このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

FingerToys

発言者:田中求之
( Date Saturday, October 12, 1996 03:07:25 )


ACME から、ちょっと面白そうなツールが出ています。


→  FingerToys (Acme Technologies)

田中求之 さんからのコメント
( Monday, October 14, 1996 18:59:52 )

FingerToys というのは、簡単に言ってしまうと、Finger サーバー(Gateway) です。

Finger というのは、相手や相手のホストに関する情報を得るためのサービスで、UNIX
のワークステーションではよく使われています。Mac でも Finger のクライアントと
しては、その名の通りの Finger がありますし、サーバーとしては Deamon という
のがあります(いずれも Peter N. Lewis 氏の作品)。

通常は、自分のホームディレクトリーに書いておいたテキストの情報が、
Finger の問い合わせに対しては返される、というようになっています(UNIX)。
Mac の Deamon の場合ですと、Preference フォルダーに入れておいた
ファイルが使われます(このファイルの中にいくつかのマクロを書けるように
なっていて、それなりに凝ったことができます)。

で、FingerToys の特徴としては、問い合わせがあった場合、Gateway と呼ばれる
アプリケーションを呼び出して、その結果を返すようになっているということです。
つまり、簡単に言ってしまえば、Finger サーバーで CGI が使える、という感じ
です。FingerToys では、たとえば mymac.co.jp のマシンにインストールし
た場合、 XXX@mymac.co.jp というリクエストに対して XXX という名前の
Gateway アプリケーションを実行するようになっています(見つからないとき
には Default が実行される)。

また、Web の CGI として使用すると、Web から Finger への問い合わせの
中継を行います。つまり、ホームページから Finger をかけるという仕組みが
作れるわけです。

Web サーバーの運用の点で何がやくにたつのか? それは、AppleScript で作って
おいたアプリケーションを Finger によって、外部から実行できるという、その点に
あります。つまり、サーバーの管理の仕事のうち、Web の CGI では難しい(面倒)
なもの、たとえば Web サーバーの一時停止や、設定変更の際のサーバーの再起動な
どを、アクロバティックな CGI を書かなくても、普通の AppleScript で素直に
書いておいて、それを Finger で呼び出せばいいわけです。

もちろん、Finger にはセキュリティが無いに等しい(全世界どこからの問い合わせに
対しても応えるのが Finger ですから)ので、この点はプログラムの名前などを
工夫しておくことで対処するしかありません。


外部から AppleScript を実行するものとしては Script Deamon があります
が(私もサーバーの管理に使用しています。といっても、ハングアップしたときに
強制的にリスタートさせるぐらいですが)、Finger に目を付けたところが面白い
です。うまく使うと、結構使いものになるかもしれないと思いました。


石津@RJC さんからのコメント
( Monday, October 14, 1996 19:01:53 )

MacPGPなんかのユーザがPublicKeyを公開したい時なんかに便利ですね。