このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

WebSTAR 2.0 リリース

発言者:田中求之
( Date Wednesday, November 20, 1996 12:53:51 )


WebSTAR 2.0 がリリースされた模様です。以下に StarNine からのアナウンスを
転載します。

======

Dear WebSTAR User,

We are proud to announce the availability of WebSTAR 2.0!  This major
upgrade of WebSTAR offers huge speed increases and sports a numerous set of
new features.  Bundled with your upgrade to WebSTAR 2.0, you'll also
receive WebSTAR/SSL for for client-server encryption (Digital ID required),
plus hundreds of dollars worth toward discounts off a wide variety of
WebSTAR add-on products.

WebSTAR 2.0 Features:
-Performance Increases: More than twice as fast as WebSTAR 1.3.1.  Improved
server performance is achieved through file information, data caching and
multi-threaded connection processing, enabling WebSTAR 2.0 to support
millions of connections per day.

-Java Virtual Machine:  Server-side Plug-Ins can now be written in Java
(TM).  WebSTAR 2.0 is one of the first servers on any platform to support
it's own Java Virtual Machine.

-Browser Based Remote Administration: Allows for convenient monitoring and
configuring of multiple servers via a browser based graphical or text-only
interface.

-Server Side Includes: Supports the standard Unix implementation plus
additional support for page counters, HIDE and SHOW commands, W*API
parameters and embedding of HTML files and return results from CGIs and
Plug-Ins.

-HTTP 1.1 KeepAlive: Allows multiple requests to be sent over already open
connections.

-Directory Indexing: WebSTAR 2.0 now supports the display of directory
index items, including support for custom Photoshop icons.

-Image Map Processing: Handles image map processing without requiring an
external CGI application.

-HTTP File Upload: For easy browser based uploading of files across the web.

-Auto BinHexing: BinHex MacOS based files on-the-fly.

-Integrated Byte Serving: Allows clients to quickly view Acrobat PDF files
within the browser even while the file downloads.

-Email Engine: Enables you to send email to an SMTP server via a web page.

-New Logging Formats: Improved customizable logging, including support for
the Common Log Format and Extended Common Log Format standards.

-Better Security: Supports of Allow/Deny on a Realm by Realm basis.
Handles up to 10,000 Realm entries and importing and exporting of Realm
database files.

-More: See the WebSTAR page at <http://www.starnine.com/webstar/> for more
information.


Upgrading to WebSTAR 2.0
If you're a registered user, you can upgrade online (please have your
serial number ready) at <http://www.starnine.com/upgrade/>, or download a
free evaulation copy at <http://www.starnine.com/webstar/>.

The cost to upgrade is specially priced at only $149.00 (regularly
$199.00). Educational pricing is only $99.00 (regularly $149.00).

Developers: For an additional $99.00 (or $79.00 educational), also receive
Natural Intelligence's Roaster environment for writing your own Java
Plug-ins. All offers good until December 31, 1996.

Thank you for your interest in WebSTAR 2.0, the most complete and powerful
Web server available for Mac OS.  We hope you find WebSTAR 2.0 the most
exciting version yet!

Sincerely,

StarNine, a Quarterdeck Company



→  Order WebSTAR 2.0 Upgrade

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, November 20, 1996 13:03:55 )

…さっそくオンラインでアップグレードも申し込みをしようとしたら、
最後の段階(おそらく支払方法を指定するページ)で Access Denied
が出てしまいました???

う〜む


田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, November 20, 1996 17:49:35 )

…と思っていたら、StarNine からエラーが出てごめんねというメールが
届きました。

再度申し込みをやってみたら、今度は無事に受け付けてもらえました。

個人資格のアップグレード料が $149 で送料が $40 で、トータルで $189
でした。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, November 20, 1996 18:17:05 )

アナウンスで触れられている WebSTAR 2.0 の改良点について
ざっと超訳 (^_^;; しておきました。

●パフォーマンスの向上:
v1.3.1の2倍以上のパフォーマンスを実現しました。ファイル情報やデータの
キャッシュ機能、マルチスレッドによる接続処理などによってパフォーマンスが
向上し、1日に数百万というアクセスもこなせます。

