このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

メイルの宛先を変えたいのですが

発言者:稲垣@信州大学
( Date Friday, October 11, 1996 19:02:42 )


 送られてきたメイルの内容を変更して、別のアドレス宛に送るスクリプトを
作成したいのですが、アドレスを変更させるスクリプトを書くには、osaxが必
要だと聞きました。

 ご存じでしたら、教えてほしいのですが。

 別のアドレスに送るには、AIMSを使って、incoming mailフォルダーにコ
ピーしようと考えているので、ホームページで紹介されているTCP/IP Scrip-
ting Additionは少し大げさすぎるのではと思いました。

 すみませんが、ただ宛先のリソースを変更するだけのものがあれば一番うれ
しいです。

 あと、TCP/IP Scripting Addition でもできるのならコマンドは何でしょ
うか?少し用語説明を読んだのですがよくわかりませんでした。


田中求之 さんからのコメント
( Friday, October 11, 1996 23:08:41 )

>ただ宛先のリソースを変更するだけのものがあれば一番うれ
>しいです。

リソースの中身を変更する osax はありますよ(フリーで公開されているかどうかは
分かりませんが)。

宛名のリソースとは、どのようなリソースですか?(リソースのタイプは?)


>あと、TCP/IP Scripting Addition でもできるのならコマンドは何でしょ
>うか?

AIMS に対して TCP/IP osax でアクセスしてできることは、メールのダウンロードと
アップロードです。ですから osax を使うのであれば、

1:POP3 にアクセスして、あるアドレスに届いているメールをダウンする
2:メールの宛先(ヘッダー)を書き換える
3:SMTP にアクセスしてメールを送り出す

という作業を行うことになります。いってしまえば、リストサーバーを自作する
わけですね。 1、2ともに、TCP Stream を特定のポートで開いて… という
それなりに細かいスクリプトを書くことになります。POP と SMTP に関して
RFC に書かれている程度の知識は必要になります。

ですから、TCP/IP addition の用語解説を読んでもよく分からなかったという
のであれば、TCP/IP osax に手を出す前に、各プロトコルについての知識を
身につける必要があります。それが面倒なのであれば、TCP/IP osax を使わずに
他の方法を探した方が速いですよ。


田中求之 さんからのコメント
( Saturday, October 12, 1996 01:08:19 )

>他の方法を探した方が速いですよ。

ざっと思いつくだけでも、

1: AIMS のファイルのリソース書き換えという最初の案を貫く

2: Eudora Pro をスクリプトで操作する(遅いですけど)

3: Marionet でスクリプトを書く(日本語のメールをきちんと扱えませんけど)

などですかね。

稲垣@信州大学 さんからのコメント
( Monday, October 14, 1996 16:00:08 )

 結局1:のAIMS のファイルのリソース書き換えという最初の案を貫くが
処理的にも早いのではないかと思います。

 同じ質問をMac_IPのメイリングリストでもしていましたので、そちらの
方で経過などを流します。

 TCP/IP Scripting Additionでリソースだけ変えることが出来るかどう
かがわからなかったけど、一応どのような処理を行うかは、何とかわかる
程度はわかります。

 どうも返答ありがとうございました。


田中求之 さんからのコメント
( Monday, October 14, 1996 17:48:01 )

宮崎医科大の MAC_IP ML の方でもコメントしておきましたが、明日にでも、
リソースを操作する osax ('STR ', 'STR#', 'TEXT' の3種のリソースの
読み書き)は、フリーウェアとして登録公開する予定です。

なお、TCP/IP osax は、リソースとは全く関係ありません。あくまでも
TCP/IP レベルでの通信をコントロールするための osax です。

AutoShare などの AIMS 関連のツールは、TCP/IP のレベルでメールを
操作するのではなく(これは Macjordomo がやってますが)、ファイルの
次元でリソースなどに操作を加えることでMLなどの機能を実現しています。
だから、AIMS でしか動かない( AIMS の使用するファイルの形式に依存
しているため)わけです。

念のため。