このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Sonic インターネットサーバ日本語版

発言者:たまちゃん
( Date Monday, December 23, 1996 13:01:33 )


たまちゃんです。Sonic インターネットサーバの日本語版がいつのまにか出て
いたようですね。各コンポーネントが78,000円也、5 種のサーバのバンドル
パッケージが198,000 円也でやはり高いですね。

30日間限定のデモ版が明日24日(火)よりダウンロード可能となっているよう
です。


→  株式会社メイトリックス

田中求之 さんからのコメント
( Monday, December 23, 1996 23:26:45 )

>各コンポーネントが78,000円也

うげぇ。

まぁ、企業のイントラネット用のパッケージとして売り込むつもりでしょうねぇ。
この値段で Web サーバーや DNS サーバーを買うやつなんていないだろうから。

唯一 DHCP サーバーだけは、今のところ Sonic のしかないと思うけど…

菱田禎弘  ポセイドン さんからのコメント
( Tuesday, December 24, 1996 01:54:36 )

これだけ高価であると、ほかのプラットホームのフルセットのほうが、
かなり、安く揃えられる(カタログスペック上で)ので、
本当にこの値段で、売れるのだろうか?

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, December 24, 1996 15:08:38 )

Web 単体の値段で言うと、WebSTAR も同じくらいなのですが、機能の点では、
私が試した限りでは、WebSTAR 2.0 の方がよいです。また、Quid Pro Quo
も、いよいよ 1.0 GM まできていますので、こちらを使えば、ただですから
ねぇ。

しかし、各種サーバーの管理が一つのアプリケーションで行えるということと、
(おそらく)日本語のちゃんとしたマニュアルがつくという事、さらにはメーカーの
ある程度のサポートも期待できる、といった点を考えると、セット全体での
需要は、企業などではあると思います。DHCP サーバーも入っていますしね。

日本の販売店から買えるということと、価格が20万を切っていると
いうことで、決済などには便利だということもあるでしょう。


田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, December 24, 1996 15:10:22 )

>ほかのプラットホームのフルセットのほうが

コストパフォーマンス(管理の手間は除く)でいうなら、PC 互換機で
Linux か FreeBSD を走らせるのが、たぶん、ベストでしょうねぇ。

たまちゃん さんからのコメント
( Wednesday, December 25, 1996 10:50:07 )

》コストパフォーマンス(管理の手間は除く)でいうなら、PC 互換機で
》Linux か FreeBSD を走らせるのが、たぶん、ベストでしょうねぇ。

だと思っていたのですが、Workgroup Server 7250/120 16MB/HD2000/
8xCD/AISS が教育価格で26万円余りで買えます。WebSTARを含め、あれ
だけ天こ盛りのソフトが入ってこの値段ですから。メモリーをあと64MB
増設しても30万円余りで買えます(通常価格は4万円プラスくらい)。

#でも値段だけをみるとやっぱり負けるかな。(^^;;

 それと、このようなすばらしい会議室や素敵なプログラムに巡り会える
ことを考えたら、一押しだと思うのですが。

#WebSTARをアップグレードしてくれるのなら、なおいいのになあ、とため息。