●Java のヴァーチャルマシンを実装:
これによってサーバー側の Plugin を Javaでプログラムすることが可能です。

●リモート管理機能を搭載
ブラウザによるサーバーのモニターや設定の変更が可能になりました。

●Server Side Includes のサポート

●HTTP 1.1 の KeepAlive 接続をサポート
複数のデータを1つのコネクションで送る KeepAlive 接続(HTTP1.1 で盛り込ま
れた規格です)をサポートしていますので、対応しているブラウザには効率的に
データが遅れることになります。

●ディレクトリ一覧機能をサポート
ディレクトリ(フォルダー)内のページの一覧を表示する機能をサポートしまし
た。

●クリッカブルマップ処理機能を内蔵
クリッカブルマップを処理する機能を内蔵しましたので、CGI は不要になります。

●ファイルのアップロード機能に対応
HTTP プロトコルによるファイルのアップロード機能に対応しました。Web ブラウ
ザによるファイルのアップロードが可能になります。

●自動 Binhex 変換機能をサポート
Mac のファイルを自動的に Binhex に変換して送り出す機能をサポートしました。

● Byte Serving 機能に対応
データの内から指定された範囲のみを送り出す Byte Serving 機能に対応しました
(HTTP1.1 で盛り込まれたもので、PDF ファイルの送り出しなどに使われま
す)。これによって、Acrobat PDF ファイルをページ単位でブラウザするサービ
スを提供できることになります。

●電子メール処理エンジンを内蔵
SMTP server にメールを送る機能をサーバーが内蔵しました。これによって、簡
単にメールの発送が行えることになります。

●新しいログフォーマット
the Common Log Format や Extended Common Log Format といった他で広く使わ
れているログのフォーマットに合わせることが可能になるなど、カスタマイズが
より広く行えるようになりました。

●セキュリティ機能の向上
Realm (保護領域)の中で Allow/Deny の設定を行うことが可能になりました。ま
た、1万までの Realm の登録が可能なほか、登録データベースの読み込み・書き
出しが可能になりました。

などです。

ishiter さんからのコメント
( Wednesday, November 20, 1996 21:00:16 )

日本語版はいつになるのでしょうかね?

usui , seiichi さんからのコメント
( Wednesday, November 20, 1996 21:43:30 )

日本語版ユーザーは、しばらく恩恵にあずかれそうにないぐらいに
機能アップしてますね。学生でいるうちにでてほしいです。

谷本@わくわくネット さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 00:02:21 )

さっそく、デモ版をダウンロードしてみました。
結構機能アップが激しいですね。
1.3.1からは簡単に変更できました。テストサーバーを立てていますので、
よろしかったら見に来てください。

EasyBBS++もちゃんと(?)動いています。

→  わくわくネットテストサーバー

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 00:33:03 )

意外と速かったですね。リリース。:-)
アップグレードの申し込みをしようとしたら、なかなかつながりません。
store5は落ちてるのかなぁ?

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 00:54:03 )

>アップグレードの申し込みをしようとしたら、なかなかつながりません。
>store5は落ちてるのかなぁ?

みんなが殺到しているのでしょうね (^_^)

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 00:58:34 )

やっとこさダウンロードできた WebSTAR 2.0 Evaluation copy を調べたおしている
ところですが、かねて言われていたように、新機能は基本的に Plugin で実装されて
いますね。

Plugin フォルダーの中がギッシリ詰まってます。


石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 10:17:35 )

今朝はちゃんと接続できたので、申込してきました。
12月末までのテンポラリーシリアルNoを発行するというのは、なかなか
にくい演出ですね。

残念ながらWebStar/SSLのパッケージのシリアルは受け付けてくれません
でした。2.0にはSSLバンドルなのになぁ?
日本向けのシリアルはやっぱり通らないですかね?試さなかったけど。

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 12:12:11 )

私もデモサーバを立ち上げてみました。
スピードが格段に上がってますね。MacTCPでもOpenTransportのマシンと
変わらない体感速度が得られます。
機能も本当にいっぱいになってドキュメントを読むのが大変です。:-)
SSIはとてもうれしいので、早速使っていこうと思います。

ところでこのデモサーバ一旦終了してすぐに再起動させるとフリーズしま
せんか?

