このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

AutoShare 1.1 リリース

発言者:田中求之
( Date Saturday, November 16, 1996 15:10:15 )


AIMS と組み合わせて使用するリストサーバーである AutoShare の新しいバージョン
がリリースされました。

Version 1.1 offers
  -bug fixes, list-specific features and is fully scriptable
  -comes complete with documentation and script samples
  -the AutoShare Admin, a new administration tool, which may be
     used locally or remotely on AppleTalk network
  -subscription, open, moderated, announcement and private lists
  -AIMS and AutoShare may reside on separate AppleTalk Macs
  -CodeWarrior versions native to both 68K and PowerPC
  -lists in the 100's and subscribers in the 1000's per list
  -very stable beta track record
  -new poll auto-response feature

ということです。

InfoMac に投稿される予定のようですが、いかの ftp サーバーから入手できます。

→  AutoShare-1.1.sit

伊藤秀昭 さんからのコメント
( Monday, November 18, 1996 10:52:03 )

さっそくダウンロードしましたが、まだ試していません。

今動いている1.0の設定はそのままでいいのでしょうか。
あと、元永さんのSubjectShareも動くかどうか心配です。

→  SubjectShare

奥村リョウ さんからのコメント
( Monday, November 18, 1996 17:45:19 )

AutoShare1.1は設定をSTR#リソースに書き込むようになったので、
SubjectShareはそのままでは動いてくれないみたいです。
でも、ちょっとした改造で使えそうですね。
田中先生のStrRes osaxでSTR#を読み出すよう変更するだけ(笑)。

伊藤秀昭 さんからのコメント
( Monday, November 18, 1996 18:08:34 )

AutoShare1.1にすると、SubjectShareは使えなくなるんですね。
では、誰かがSubjectShareをAutoShare1.1対応にしてくれるまで、
バージョンアップはやめておきます。

#改造している暇がないので(実は技術がない(^^ゞ)

奥村リョウ さんからのコメント
( Monday, November 18, 1996 22:19:27 )

試しにやってみました。
いちおう、ちゃんと動いているようです。

  set autoPrefStr to readData(((path to preferences folder) as string) ツ
    & "AutoShare:AutoShare Preferences")
  repeat with currPrgf in every paragraph of autoPrefStr
    if currPrgf starts with "Commands " then
      set commandLoc to (word 2 of currPrgf) as string
    else if currPrgf starts with "FiledMail " then
      set FiledFldr to findReplace(currPrgf, "FiledMail ", "")
    else if currPrgf starts with "LSFolder " then
      set ListFldr to findReplace(currPrgf, "LSFolder ", "")
    end if
  end repeat

の部分を、

  set autoPrefStr to (((path to preferences folder) as string) ツ
    & "AutoShare:AutoShare Preferences")
  set commandLoc to readFromIndStrRsrc file autoPrefStr ID 202 index 4
  set FiledFldr to readFromIndStrRsrc file autoPrefStr ID 203 index 1
  set ListFldr to readFromIndStrRsrc file autoPrefStr ID 203 index 4

と書き換えました。
ホントにこれだけで大丈夫なのだろうか(笑)。

元永二朗 さんからのコメント
( Monday, November 18, 1996 23:33:25 )

>試しにやってみました。

頂き!(笑)。

>ホントにこれだけで大丈夫なのだろうか(笑)。

ええっと。ううんっと。だ、大丈夫なんではないでしょうか。(オイオイ(^^;)
初期設定を参照しているのはここだけだったと・・

それよりもなによりも、こちらの環境ではAutoShare1.1が大変挙動不審(終了
できなかったりタイプ1エラーだったりメニューは動かないし管理ツールも動
かない・・)でアップグレードする気になれないのです。
皆さんのところでは大丈夫なのですね。

というわけでテストできないので今のところスクリプトの手直しに取りかかれ
ません(;_;)。

とは言え上の奥村さんのスクリプトで既に出来上がっているわけですが(^^)。


奥村リョウ さんからのコメント
( Tuesday, November 19, 1996 00:24:28 )

おお、元永さんのお墨付がもらえた!?
なにはともあれこれで安心して使えるというものです(笑)。

8500/120、漢字Talk7.5.5、OT1.1.1、という環境では、AutoShare1.1は
何事もなく動いております。

伊藤秀昭 さんからのコメント
( Tuesday, November 19, 1996 08:28:52 )

元永さん、メールでは失礼しました。
奥村さん、さすが〜! あっと言う間に手直しされてしまいましたね。
お二人に感謝します。

ところで、本題のAutoShare1.1は、安定して動くのでしょうか。
元永さんのコメントを見ると不安です。

私のところではLC475+漢字Talk7.5.1で、AIMS+AutoShare+SubjectShareの
他にWebSTARを動かしていますが、サーバーが止まるとユーザに迷惑が
かかるので、AutoShare1.1を試していいものかどうか悩んでいます。

元永二朗 さんからのコメント
( Tuesday, November 19, 1996 10:18:54 )

>お墨付がもらえた!?

