このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

LetterRip (リストサーバー)

発言者:田中求之
( Date Saturday, December 21, 1996 18:01:53 )


FogCity Software というところから、新しいリストサーバー LetterRip の公開ベータ
版が出ています。

リストサーバーというのは、メーリングリストを運用するためのサーバーソフ
トウェアです。

この LetterRip は SMTP の機能を自分で持っているタイプですので、ML用の
アカウントなどは自由に作れますし、また、メールの配送も直接この LetterRip
が行います。

そのかわり、AIMS のようなメールサーバーと同じマシンで使うことはできません。

詳しいドキュメントも付属しますし、設定のインターフェースもよくこなれている
と思います。

ただし、実際にMLを運用したりはしていませんので、日本語のメールでどのような
問題が起きるのかと言ったことは不明です。


→  LetterRip (FogCity Software)

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, December 22, 1996 22:18:46 )

これ、マニュアルが丁寧で分かりやすいです。

Mail-On-Demand などには使えないなど、ListSTAR に比べたら機能は劣りますが
Mailing List の運用には十分でしょう。

なお、日本のMLで良く見られるような、ヘッダーにML名(または略称)を埋め込む
機能などはありません(あれって日本独特のような気もしますが)。

奥羽秀一 さんからのコメント
( Wednesday, December 25, 1996 18:15:09 )

はじめまして。
LetterRip早速試してみましたので少しだけリポート&質問を。

確かに設定は解りやすく、簡単に設定できました。
LC630で運用していますが、メールの取りこぼしが多いようです。
DNSには登録せず、IPアドレスのまま(例:requests@[123.456.78.9])です。
96/12 13:13:54 [167] - smtp recv: connection opened
96/12 13:18:02 [167] - smtp recv: ERROR!! the connection was prematurely closed (-32004)
みたいな感じでタイムアウト起こすことがかなりの頻度であります。
タイムアウトの時間を長く設定しても同じでした。

うまくいくときは、helpのrequestを送った場合でも
96/12 12:34:25 [135] - smtp recv: connection opened
96/12 12:34:26 [135] - smtp recv: receiving mail from: ****@***.**.**
96/12 12:34:26 [135] - smtp recv: receiving mail to: requests@***.**.**
96/12 12:34:32 [135] - smtp recv: receiving mail 795 bytes
96/12 12:34:34 [100] - processing: message from <****@***.**.**> - help command
96/12 12:34:34 [135] - smtp recv: connection closed
96/12 12:34:34 [141] - smtp send: looking up domain: ***.**.**
96/12 12:34:35 [141] - smtp send: opening connection
96/12 12:34:37 [141] - smtp send: sending to: ****@***.**.**
96/12 12:34:38 [141] - smtp send: sending mail 1525 bytes
96/12 12:34:39 [141] - smtp send: closing connection
てな感じで快適なんですけど。
ListServer試したのは初めてなので良く解らないんですが、こんなもんなんですか?
やっぱりベータだからなんでしょうけど・・・。
日本語に関しては別に問題ないような気がします。
subject・本文とも文字化けなどはありませんでした。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, December 25, 1996 19:50:25 )

LC630 で運用とのことですが、どのようなシステム環境ですか?

タイムアウトのエラーというのは、OpenTransport がらみのエラーかな?


奥羽秀一 さんからのコメント
( Wednesday, December 25, 1996 22:15:51 )

すみません、LC630 12MB KT7.5.1+OT1.1.2です。
事情があってKT7.5.1はバージョン上げること出来ません。
あるソフトが動かなくなるもので(^_^;;。
KT7.5.3 CDからOT1.1Jインストール後、OT1.1.2をインストール。
日本語の初期設定(TCP/IP初期設定)は捨てています。
RAM Doubler1.6.2J入れているんですがこいつが怪しい?
IIJに64K専用線接続しています。
メールサーバはSun、そちらのメールサーバはルートしない設定にしました。

その後様子見た所、タイムアウトエラーの頻度はやや下がったものの、やはり5〜6通に
1通ぐらいはタイムアウトエラーになります(Incoming Time outは現在120秒)。
LetterRipのメモリ割り当てはデフォルトのまま、Incoming connections/
Outgoing connectionsもデフォルトのままです。
現在3つのMLを運営中で、メールの頻度は複数メールが同時にポストされることは
無いくらいのものです。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, December 26, 1996 11:27:36 )

>RAM Doubler1.6.2J入れているんですがこいつが怪しい?