谷本@わくわくネット さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 12:23:44 )

僕のところのサーバーではすぐに再起動させてもフリーズしません。
今のところは安定している様子です。

WebSTAR本体を日本語化するよりも、Plug-inを対応させるほうが大変そうで
すね。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 12:59:12 )

このサーバーも、まもなく 2.0 に取り替えます (^_^)

WebSTAR 2.0 インストール時の注意点として、漢字Talkで使用中のサーバーに
インストールを行うと、AppleScript 英語版を追加インストールしてしまいます。
このため、AppleScript が2つインストールされてしまうという問題を生じます
ので、気を付けてください。

サーバーが漢字Talkの場合は、インストール終了後、システムフォルダーの
「機能拡張」フォルダーの中から、英語版の AppleScrupt を削除するのを
忘れないでください。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 16:22:29 )

GET Method でのパラメーターの扱いが変わってしまってませんか?

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 16:23:02 )

POST なら大丈夫なのか…

う、こいつは困った

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 16:58:33 )

変なメッセージを書き込んでしまいましたが、WebSTAR 2.0 で FORM ページを
処理するときに、GET で渡された http_search_args は、デコードされなく
なっています。つまり、URL 形式のまま CGI に渡されるようです。

ですから、検索などで METHOD=GET を使用している場合、CGI の方で
search_args をデコードしてやる必要があります。この点は注意が
必要です。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 17:07:46 )

このサーバーも 2.0 に移行しました。

Web ブラウザーによるリモート管理は便利ですが、このページ、ブリブリに FRAME
を使ってますねぇ。


あと、KeepAlive の実験をしようとしたら、やたらと Netscape が Broken pipe
エラーを連発するという症状が出ました。

他の機能はこれから順次試して行くつもりですが、拡張された機能は Plugin に
なっていますので、設定がやや煩雑ですねぇ。

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 17:40:24 )

フリーズの件はどうも一回だけだったようです。
現在は問題なく動作していますので、いきなり会社のメインサーバを2.0に
してしまいました。たしかserach_argを指定したcgiは現在動かしていない
はずなので、たぶん問題はないかな?

Pluginでの機能の実装だから、リリースが早かったんでしょうね。
まぁまぁリモート管理もいいんじゃないかと思います。
ちょっとフレームにはこりすぎている気はしますが。

日本語化でメール送信がちゃんとコード変換までしてくれると嬉しいですね。
ファイル転送機能は2byteデータに対応していない気がするのですが、どうで
すか?
全てではないですが、送信したデータで文字化けが見られました。
何か設定があるのかな?

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, November 21, 1996 17:55:17 )

WebSTAR 2.0 の紹介ページ(といっても、とりあえず画面ダンプだけですが)
を作っておきました。

→  WebSTAR 2.0 紹介

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, November 23, 1996 02:15:29 )

2.0 に変えてみたら、ほぼ1年半ぶりに、サーバー自体がシステムエラーを
出すのを食らってしまいました。原因は不明です。おそらく Data Cache の
設定か、KeepAlive に関係ありそうなのですが。

昨夜の11時から、先ほど2時までアクセスできない状態になっていたのは
そのためです。

う〜む。原因究明までには、ちょっと時間がかかりそうだなぁ。
とりあえず、使わない Plugin は抜いておいたほうが安全かな?

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, November 23, 1996 16:25:51 )

いろいろと試していますが、私のところでは KeepAlive enable の状態では
何かと問題が起きるようです。接続して大きめのページにアクセスすると、
Netscape が Broken pipe を出してアクセスを打ち切るという症状が
見られます。

これとは別に、今回からキャッシュが2系統搭載されたわけですが、デフォルトで
搭載されている File Info Cache が、ページが更新されているかどうかを
チェックしているタイミングが???で、更新直後に CONDITIONAL_GET で
アクセスをかけると、NOT MODIFIED という Status を返す(結果として
ブラウザに残っている古いページが表示される)ようです。

定期的に File Info Cache をクリアするオプションもあるのですが、
これをセットすると30分毎にクリアするようですので、私のような
アクセス量がそれほど多くない(多くて一日1万ヒット)サーバーでは
キャッシュの効果がでない可能性があります。


