このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ScriptWizard 撤退

発言者:田中求之
( Date Monday, October 21, 1996 12:36:22 )


市販の AppleScript スクリプト・エディタとしては最古参である ScriptWizard
がついにマーケットから撤退しました。

SciprDebugger, Scripter の後発の両製品が高機能で勝負するなかで、最古参で
ありながら、価格が安いこと以外にメリットがなく、バージョンアップしても競争力
を得ることができなかったため、このような結果になったのだと思います。

私自身も、ScriptWizard 1.0からのユーザーですが、1.5 へのバージョンアップも
見送り、最近ではハードディスクにも入れていないという状況でした。ですから、
今回の撤退も、まぁ、当然かなと思います。だって、ScriptDebugger の方が
(たとえ日本語入力に難があっても)圧倒的に良いんだもん (^_^;;

ユーザーには ScriptDebugger 1.0.4 への割引乗り換えの案内が届いています。



魚井宏高 さんからのコメント
( Tuesday, October 22, 1996 15:33:11 )

とうとう撤退ですか...昔から使っていたんですが,確かに,最近はバージョ
ンアップしたSciprDebuggerやScripterを使ってますからねえ...

そういえば,SciprDebuggerは一応日本語対応したベータバージョンがあるようです.
というか,今はそれを使ってます.Frontierとも相性がいいので...

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, October 22, 1996 17:02:00 )

>SciprDebuggerは一応日本語対応したベータバージョンがあるようです

私のところにも Late Night Software から「使ってみて、レポートちょうだい」
といって送られてきたことがあります。1.0.5b3 だったと思います。

たしかに日本語入力は問題なくできるようになっていたのだけど、KeyScript の
扱いがおかしい(というか、Mac のガイドラインに忠実すぎる)ので、英語混じり
の日本語を書くのが非常に面倒(アルファベット1字毎に KeyScript の切り替え
が必要)だったので、その旨を書いて送りました(うまく伝わったかどうかは自信が
ないけど (^_^;; )

まぁ、昔から議論のあるように、日本語フォントにアルファベットも入っていて、
KeyScript と Font がシンクロしてないなというのが日本語の場合は大きな
問題なんですが(KeyScript の切り替えが入力モードの切り替えとして扱われ
る)、このへんの歴史的な事情は、アメリカの人には分かってもらえないかもし
れませんねぇ。

魚井宏高 さんからのコメント
( Tuesday, October 22, 1996 23:50:32 )

>扱いがおかしい(というか、Mac のガイドラインに忠実すぎる)ので、英語混じり
>の日本語を書くのが非常に面倒

そうなんですか?...普段からStayHere!は必須ツールなので,気がつきませんでした.
田中さんも,その辺がいらいらするなら使ってみたらどうでしょう?

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, October 23, 1996 01:34:10 )

StayHERE を最近のシステムに入れていると不安定になりませんか? 私だけかな?

確かに StayHERE を入れたら解決する問題であることは確かですが、だからって
ScriptDebugger に StayHere を付けるわけにもいかないでしょう(笑)?

まぁ、Late Night Software の方でも、せっかくエディタのエンジン部分を2バイト
対応したと思ったら、わけのわからない文句を言われて、「まったく日本語ってやつは…」
と思っているかもしれませんが (^_^;;