人様にお墨付きを出すほどの者ではないですよー(^^;;。

AutoShare1.1になってデフォルトでAckに出来たりするようになったみたいですね。
少なくともautoshare-talkのsubscribeでは、そうなっていました。
scriptableになったからその辺でコントロールしているのかも。
とすると、SubjectShareの機能及び動作も見直しが必要になってきますね。

うーん、何でうまく動かないんだろう・・1.1。でも恐らくこちらのローカルな
環境の問題だと思います。いろいろ入っていますから(^^;。

奥村リョウ さんからのコメント
( Tuesday, November 19, 1996 19:02:52 )

各リストごとにAckやmailの設定が変えられるのはうれしいですよね。
privateやannouncementのリストもつくれるようになったし。

ドキュメントをよく読んでみたんですが(最初に読め〜)、StrRes osaxを
使わなくてもAutoShare Preferencesに書き込まれた設定を変更できます。
これなら設定変更用のスクリプトとかならわりと簡単に作れそうな感じで
すね。(甘い!)
メンバー手動登録スクリプトとかならすぐできそう。まああんまり意味は
ないけど。

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, December 08, 1996 18:58:46 )

>ドキュメントをよく読んでみたんですが(最初に読め〜)、StrRes osaxを
>使わなくてもAutoShare Preferencesに書き込まれた設定を変更できます。

AppleScript にバリバリに対応していますね。'STR#' リソースを読み書き
するコマンドがありますから、StrRes osax などを使わなくても、かなりの
ことが可能でしょう。

CGI を使って、Web によるリモート管理なんていうのもできそうですね。

石井正人 さんからのコメント
( Tuesday, January 07, 1997 12:34:34 )

初めて投稿させていただきます.
AIMSとAutoShareでMLを立ち上げたのですが,元永さんのSubjectshareというスクリプトがあるようですが,伊藤さんの11/18のコメントからのリンクでダウンロードできません.リンクのミスでしょうか?それとも,サーバーがダウンしているのでしょうか?他の入手法があれば教えて下さい.
よろしくお願いします.

伊藤秀昭 さんからのコメント
( Wednesday, January 08, 1997 15:37:25 )

#適当なところで改行を入れましょう(^_^)。

確かに、現在はSubjectShareのページにつながらないですね。
pingで確かめたところ、ホストは動いているようですが、HTTPサーバーが
止まっているのかも知れません。

一度、メールで元永さんにたずねてみます。

元永二朗 さんからのコメント
( Monday, January 13, 1997 10:14:49 )

ご迷惑をおかけしています。年末から年始にかけて、サーバーがダウ
ンしておりました。

その後一時的に復旧したのも束の間、現在またしても落ちております。
この際なので、ハードディスクも一度フォーマットし直し、パーティ
ションも切り直し、システムも長年使ってきたKT7.1.2におさらばし、
一気にKT7.5.5までバージョンを上げようと思っています。

実はSubjectShareが置いてあるマシンは、管理者がマシンと同じ場所
に常駐していないという環境下で動いており、トラブルからの復旧や
システムのアップデート作業などに通常よりかなりの時間かかること
があります。

遅くとも今週中には復旧の予定ですが、休日などが間にはいるので、
どうなることやら・・ふう。

元永二朗 さんからのコメント
( Monday, January 20, 1997 14:18:27 )

>遅くとも今週中には復旧の予定ですが、休日などが間にはいるので、
>どうなることやら

一応無事復旧しているようです。

ご迷惑をおかけしました。
とりあえずご報告まで。

伊藤秀昭 さんからのコメント
( Thursday, February 27, 1997 13:16:32 )

随分古い話題に対するコメントで申し訳ありませんが、やっとAutoShare
のバージョンを1.1に上げる気になりました。

しかし、PB5300ce+KT7.5.5でテストしてみると、元永さんが遭遇された、
  >>終了できなかったりタイプ1エラーだったりメニューは動かないし
  >>管理ツールも動かない・・
という状況が起きて困っています。

あと、元永さんのAutoShare1.1対応版SubjectShareがコンパイルできない
ので悩みましたが、ここを見て初めてStrRes osaxがないと動かないことに
気がつきました(^^ゞ。

元永二朗 さんからのコメント
( Saturday, March 01, 1997 23:46:08 )

>>しかし、PB5300ce+KT7.5.5でテストしてみると、元永さんが遭遇された、
>>  >>終了できなかったりタイプ1エラーだったりメニューは動かないし
>>  >>管理ツールも動かない・・
>>という状況が起きて困っています。

これ、初期設定ファイルが壊れているとこういう症状が出るみたいです。
どうも、1.0から1.1へ移行するときに、一応初期設定もフォーマットを
変えて保存される仕組みになっているようなのですが、その変換作業時に
時々初期設定が壊れることがあるようです。一度初期設定を捨てて、
改めて設定し直すなどしてみてください。

一度1.1にきちんと移行できた後には、初期設定が壊れるなどのトラブルは
全く出ていません。

結構ハマりました(^^;。

伊藤秀昭 さんからのコメント
( Monday, March 03, 1997 10:42:53 )

きっと元永さんにコメントがいただけると確信していました(^_^)。

言われるとおりに、初期設定ファイルを捨てて、やり直したらうまく行きました。
AutoShare1.1付属のサンプルの初期設定ファイルを初期設定フォルダに入れて
試したのがまずかったようです。

ありがとうございました。

元永二朗 さんからのコメント
( Monday, March 03, 1997 16:30:28 )

>きっと元永さんにコメントが..

すみません。とっくに原因がわかっていたのに・・。
すぐにフォローを書き込んでおくべきでした。m(_ _)m

>あと、元永さんのAutoShare1.1対応版SubjectShareがコンパイルできない
>ので悩みましたが、ここを見て初めてStrRes osaxがないと動かないことに
>気がつきました(^^ゞ。

うげ(>_<)。これ、私のミスですね。ドキュメントに一箇所も、ちらりとも、
書いていない(^_^;;;。直しますです。m(_ _)m

AutoShareのリソース読み機能を使うように変更するかどうか、迷って
いるんですが・・。
AutoShareで新しいことを試すと必ずどこか引っ掛かるので、田中先生の
osaxを使用させていただく仕様のままにしてあります。