田中求之 さんからのコメント
( Saturday, November 23, 1996 18:22:06 )

Java の Virtual Machine 以外の Plugin を一通りテストしてみました。
さすがに良くできているなぁとは思いますが、今のところ、私には
必要ないかなというものも多いです。Plugin ですと、不要な機能は
外せばそのぶんメモリーが少なくてすむのはいいですね。

Server Side Include も使ってみましたが、NetCloak の多彩なコマンドを
知っている身には、なんか物足りないと感じました(まぁ、HTTPd の SSI
自体がそうなのですが)。ただ、カウンターがとにかく簡単に実現でき
るのは、便利であることは確かでしょう。

ディレクトリの一覧作成機能やファイルのアップロード、あるいは Binhex
ダウンロードなどは、これらをうまく組み合わせると、画像データなどを
自由に交換できるサイトが作れますね。アップロードも試してみましたが、
バッチリでした。ただ、私自身は、アップロード機能を組みこむ必要性は
感じていないので、当分は使わないと思います。

ドキュメントがやや不親切ですので、設定が簡単とはいいがたいのですが
なかなか良くできていると思いました。

WebSTAR 2.0 の Evaluation Copy (いわゆるデモ版にあたる)は、
シリアルナンバーの入力をキャンセルすると、時間限定でフルスペック
で動くようになっています( Time Limited )ので、関心のあるかたは
試されるとよいと思います。

石津@RJC さんからのコメント
( Monday, November 25, 1996 14:16:05 )

サーバが落ちるのには慣れている石津です。:-)
うちでも相変わらず3日に一回ペースでリスタートがかかります。
これはどちらかというとマシンに問題があるような気がしますが。:-)

うちではWebStarSSL1.3.1と2.0を共存させているのですが、とにかく
非常にデータ送出しが高速になった(スレッドが高速になった?)ので
大満足です。
たしかにキャッシュのクリアタイミングにはやや疑問があって、ファイル
をドラッグコピーでリプレースするとちゃんと新しいものを読んでくれる
のに、アプリで直接開いて書き換えると、更新されていないと判断される
ことがよくあります。

しかたがないので、ドラッグコピーのリプレースを標準のメンテ方法に
することにしました。

田中求之 さんからのコメント
( Monday, November 25, 1996 16:08:48 )

ファイルをリプレースすると、同じ名前でも別のファイルということになりますので、
新たに読み込まれるのだと思います。

基本的には、ファイルの更新を行ったときには、キャッシュをクリアする必要がある
ようです。



田中求之 さんからのコメント
( Saturday, December 21, 1996 17:54:01 )

WebSTAR 2.01 がリリースされました。

まだ入手していないので(延々とダウンロードが続いている)詳しいことは分かりませ
んが、おそらく Plugin のバグフィックスが中心だと思われます。

それから、パッケージの方も出荷開始されたようです。ただ、年末(キーの有効期限)
までには届かない可能性があるということで、オンラインで申し込んだ人には新しい
キーがメールで送られてきました。

また、通知がない人は、StarNine に問い合わせると出荷状況や、新しいキーを
教えてくれます。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, December 21, 1996 18:14:16 )

ようやくダウンロードが終わりましたのでチェックしてみました。

やはり Plugin の主なもののバグフィックスが中心です。サーバーそのものは
アップデートの対象ではありません。

Plugin の他に、WebSTAR Admin が 2.01 にアップになっています。


良かれ悪しかれ、WebSTAR 2.0 は Plugin に振り回されますね(笑)

前薗 健一 さんからのコメント
( Saturday, December 21, 1996 23:47:52 )

>それから、パッケージの方も出荷開始されたようです。ただ、年末(キーの有効期限)
>までには届かない可能性があるということで、オンラインで申し込んだ人には新しい
>キーがメールで送られてきました。

うちにはメイルが来ていないな〜。
問い合わせてみようかな〜。

smart さんからのコメント
( Thursday, December 26, 1996 16:59:02 )

待ち切れずに、評価版のWebSTAR2.0を動かしました。
MacHTTPはcgi動作を、てこずっておりましたが、WebSTARはすっと通ります。
Plug-inも色々あって、楽しみ満載です。