このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

画像の転送(PPP)

発言者:大西 日出海
( Date Wednesday, August 14, 1996 21:07:59 )


ビデオカメラなどで、定期的に画像をキャプチャーして保存するやり方は
何となくわかるのですが、この画像を、ダイアルアップで接続し
サーバに転送するには、マックの場合ARAを使うのでしょうか?

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, August 14, 1996 21:33:04 )

>この画像を、ダイアルアップで接続し
>サーバに転送するには、マックの場合ARAを使うのでしょうか?

PPP でつないで、Fetch や Anarchie のような FTP クライアントソフトを
使って転送することになります。(プロバイダでARAを受け付けてくれるところ
はないでしょう)。

これであれば、PPP でプロバイダにつなぐところからすべて AppleScript で
自動化できます。

現在公開ベータテストが行われている Apple の OpenTransport/PPP のように
AppleScript に対応した PPP も出てきていますし、FreePPP などは osax を
使うとスクリプトでコントロールできます。

もちろん、Fetch, Anarchie もです。

ですから、この方法が一番楽でしょうね。

なお、画像のキャプチャーには MacWebCam などの専用のソフト(シェアウェアなど)
を使うと、きめの細かい設定が可能で、処理も楽ですよ。

大西 日出海 さんからのコメント
( Thursday, August 15, 1996 14:41:57 )

Fetchでいけますよね。最近は全然使ってないので気がつきませんでした。
ARAと書いたのは、私の運用しているサーバ(達)に直接転送しようと思ったからです。
Timed Video Grabberで、共有ディスクへのAuto Saveでいいのかなと思ったしだいです。