このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

WebSTAR API (plugIn) の動向

発言者:田中求之
( Date Monday, August 12, 1996 04:08:35 )


WebSTAR API (PlugIn) の動向が注目されていますので、関連の情報などを
このページで拾っておくことにします。

当初は、CGI 同様に Mac の Web サーバーの PlugIn の共通規格になるかと
思われていたのですが、ここに来て、API のライセンスの問題というのがクローズ
アップされてきました。

フリーウェアとして配布されている webCenter が、API のライセンスの問題か
ら WebSTAR PlugIn のサポートを取りやめたことが発端となって、今、この API
の動向が問題になっており、どうやら近いうちに Quarterdeck から何らかの
アナウンスがありそうな気配ですが、現在の状況では、むしろ共通規格とはならずに、
サポートする場合には Quaterdeck (WebSTAR の会社)からライセンスを
得なければならないという方向に向かいそうです。

MacInTouch の WebCenter の新しいバージョンのアナウンスに関する部分でも
ちょっとだけコメントが付けられているのですが、

"Quarterdeck is trying to work its way through the problem but
apparently considers the API to be proprietary."
                     ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という表現になっていますので、どうやら共通規格としてフリーで公開すること
にはなりそうもありませんね。

ライセンス料が必要となった場合、商品版はまだその費用を回収することが可能
ですが、フリーウェアの場合は、作者の自己負担になりますから、フリーウェアで
PlugIn をサポートすることはないと思われます( WebCenter は独自の規格で
PlugIn を作るという話もありますし)。

このへんがどうなるのか、気になるところです。

石津@RJC さんからのコメント
( Monday, August 12, 1996 12:53:33 )

WebStarがいつまでも標準でいられると思ったら大間違いだと思うんだけど
そんなに自信があるのかなぁ。
WebCenterやBoulevardが台頭してくると面白いですね。

前薗 健一 さんからのコメント
( Thursday, August 15, 1996 02:37:03 )

政治の世界っていやですね。

石津@RJC さん
> WebStarがいつまでも標準でいられると思ったら大間違いだと思うんだけど

そうなんですけど、 Chuck にはエールを送りたいです。

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, August 15, 1996 11:01:03 )

別にWebStarが嫌いなわけではありません。:-)
買収したQuarterdeckの方針なんだと思います。

実際WebStarはいいですよね。今日もWebStarの英語版を発注してしまいました。
だって日本語版の1.3.1が出ないんだもん....。

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, August 15, 1996 11:36:06 )

別にWebStarが嫌いなわけではありません。:-)
買収したQuarterdeckの方針なんだと思います。

実際WebStarはいいですよね。今日もWebStarの英語版を発注してしまいました。
だって日本語版の1.3.1が出ないんだもん....。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, August 15, 1996 12:12:16 )

PlugIn の話からずれますが...

>だって日本語版の1.3.1が出ないんだもん....。

これは、日本側のローカライズの作業がおくれているのではなく、そもそも Qurterdeck
(StarNine) 側からローカライズ用のキットなどが送られてこないというのが原因のよう
です。ローカライズの作業事態は、過去のバージョンの場合から考えても、SRAではか
なり迅速にこなせるはずです。

どうも Quarterdeck が、ここにきてドタバタしてるのが、PlugIn の問題も含めて
気になるところです。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, August 20, 1996 20:45:52 )

Macintosh のインターネット関連のソフトウェアの規格の統一などをはかっていく
ための団体、Macintosh Internet Developers Association (MIDAS) が組織
されて活動を開始しています。Chuck 氏などが中心になって活動しているようですが、
この中で WebSTAR API についても話し合いが行われているようです。


→  MIDAS

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, August 20, 1996 20:51:14 )

先日の Boston Expo で流された MIDAS に関するPRリリースを転載しておきます。

====

Formation of Macintosh Internet Developers Association (MIDAS) Announced at
MacWorld

Group to Act as Clearinghouse for Macintosh Internet Client, Content and
Server Standards

Boston, MA  August 7, 1996 --MacWorld--  A consortium of Internet software
developers for the Macintosh, representing the entire spectrum of commercial,
independent, and educational developers, announced the formation of the
Macintosh Internet Developers' Association (MIDAS) at MacWorld Boston.  Among
the members of MIDAS are Akimbo Systems, Aladdin Systems, Apple Computer,
Inc., BareBones Software, Inc., BlueWorld Communications, Inc., ClearWay
Technologies, Cornell University, InterCon Systems, Maxum Development,
Microsoft Corporation, Netscape Communications Corporation, Purity
Software, ResNova Software, Stairways Software, the StarNine division of
Quarterdeck Corporation, and Userland Software.

THE CHARTER
The charter of MIDAS calls for a forum in which Macintosh developers devise
and refine standards and techniques for Mac-based Internet software, publish
Mac-related standards proposals and documents, and coordinate activities with
other standards groups such as IETF and W3C.  MIDAS will also work to sustain
and grow a robust market for Macintosh Internet software.

