニュアルちゃんと読みました?とか言われそう ^^;

児玉@Gallery GOGAKU さんからのコメント
( Tuesday, January 21, 1997 11:13:42 )

サポートより回答を得ることが出来ました。

Tango for FMのバグであり、Web上で告知するとのことです。

ちなみに、検索フィールドにFM3.0Jでの検索条件を直接入力
すれば旨く動いてくれます。

ex:前方一致:「=="検索キーワード"*」
    含む:「==*"検索キーワード"*」

児玉@Gallery GOGAKU さんからのコメント
( Tuesday, January 21, 1997 11:18:56 )

何度もすみません ^^;

end with「==*"検索キーワード"」は旨く動きませんでした。

山崎賢二 さんからのコメント
( Wednesday, January 22, 1997 13:11:54 )

児玉さん、ありがとうございます。
FMの普通のキーワード検索では、「索引キー」を「前方一致」で検索してくれます。
Tangoの「前方一致」もそれと同じかと思っていたのですが、バグなのか、もともと
フィールド文字列を全て見て検索する仕様なのか、よくわからなくなりました。
今のところ索引キーで検索するのは、 = を使うときだけではないでしょうか。
それだとすぐに結果を返してくれます。でもその場合、索引キーと完全一致
するものだけを検索しますので、ちょっと不満です。
バグなら修正版が早くでるのを待ちたいと思います。
これからもいろいろ教えてください。

→  鳥取大学医学部図書館