このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

MIMEエンコーディング、デコーディング

発言者:本間弘幸
( Date Saturday, August 03, 1996 02:36:28 )


いつもOSAXを使わせていただいています。
 この度、MIME(base64)エンコーディング、デコーディングをおこなわなければ
ならないはめになりました。これをAppleScriptでおこないたいのですが、
AppleScriptにはC言語のように、ビットをシフトしたり、ビットマスクをかけ
たりといった事はできないのでしょうか。
 一応、SymantecCを用いてC版はうまく機能したのですが、さぁAppleScriptに
移植しようとしたとたんに悩んでしまいました。
 また、もしMIME(base64)のエンコーディング、デコーディングができる
AppleScriptのソースがあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, August 03, 1996 03:35:36 )

Base64 の処理を AppleScript だけでやるのは無理ですね。ビット操作が無理
ですから。

すでに C で動いているのであれば、それを osax にしてしまうのが一番簡単
なんですが、挑戦なさるというのはいかがでしょうか (^_^;;


メールなどに用いられる日本語の MIME ヘッダーを処理するものであれば
私の友人の前薗さんが osax を作っています。彼はCで作成していますので
参考になるかもしれません(ソースは登録されていないかもしれませんが、
相談してみてください。ただし、忙しい方なので、すぐにとはいかないかも
しれませんが)。



→  Japanese KANJI code utilities OSAX

本間弘幸 さんからのコメント
( Sunday, August 04, 1996 00:32:17 )

 貴重な情報ありがとうございます。早速、前薗さんのosaxを使ってみようと
思います。実は、メーリングリストで[MLname]などのタイトルをつけるのに、
AppleScriptを使っています。普通、サブジェクトにASCII文字列とJIS文字列が
混在している場合、JIS文字列のみをMIMEエンコーディングするのですが、
MSエクスチェンジというメーラーは全部ひっくるめてMIMEエンコーディング
してしまうため[MLname]という文字列がサブジェクトにあるかどうかが、みつ
けられません。そのため、[MLname]Re: [MLname]Re: 〜、とかいうおかしな事
になってしまうのです。でも、MIMEosaxがあればなんとかなりそうです。
ありがとうございました_( )_。早速、取り組んでみます。

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, August 04, 1996 02:28:44 )

話はズレますけど (^_^;;

メーリングリストで、サブジェクトに ML の名前(略称/略記号)を入れるのって
日本だけの傾向のようですね。海外のMLでこれをやっているのは、ほとんどないし
またメンバーからそのような要望も出ないように思います。

ところが、日本のMLの場合、むしろこのサブジェクトに名称を埋め込むのが
当然みたいなところがありますね。

私は ListSTAR というサーバーでMLも運用しているのですが(この Web と同じ
マシンで動かしてます)、これはアメリカ生まれのリストサーバーですから、サブ
ジェクトにML名を入れる機能はありません(そのかわり、差出人がMLの名称にな
るという機能はありますが)。あ、機能の点では非常に良くできたリストサーバーで
日本語も問題なく処理できてます。

私個人は、Eudora Pro のフィルター機能でメールを振り分けているので、
サブジェクトにML名が入っている必要性はまったく感じないのですが、
なんとなく文化の違いのようなものを感じて、面白いなと思っています。

本間弘幸 さんからのコメント
( Sunday, August 04, 1996 06:13:05 )

 ありがとうございました。前薗さんのosaxを利用する事で、目的を
果たす事ができました。ご紹介いただき本当にありがとうございました。
 私は、AIMS+AutoShareでリストサーバを運用しています。ところが、やっぱり
人(会社?)によっては、今、来たメールがすぐ読むべきなのか後回しにしたい
のかはっきり知りたいようで、ML名をつけると重宝がられます(^^)。ところが
AutoShareにもML名をつける機能は無く、元永さんという方にSubjectShareと
いうAppleScriptを紹介していただきました。これは元永さんが作られたもの
なのですが、AIMSがAutoShareにメールを渡すときに一旦フォルダにスプール
するのを利用して、そのファイルを横取りしてSubjectにML名をくっつける、
というものです。ところが、MSエクスチェンジからのメールで前に書いたよう
な始末になってしまい、困ってしまいました(^^;)。
 でも、MLのためにAIMSとAutoShareとSubjectShareの3つを立ち上げるのも
ちょっとめんどくさいなぁ、と最近思っています(いろいろ自分でカスタマイ
ズできそうでおもしろそうなのですが)。
 EudoraProのフィルター機能は、すごく評判がいいですね。私はまだ普通の
Eudoraなのでありがたみがわかりません。スターターキット買おうかな。

いろいろお世話になりました。これからも宜しくお願いします。

前薗 健一 さんからのコメント
( Monday, August 05, 1996 00:59:00 )

忙しい前薗です。 (^^;

本間さんにはメイルで対応しておきました。
お役に立ててなによりです。