FIRST ORDERS OF BUSINESS
Among the first orders of business MIDAS expects to take up are discussions
about web server standards, including the CGI standard, WebSTAR API, and
server-side Java and developing standards for tighter integration between
different types of Internet tools, including content creation tools, scripting
environments, and browsers, such as BBEdit, Cyberdog, Frontier, Globetrotter,
HomePage, Internet Explorer, NetCloak, NetForms, Navigator, and PageMill.  In
addition, MIDAS will examine proposals for providing system-level integration
of basic Internet client services such as HTTP, FTP, and Mail.  The current
"GetURL" Apple event, FTP, and the Embedded HTML for Macintosh pictures
standards will also be reviewed.

MEMBERS REPRESENT FULL SPECTRUM OF MAC DEVELOPERS
"The Macintosh provides the best platform on the Net today for integrating
scripting environments and content tools," remarked Dave Winer, president of
Userland Software.  "MIDAS's collective effort will ensure that the Mac
continues to lead in this area and that important standards such as Internet
Config are carried forward and ported to other important platforms."

"We think MIDAS will help the Macintosh reach its fullest potential on the
Internet, both as a platform and business opportunity for developers,"
commented Chuck Shotton, Fellow at Quarterdeck Corporation.  "MIDAS provides
the perfect venue for us to work closely with other developers to refine web
server standards for the Macintosh."

"The Macintosh Internet community has worked together informally for years,
producing such standards as Internet Config, command-clicking of URLs and the
GURL AppleEvent suite." said Peter N Lewis, CEO of Stairways Software. "MIDAS
gives us a way of continuing this effort."

"MIDAS has an important role to play both in creating a common context for
Macintosh-based Internet innovators to leverage each others' work, as well as
to offer the benefits of their insight to the broader Internet standards
community which builds on all platforms," said Martin Haeberli, director of
technology at Netscape Communications Corporation.  "As a MIDAS member,
Netscape plans to work with MIDAS and Apple to help build consensus on the
adoption of open internet standards such as common Java Runtime APIs and IPv6
and thereby  drive internet-based business opportunities for the Macintosh
developer community."

"MIDAS applies the open process of Web standard introduction and evolution to
the Macintosh." said Don Bradford, general manager, IPTD Crossplatform,
Microsoft Corporation. "It offers a focused venue for Macintosh developers to
introduce opportunities, discuss challenges, propose solutions and disseminate
information. We welcome this opportunity to participate."

"MIDAS will help us ensure that the recently introduced 'Virtual T1'
technology is compatible with the full range of Macintosh Internet tools."
commented Mark Kriegsman, president of Clearway Technologies.  "It's good for
our business, and it's great for our customers."

"The Mac Internet Developer's Association sends a clear message:  the vibrant
entrepreneurial community that has driven Apple's position on the Internet is
continuing to focus on making the Mac the leading 'place to be.'" said Heidi
Roizen, vice-president of developer relations at Apple Computer, Inc. "There's
tremendous brain-power represented in this group and we are thrilled to have
them focusing attention on the Macintosh."

Developers interested in joining MIDAS can do so by sending e-mail to
midas@biap.com with a subject of "subscribe."  More information is also
available at the temporary MIDAS Web site: http://www.biap.com/midas/.

####

All brand names mentioned are trademarks or registered trademarks of their
respective holders, and are hereby acknowledged.

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, August 24, 1996 11:52:52 )

StarNine では、WebSTAR の PlugIN を Microsoft のWindows NT 用 Web サーバー
の PlugIn に移植するための glue コードを開発中のようです。すでに prelimary
version が公開されています。


田中求之 さんからのコメント
( Friday, September 13, 1996 01:10:37 )

WebSTAR API とは別に、ResNova が新しいプラグインの規格を提唱しました。
MacOS の Plugin の Open Standard ということで提唱しています。

すでに Developer Kit も公開されているようです。

WebCenter はこちらをさぽーとすることになるのかな?

→  MOS

前薗 健一 さんからのコメント
( Saturday, September 14, 1996 00:02:15 )

> http://www.resnova.com/mos/

覗いてみました。

開発者の立場で W*API と比較してみると、ResNova の方は最初から
C++ のインターフェイスを提供しているということでしょうか。
詳しくは見ていないので、あとはなんとも言えませんが...

これから先、どういった展開になるんでしょうかね。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, September 14, 1996 23:14:26 )

>これから先、どういった展開になるんでしょうかね。

ResNova のサーバーがこれをサポートするのは当然として、Open Standard である
ことで、WebCenter がこちらをサポートする方向に動くかもしれません。

ただ、まだ現段階では提案のようですし、MIDAS の中でどのように議論されるかが
注目ですね。

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, September 15, 1996 02:50:37 )

MOS の PlugIn ですが、WebCenter が次のバージョンではさっそく実装してくる
ようです。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, September 17, 1996 03:13:23 )

WebCenter に続いて、ResNova 自身も Boulevard の新しいバージョンで
MOS Plugin をサポートしてきました(b18)。

Web For One はどうなるのかな?