もしシステム側の問題であるとすれば、確かに怪しいのは RAM Doubler でしょうね。
RAM Doubler や仮想記憶は、サーバーではなるべく使わない方がよいですから。
(場合によってトラブルを引き起こすようです)

もっとも、LetterRip 自体の問題の可能性も否定はできませんが。
LetterRip のメーリングリストもあるようですから、参加されて情報収集につとめる
のがよいでしょうね。

奥羽秀一 さんからのコメント
( Thursday, December 26, 1996 13:08:35 )

わかりました。まずはメモリ増設ですかね(^_^;;
あ、ひとつ忘れていましたが同じマシンでPalaceのサーバをたちあげているのは問題でしょうか?

LetterRipのメーリングリストすでに入ってみているのですが、未だにメールが流れてきたことは
ありません(T_T)
ありがとうございました。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, December 26, 1996 20:03:49 )

LC 575 で LetterRip を動かしてみましたが、私のところではメールの取りこぼしは
起きないようでした。もっとも、テストのメールを何本も送っただけで、実際にMLを
運用したわけではありませんが。

( LC 575 36M, Sys7.5.5+JLK, OT 1.1.1 という環境です)

実際に試してみると、やっぱ、簡単にMLが運用できるようになっているのを感じました。
贅沢な機能はありませんが、必要なものがすっきりとまとまっているといった感じですね。


奥羽秀一 さんからのコメント
( Saturday, December 28, 1996 09:01:20 )

無知な頭で考えて、一つふと思ったんですが、LetterRipはSMTP対応と言うことですが、
POP3のみ対応のメーラー(Winbiff)から送ったユーザーは受け付けられていない(多分タイムアウト)
との報告でした。
UNIXのサーバを通してメール送る設定にはしているのですが、ここら辺が問題なんでしょうか?
RAM Doublerもはずし、メモリの割り当ても5MBに増やしてやったのですが、タイムアウト頻発して
います(T_T)
12/28 02:02:51 [129] - smtp recv: connection opened
12/28 02:04:51 [129] - smtp recv: ERROR!! the connection timed out (-32000)
12/28 03:02:52 [129] - smtp recv: connection opened
12/28 03:04:52 [129] - smtp recv: ERROR!! the connection timed out (-32000)
12/28 04:02:52 [129] - smtp recv: connection opened
12/28 04:04:52 [129] - smtp recv: ERROR!! the connection timed out (-32000)
こんな感じ。

やっぱAIMS+AutoShareに変えないとダメですかね?
上記の組み合わせで、サーバ名をDNSに登録しなくても動作しますか?

おっしゃるとおりLetterRip使いやすいのでこのまま使いたいんですけど。
LetterRipのMLに流れた情報では、Priceは、normal price $295で、1月末までは$195
だそうです。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, December 28, 1996 13:22:27 )

>POP3のみ対応のメーラー(Winbiff)から送ったユーザーは受け付けられていない

これ、どういうことでしょうか?

>UNIXのサーバを通してメール送る設定にはしているのですが

関係ないとは思いますが…


>LetterRipのMLに流れた情報では、Priceは、normal price $295で、1月末までは$195
>だそうです。

適切な価格かなと思います。ただし、トラブル無しで動けば、ですが (^_^;;

なお、先日、クラリスメール(もともと Fog City が開発したもの)を使ってみる
機会があったのですが、インターフェースなどが、確かに、同じような雰囲気でした。
LetterRip も、そのうち、クラリス・リストになったりして(笑)

奥羽秀一 さんからのコメント
( Sunday, December 29, 1996 13:32:24 )

LetterRip1.0b4がリリースされました。b3と同じく1997.1.31までの期限付きです。

→  ダウンロードページ

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, January 07, 1997 20:13:55 )

LetterRip の製品版がリリースされたようですね。