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, September 17, 1996 08:31:39 )

ResNova からの Boulevard の新しいバージョンのリリースを知らせるメールの中に

>- Future Item -
>Boulevard and Web for One will be adding Web Star Plug-in support 
>in future versions.

とありました。う〜む、PlugIn の規格はどーなるんだろう… 2本立てのままでいくのか
なぁ?


前薗 健一 さんからのコメント
( Tuesday, September 17, 1996 23:42:50 )

>- Future Item -
>Boulevard and Web for One will be adding Web Star Plug-in support 
>in future versions.

ということは W*API がサブセットになってしまうということですね。
あらららら...

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, October 06, 1996 00:16:29 )

Web サーバーのプラグインの状況について、あるML(宮崎医科大の牧原さんが運営
しているML)に、整理したものをポストしました。せっかくなので、ここにも
転載しておきます (^_^;;

====

本題に入ります。以下の部分の記述の中には、MLなどでの伝聞に基づく部分が
あることに注意してください(ほぼ確実だと思われることだけを書きましたが)。
また、事実をご存知の方は、修正をお願いします。


まず、WebSTAR 1.3 が7月にリリースされたとき、新たに Plugin が導入され
ました。この WebSTAR Plugin の規格が W*API です。WebSTAR 1.3 のリリース
と同時にプログラマ向けに WebSTAR API SDK が公開されました。これは Starnine
のサイトから入手できます。この中に Plugin の規格や、プログラミングの際に
必要なる資料やヘッダが含まれています。

CGI のオーバーヘッドを避け、処理速度を上げるためには、Plugin への移行が
カギになるのは確かです。で、当初は、CGI 同様に、W*API が MacOS における
Web サーバーの Plugin の標準規格になると思われていました。

問題は、この WebSTAR 1.3 のリリースの時点で公開された W*API は、Plugin を
作成するための、Plugin 側の規格に関してだけであり、サーバー側で Plugin を
サポートするための規格に関しては、一切明らかにされなかったということに
あります。サーバー側の規格も公開することは、この時点で Chuck 氏なども
述べていましたが、Quarterdeck からは公式発表などはなかったわけです。

このため、同時期に登場した、Resnova の Boulevard や WebCenter といった
新しい Web サーバーは、Plugin 用の W*API と、WebSTAR の解析によって
独自に WebSTAR Plugin をサポートした形でリリースされました。

これに対し、WebSTAR の解析(リバースエンジニアリング)による Plugin の
実装は、著作権の侵害にあたるとして Quarterdeck から Boulevard や WebCenter
に対して警告が発せられ、その結果、Boulevard, WebCenter はすぐに Plugin の
サポートが、いったん削除されてしまいました。

しかし、その後、Quarterdeck からは、いっこうに W*API のサーバー側の実装
に関する規格は発表されませんでした。また、有料のライセンス制を取るらしい
との情報も一部では流れるなどして、W*API の Plugin の位置づけに関して、
色々な意見が飛び交う状況になったわけです。

そうした中で、MacOS の Web 関連デベロッパが集まって MIDAS という、規格
統一のためのワーキンググループ( Chuck 氏や Peter Lewis 氏など、皆さんが
よくご存知のプログラマの面々が顔をそろえています)の活動もはじまりました。

それでも、Quarterdeck は何のリリースも行わなかったため、ついに ResNova
Systems より、MOS という Plugin の規格が、MacOS Web Server の標準規格と
して提案されました。An Open Standard for the MacOS platform をうたい、
すぐに Developer Kit なども公開されました。

これを受けて、ResNova の Boulevard は、現在 MOS の Plugin をサポートする
形でベータテストが続いています(最新版は 1.0b21)。また、一足先に発売に
なった同社のパーソナル・サーバーである Web For One も、現在テストが行わ
れている 1.1b では MOS の Plugin がサポートされています。

さらに、フリーウェアの WebCenter も MOS の Plugin を実装し、現在公開
されているベータ版(最新版は 1.0b3 )にいくつかの Plugin が同封され
ています。

このほかにも、TeleFinder (Spider Island) も、Web の Plugin として MOS
を採用することを表明しています。

こうした中、ようやく Quarterdeck / StarNine より、W*API のサーバー側の
規格についても、何らかの動きがあったようですが、詳しいことはまだつかんで
いません。

WebSTAR の作者である Chuck 氏は、W*API について、MIDAS のもとで、
"non-exclusive, no-cost, essentially no strings attached license" で
配布するつもりだと明言していますので、今後、MIDAS で Plugin の規格の
調整が行われるのだと思いますが、しばらくは MOS と W*API という2つの
規格の Plugin が混在する形になるのかもしれません。